翻訳翻訳 English中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語

シリーズ 若返りの匠 鈴木景子 さん(44歳)シリーズ 若返りの匠 鈴木景子 さん(44歳)

BackNumber.30

執刀医:
新宿本院 上原憂大 医師
レグノクリニック 山口憲昭 医師
MESSAGE

自分に自信を持ち続ける為に必要なことが『美しくいること』であれば、その為の努力は、合理的で、賞賛すべき行為だと思います。

今回、モニターさんにとって重要となった施術を教えてください
「眉下切開」、「リッチフェイス(こめかみ、眼の下、ほうれい線、ゴルゴ線、唇、鼻)」、「バレないリフト」です。
その施術は、モニターさんのどのようなご不満をどのように改善されたのでしょうか
目元のたるみに関するご要望があり、瞼縁切開はしたくないとのことで、「眉下切開」を選択しました。左のもともとある三重瞼は残存することを了承していただいた上で、施行しております。術前には、額にシワが入るように開瞼していましたが、すっと眼が開くようになり、ギョロっとした眼の感じも柔和な印象に変わっています。

また、顔面全体にわたる凹みや萎み感に対して脂肪移植を行いました。自然な曲線を描きながら、組織の張りを生み出すことができて、お肌年齢も若返りました。前後でのくすみも大きく変化していることがわかります。

そして、頬のたるみ、フェイスラインに対してフェイスリフトが適応ですが、大きな手術を避けたいとのご要望に対して、スレッドリフトを行いました。リフト効果自体は限局的ですが、術前と比較して頬骨のピークの挙上、エラから顎までのラインの先鋭化など、効果を認めていると思います。
お客様を施術するときに心がけていることを教えてください
若返り施術において、もっとも重要なことは別人にする施術ではないということです。エイジング自体は、自然の摂理で組織の萎縮、下垂、それに伴う突出などが密接に関わっています。これらの問題がどの層の組織にどの程度おきているかを診察の上、判断し、その失われた分を補うというのが若返り手術だと考えています。ですので、あくまでも自然な外観を保った上で、ツヤやハリを与えていくことをモットーとしております。
若返りたい女性へのメッセージをお願いします
「若返り」という言葉は、魅力的でかつ、すこしスリルのある言葉です。一方で、非現実的でやや遠い印象のある言葉です。しかし、毎日お化粧品やスキンケア用品を使っている、その行為はいったい何のためにおこなっているのでしょうか。実は、それ自体が「美しくある」ために行っていることに他なりません。つまり、日本人のお化粧をしている女性は、皆さん美しくありたいという気持ちを潜在的にもっておられます。この美しくいたいという気持ちは、ある年齢を境に、「若返り」ということばにリンクしてきます。毎日鏡でみるお顔に昔はなかった「シミ」や「たるみ」、「窪み」ででてくれば、どうでしょう。「昔はなかったのに……」「もっとハリのある肌だったのに……」と思うのは当然です。その瞬間から「美しくある」という気持ちは「あの頃にもどりたい」という「若返り」につながっていきます。
では、どうすればそれが叶うか。ここでシンプルな例を考えてみましょう。
あなたが、お熱が高くてとても体がだるいといった場合、薬局買ったお薬で様子を見るのと、病院へ行くのとどちらが安心ですか?

一般論に従えば、薬局でお薬を買うより、病院にいってきちんと検査を受けて、病院で処方されたお薬を内服した方が安心だし、効果もあると考える方の方が多いと思います。では、若返りに関しては、どうか。市販の美容用品やネット販売、エステで相談するのと、医師の資格を有し責任ある立場で診療するプロの美容外科、美容皮膚科にいくことは、比較するまでもありません。
どのような治療や施術に関しても、まずきちんと診断を下して、正しい選択をすることから始まります。その為、医師の診察は欠くことができません。

私は、これまで多くの国に美容診療の現場を見てきました。どの国にも美容診療は存在します。医師は、概ね同じコンセプトで、診療をしていますが、面白いことにお客様の心持ちが違います。それは、ご自身が美しくなりたい、綺麗でいたいという欲求を素直に表現しているかどうかです。韓国では、綺麗でいるという努力をすることは人として尊い、アメリカでは、自分のことを自分でケアするのは当たり前、ヨーロッパでは、綺麗でいることが社会的ステータス、こういった違いがあります。
では日本はどうか。日本人は、先に書きましたように何か施術をすることが、まるで悪いことといったレッテルを貼る方がおられます。綺麗にはなりたいけれど、周りの眼が気になるから、といった声もよく聞きます。
しかし、実際に勇気を出して施術を受けて綺麗になった方は、実はその後の人生はとっても満喫されていることが多く、懸念していた周りの反応は、むしろ好意的で、経験談を聞きに来られるという具合です。

これは、どうしてか。考えてみると、至極自然なのです。綺麗でいるということは、周りの人に自分を認めてもらいたい、自分に自信を持っていたいという思いからです。これは、周囲の人とのコミュニケーションを前提としています。一方で、綺麗でいることを諦めた方は、やはりコミュニケーションも諦めてしまうことがあります。目線を合わせるのが嫌、サングラスと帽子でお顔を隠す、ひいては、家族やお子様を理由に、私はお化粧もオシャレもしないのよ、と開き直ってしまいます。
もちろん、そういった姿勢で人生を満喫されていればなんの問題もありませんが、多くの場合で、諦めは心にとって負の財産となってしまいます。人生は一度きりで、その人生を楽しむためには自分に自信を持っている必要があります。その自信を持ち続ける為に必要なことが『美しくいること』であれば、その為の努力は、合理的で、賞賛すべき行為だと思います。

とはいうものの、一方で年を取らないというのは不可能です。ですので、「若返り」という言葉は、より現実的に考えると、「綺麗に年を重ねていく」という風に、解釈するべきではないか私は考えています。お客様一人一人の背景に寄り添った、現実的で、かつ効果的なご提案を心がけております。
ぜひ、皆様がより生き生きと毎日を楽しんでいただけるようなお手伝いをさえていただければ幸甚です。お気軽に診察にお越しくださいね。

山本まゆ さん(43歳)

施術内容
眉下切開法
目の下
目の下のたるみ取り(裏ハムラ法)
シワ・凹み
コンデンスリッチフェイス法
フェイスライン
バレないリフト
アゴ
美ボディ脂肪吸引

MENU

マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop