翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
整形シンデレラ電子書籍整形シンデレラ電子書籍女性向けがん健診女性向けがん健診まつ毛エクステ専門のアイラッシュサロンリッチまつ毛エクステ専門のアイラッシュサロンリッチ
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック
お問い合せはこちらから
無料カウンセリング予約
電話する
情熱価格
今月の目玉
美ドルエイジ
お知らせ
公式ガイドブック
看護師120名募集!
3000ポイント
MENU
湘南メディカル記念病院
Rich

美容整形・湘南美容外科TOP > プチ整形 > プチ整形のメリット・デメリット

プチ整形のメリットとデメリット 基礎知識 プチ整形 湘南美容外科

プチ整形のメリット

若返りの生活習慣
プチ整形には以下のようなメリットがあります。

1.コンプレックスだったあの部分が短時間で簡単に解消
自分の嫌なところは1つや2つどなたにもあると思います。それらをプチ整形は早いもので10分程度で解決することができます。

2.リスクが少ない・傷跡が残らない
メスを使用しないため、その分痛みも少なくて済みます。傷跡が残らないことから、気軽に受けることができます。

3.術後のダウンタイムが短い
腫れが出にくい施術が多く、術後は一定期間をおいてすぐにお化粧をして外出するもできます。もちろん、入院の必要はありません。

4.リーズナブルな料金
プチ整形の相場は、一か所の施術で約3万円~5万円と言われています。気軽に受けることができ、しかも早くて安いのが、プチ整形の良さです。

プチ整形のデメリット

アンチエイジングとは
いいことづくめのプチ整形ですが、デメリットもあります。

1.医師の技術に左右されやすい
どんな手術にも言えることですが、プチ整形でも同じことがいえます。プチ整形でも医師選びは重要です。医師とのカウンセリングは入念に時間をかけて行い、自分にあった医師を見つけましょう。

2.施術によっては時間が経つと元に戻ってしまう
施術の種類にもよりますが、約3ヶ月~9ヶ月で施術前の状態に戻ってきます。例えばヒアルロン酸の場合ですと、時間の経過とともに徐々に体内に吸収され馴染んでいきます。

プチ整形の種類

二重術(埋没法)

わずか10分で終了、アイプチ感覚で行える二重術です。極細の医療用糸をまぶたの中に2~3箇所埋め込みます。

若返り(ヒアルロン酸)

気になるシワ部分にヒアルロン酸を注入することで、凹んだシワを隆起させ、シワを改善させることができます。

若返り(ボツリヌストキシン)

従来の手術などの方法では治療が難しいとされていた眉間や額、目尻などのシワを取るのに最適な注射です。


若返り(リフトアップ)

新生コラーゲンを増生させ、お顔を切らずにリフトアップ効果が期待できるレーザーです。

美肌治療(しみ・くすみ)

フォトRFアドバンスは安心のアメリカFDA承認のレーザーで、薄いしみにも効果を発揮します。

美肌治療(しみ)

しみ取りレーザーの波長はメラニン色素に対して吸収が高く、「しみ」などのメラニン性皮膚色素疾患の治療に最適です。

美肌治療(肝斑)

今までどうしようもなかった「肝斑」がレーザーで、安全&確実な治療が可能になりました。

美肌治療(プラセンタ注射)

プラセンタエキスは美容に関連する様々な作用を持ち、美肌から更年期障害まで、色々な症状にマルチに対応します。

プチ痩せ(小顔)

リンパ循環作用・脂肪分解作用・肌のひきしめ作用の3つの作用により、最短で注射後約3日で効果を実感できます。

プチ痩せ(部分痩せ)

脂肪融解剤では注入部位に腫れが生じたり、熱を持つことがありますが、BNLSはダウンタイムがほとんどありません。

わきが・多汗症

ボトックスをわきの下に注入することで汗の分泌が抑えられ、ニオイも軽減することができます。

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する自然成分ですので、安心してご使用いただけます。当日からメイクが可能です。

刺青除去

ピコレーザーは消しにくいとされる青や緑などのインクも細かい粒子へと破壊することができます。

小顔(エラ)

ボトックス注射で筋肉の過剰な動きをやわらげ、エラの筋肉を細くすることで、小顔効果が得られる治療です。

プチ豊胸

注射だけでバストを大きくできますので、まずは気軽にバストアップしたいと、思っている方に合っている豊胸術です。
オススメコンテンツ
ソーシャルメディア公式アカウント
Facebook
アメブロ
Twitter
LINE
instagram
Youtube
学割35%OFF
ファミリー割
シニアモニター
モニター募集中
新宿本院
新宿南口院開院千葉センシティ院開院千葉院
仙台院堺東院開院心斎橋歯科移転

MENU