湘南美容外科クリニック 山口憲昭医師のご紹介

翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
整形シンデレラ電子書籍整形シンデレラ電子書籍女性向けがん健診女性向けがん健診まつ毛エクステ専門のアイラッシュサロンリッチまつ毛エクステ専門のアイラッシュサロンリッチ
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック
お問い合せはこちらから
無料カウンセリング予約
電話する
情熱価格
今月の目玉
美ドルエイジ
お知らせ
公式ガイドブック
看護師120名募集!
3000ポイント
MENU
湘南メディカル記念病院
Rich

美容整形・湘南美容外科TOP > ドクターを探せ > 山口憲昭医師

ドクタープロフィール

山口 憲昭 医師 (いのうえ そうま)Izumi yamaguchi
山口 憲昭 医師

経歴

2006年

京都府立医科大学医学部卒業

2006年 沖縄県立中部病院・初期研修
2008年 神戸市立医療センター中央市民病院
2009年 岡山大学病院 形成再建外科 医員
2011年 大阪市立総合医療センター 形成外科
2013年 大阪市立総合医療センター 小児形成外科・形成外科兼務
2015年 Chang Gung Memorial Hospital Craniofacial Center International Fellow
2016年 湘南美容外科クリニック 入職
備考
国際美容外科学会会員(ISAPS)  日本形成外科学会 専門医  日本頭蓋顎顔面会会員  日本口蓋裂学会  
日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会 エキスパンダー/インプラント実施医師  日本乳癌学会
日本美容外科学会(JSAPS)正会員

学会所属 参加証明証

医師コメント

2016年春、世界最大規模を誇る台湾のChang Gung Memorial Hospitalから帰国しました。世界中の形成外科医が集まり凌ぎを削るこの地で、1年間、日本の形成外科専門医がどれくらい通用するかを、火花が散るディスカッション、手術、研究を通して挑戦してきました。

山あり、谷ありのフェローシップの中で、日本の技術と知識を確認しながら、日本医療体系が本質的に抱えている問題に直面し、真剣に考えました。その答えが、私の美容業界への挑戦です。

というのも、海外では形成外科と美容外科の間に明確な線引きがなく、シームレスに治療と施術が行われています。純粋に、サービスを受ける側が選択し、そのサービスを提供することができる仕組みとなっているからです。
本来病気を治療する病院と、美しさを求める美容というものが、日本では保険制度の下で、明らかな線引きをされています。一方で、病気や整容的なコンプレックスを抱えている方には、どこからが病気で、どこからが美容かといったことをバシッと線引きをすることはできません。例えば、唇裂の患者さんが鼻を高くして綺麗にしたい、乳癌の患者さんが健側の下垂した乳房も治療してバランスを整えたい、眼瞼下垂の患者さんが眉毛も下がっているから前額リフトをしたい、これらの希望に対して、医療界では明確な基準が存在せず混沌としているというのが実情です。というのも、その最終的な目的はいずれも、『自分に自信を持って、笑顔で社会生活を営む』というQOL(Quality of Life)の追求に他ならないからです。

ではその狭間に落ちてしまう方々は、どうすればいいのか。その部分を充実させることが、私が人生を賭してもやるべき仕事なのだと思いました。

SBCグループには、夢があります。その夢に賛同し、私もここでは、自分の夢を追いかけることができると考えています。

私個人のこれまでの経験から研究や論文の報告、学会での発表は積極的に行ってきました。これは、自分たちは正しいことをしているという自負があり、それを客観的な評価に晒すことで、それが思い込みではなく、確かのものであることを確認し、自分たちを高めることができると考えているからです。

それは、これからも変わりません。正しいことをキチンとした分析と明確な論理に基づいて行い、結果に結びつけてゆく。その結果を厳しく吟味して、サービスを受けてもらう方に笑顔になってもらう、それが私の信念です。

山口医師得意施術とこだわり
トータル鼻手術 鼻中隔延長術

鼻中隔延長には、ご自身の鼻中隔軟骨を使います。基本的に、延長に対して人工物の使用はしません。豚鼻と呼ばれた人たちが、そのコンプレックスを解消した時の笑顔が鼻の手術をしている中で最高の瞬間です。

この手術は難易度が高く、丁寧な施術に加え、大胆な剥離術などを必要とします。鼻先を下げたい方は、是非、ご相談に来てください。

PICK UP 症例写真

トータル目手術

『目はコミュニケーションの窓』というのが私のコンセプトです。そのため、大きくて多くの眼瞼形成術を手がけてきました。

ご希望の目があなたにとってベストかどうかも含めて、お顔全体の中で分析し、最良の選択肢をご提示します。

PICK UP 症例写真

MOVIE

「トゥージョー」小顔整形(骨切り術)

家を建てる際に、土台となる基礎が重要であるのはいうまでもありません。たとえ、美しい家があっても、基礎が歪んでいれば、いずれその家は崩れていまします。お顔における、骨もどのような立ち位置にあると考えています。
そのため、すべての手術は骨格の評価から始まります。輪郭、噛み合わせ、素敵な笑顔、これらはいずれも骨の治療で変わることができる要素です。世界一大きなCGMH(Chang Gung Memorial Hospital)で世界一多い骨切手術を国際フェローとしてみっちり学んできました。自信をもって、最良のものをご提案できます。

PICK UP 症例写真

とても印象深かったお客様との体験談
私たちが治療しているお客様は、本当にいろんな方がおられます。ちょこっとした勢いで見た目を変えたい方、長年のコンプレックスをかかえて悩み抜いた末にご来院いただく方、人生でのとても大きなショックに見舞われ生死を考えた上でどうせ痛い思いをするなら綺麗になってやろうという方、本当に人の数だけ動機も目的も違います。
しかし、そういった方が、手術の直後に、もしくはダウンタイムを超えた後に、自信をもって笑顔で診察に来てくれるのが一番の喜びです。自分自信、その瞬間のために一生懸命、最大限の努力をしているといっても過言ではありません。
海外病院での経験・実績内容
形成外科時代には、国内の学会はもとより、国際学会にも積極的に参加して、自身の知見を広げるとともに、発表をして自分の世界の中での立ち位置を確認してきました。
2015年にCGMHでの1年フェローを経験しました。そこには、世界中から最先端の技術と研究を学びに、アジア諸国はもとより、ヨーロッパ、アメリカからも合計50名ほどの国際フェローが学びに来ていました。その中でも1年フェローとして、手術や研究に携わることができるのは、一握りで、幸運にも、その権利を獲得することができました。朝から晩まで、信じられない数の手術をこなし、その合間、または後には、研究、論文執筆に没頭しました。
その甲斐あって、年間6本の論文執筆、300件以上の手術に携わることができました。そのフェローシップの中で学んだことは、日本での10年以上の内容だったと思います。このさらに磨きをかけた力を日本へ還元することが私の使命です。
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
オフショット写真
趣味orオフの日のすごし方
趣味はおいしいものを食べることです。そのために、レストランへも行きますし、自分でも料理を作ります。周りからは、私が料理すると手術しているよう、言われますが、本人はいたってリラックスしています(^-^)
オフショット写真
オフショット写真

メディア紹介実績

二重の左右差|NICOLY:)

医師が教えるコンプレックス解決サイトNICOLY:)[ニコリー] に
湘南メディカル記念病院 山口医師の二重の左右差が掲載されました。

眼瞼下垂|NICOLY:)

医師が教えるコンプレックス解決サイトNICOLY:)[ニコリー] に
湘南メディカル記念病院 山口医師の眼瞼下垂が掲載されました。

腫れぼったい目の整形|NICOLY:)

医師が教えるコンプレックス解決サイトNICOLY:)[ニコリー] に
湘南メディカル記念病院 山口医師の腫れぼったい目の整形が掲載されました。

2017年03月02日 美容整形のコンプレックス解決・応援サイト NICOLY:)[ニコリー]
鼻尖形成手術の効果や腫れの度合いは? 詳しくはこちら
2017年01月05日 美容整形のコンプレックス解決・応援サイト NICOLY:)[ニコリー]
目の下のくぼみ改善が期待できる整形方法 監修 詳しくはこちら

論文・研究・書籍(筆頭著者のみ)

2007
早期にデブリードマンを行った化学熱傷の一例(沖縄医学会雑誌46-1:113頁)
2007
難治性後部尿道狭窄に対する遊離橈骨動脈穿通枝皮弁を用いた尿道再建術の一例(沖縄医学会雑誌46-3:30頁)
2011
Quantitative analysis of free flap volume changes in head and neck reconstruction. (Head & Neck. Oct;34(10):1403-7.)
2011
ラットの静脈角生理学の解析および新たなリンパ管静脈吻合術の開発 (科学研究費 若手研究(B))
2011
膀胱全摘術,尿路変行 ("外科ICUで困った時に開く本SICU pearls" 260-262)
2012
Peripheral venous angle plasty: a new lymphovenous anastomosis technique for lower extremity lymphedema.(Plastic and Reconstructive Surgery Jul;130(1))
2012
『末梢における静脈角形成術』-弁構造を有したリンパ管静脈吻合術- 日本リンパ学会奨励賞(西賞)受賞論文、リンパ学
2014
Cranial distraction osteogenesis on syndromic craniosynostosis: long-term follow-up and effect on postoperative cranial growth (Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery Feb;67(2):e35-41.)
2014
クローバー葉頭蓋症候群 神経症候群(第2版)IV-その他の神経疾患を含めて- 日本臨牀社、202-205
2015
Cosmetic Comparison between modified-Uchida method and the Mustarde method for Blepharophimosis-Ptosis-Epicanthus inversus syndrome (Annals of Plastic Surgery Nov;75(5):518-21.)
2016
Complications following orthognathic surgery for patients with cleft lip/palate: A systematic review. (Journal of the Formosan Medical Association Apr;115(4):269-77.)
2016
Modified Furlow palatoplasty using small double-opposing Z-plasty: Surgical technique and outcome (Plastic and Reconstructive Surgery Jun;137(6):1825-31.)
2016
A treatment protocol for velopharyngeal insufficiency and the outcome (Plastic and Reconstructive Surgery in press)
2016
"Correction of Facial Deformity in Sturge-Weber Syndrome: Literature Review, Case Reports, and Proposal of Treatment Algorithm"   (PRS Global Open in press)

学会発表(筆頭演者のみ)

2008/6/7:RCC研究会
RCC late recurrence to “THYROID”
2008/11/16:日本泌尿器科学会中部総会
腎外傷における外科的治療の意義
2009/1/10:RCC研究会
多嚢胞を有する腎腫瘍の一例
2009/10/30:第59回日本泌尿器科学会中部総会
脂肪肉腫22例の検討
2008/2/17:第59回日本形成外科学会、中国、四国支部学術集会
OCFC(OKAYAMA CRANIOFACIAL CENTER)の現状について
2010/7/16:第3回岡山再建医学研究会
緩和再建の一例
2011/4/14:第54回日本形成外科総会
遊離皮弁の運命
2011/8/25:14th International congress, International Society of Craniofacial Surgery
Pre- and Postoperative Orbital Volume for Crouzon and Apert Syndrome
2011/11/24:第29回日本頭蓋顎顔面学会
短頭症に対する骨延長の頭蓋体積、骨成長に及ぼす影響について
2012/3/26:第100回関西地方会
手術細考-顔面の再建について
2012/6/13:第36回日本リンパ学会総会
末梢静脈角形成術
2012/12/1:第102回関西地方会
瞼裂狭小症候群20例の解析
2012/12/1:第102回関西地方会
従来法と骨延長法の術後の頭蓋容積の長期経過観察
2013/5/2:58th Annual Meeting of the Plastic Surgery Research Council
CRANIAL DISTRACTION OSTEOGENESIS ON SYNDROMIC CRANIOSYNOSTOSIS: LONG-TERM FOLLOW-UP AND EFFECT ON POSTOPERATIVE CRANIAL GROWTH
2014/4/10:第57回日本形成外科総会
口唇形成術と術後成長に伴う、口唇長の経時的な変化について
2014/4/11:第57回日本形成外科総会
頭蓋縫合早期癒合症56例における術後眼窩上縁の異常石灰化と長期的な形態について■一期法と骨延長法の比較■
2016/9/24:ASPS annual meeting 2016.
Modified Furlow Palatoplasty Using Small Double-Opposing Z-Plasty for Patients with Cleft Lip and/or Palate.
オススメコンテンツ
ソーシャルメディア公式アカウント
Facebook
アメブロ
Twitter
LINE
instagram
Youtube
学割35%OFF
ファミリー割
シニアモニター
モニター募集中
新宿本院
新宿南口院開院千葉センシティ院開院千葉院
仙台院堺東院開院心斎橋歯科移転

MENU