垂直注入法豊胸術症例実績
8442018年10月現在

坂内誠 医師
坂内誠 医師
坂内誠 医師
坂内医師はsbcの中でもトップドクターです
坂内医師はsbcの中でもトップドクターです

私、坂内誠が、胸のお悩みをすべて受け止めます。
大きさだけではなく、一番美しくなるデザインを追求し、仕上がり具合を綿密に計算しながら施術します。
垂直注入法(脂肪注入豊胸)の出来具合はドクターの技術によって違います。想い通りの胸になりたいなら、私にお任せください!
胸も顔も上を向いて、笑顔の毎日を過ごしましょう!

ドクター紹介詳細
ドクターメール相談
ドクターブログ
お得なモニター募集中

脂肪注入豊胸術とは?

脂肪注入豊胸術とは、ご自身の痩せたい部分の脂肪を吸引し、その細胞を含む脂肪細胞を胸部へ注入することにより、バストアップを図る豊胸術です。
余分な脂肪を取りバストに注入するため、自然なふっくらした感触のバストと理想のボディラインとが同時に得られる人気の施術方式です。

脂肪注入の流れ
脂肪注入豊胸術のメリット

最高峰の3Dプレミアム注入法(垂直注入法)とは?

脂肪注入豊胸にもたくさんの種類がありますが、湘南美容クリニックの脂肪注入豊胸は、どのメニューも当然素晴らしい結果が期待できます。その中でも、坂内医師の3Dプレミアム注入法(垂直注入法)があらゆる豊胸術の頂点に立っています。

坂内医師の垂直注入法が豊胸術の頂点に立つ理由とは

執刀医:坂内誠 医師

3Dプレミアム注入法と通常の脂肪注入法の違い

坂内医師の脂肪豊胸術では、オリジナルの脂肪注入方式である 3Dプレミアム注入法(垂直注入法)を採用しており、湘南美容クリニックの他院とは同じメニューでありながら、決して同じではありません!!

垂直脂肪注入法のポイント
垂直注入法で作ったバストの3大特長

水平針(通常の注入法)とオリジナル針
(垂直注入法)の違い

針の比較
比較通常の注入豊胸 水平の針垂直注入豊胸 オリジナルの針
バストの形ハリの形状から胸部にまっすぐにしか入らない。そのため、注入できる箇所が限られており、ふっくらとした立体的な仕上がりが難しいハリの形状から水平の針が注入できない箇所にも注入することができ、ふっくらとした立体的な仕上がりが可能
アンダーの位置アンダーの位置を変更できないため、不自然なデザインになりやすいアンダーの位置を変更することができ、ボリュームが出た胸にあった自然なアンダーの位置を形成することが可能

美しいバストアップとは?

3Dプレミアム注入法(垂直注入法)誕生秘話

”先生は垂直注入法がお上手なので、バストも垂直注入法で入れてみたらどうですか?”
私が新宿本院に勤務していた時、当時から私が師と仰いでいた先生から受けた一言が、すべての始まりでした。
水平注入法によるバストアップの限界に気づき、師匠とディスカッションしていた時、こうアドバイスされたのです。
従来の水平注入法では、脂肪を入れる方向に限界があるので、立体的なバストを作ることは、かなり難しいという欠点があります。
しかし、垂直注入法なら、今まで出来なかった注入部近くでも、角度をつけて注入することができるようになり、正面からも下から見てもふっくら丸いバストができるのです。

”先生は垂直注入法がお上手なので、バストも垂直注入法で入れてみたらどうですか?”
私が新宿本院に勤務していた時、当時から私が師と仰いでいた先生から受けた一言が、すべての始まりでした。
水平注入法によるバストアップの限界に気づき、師匠とディスカッションしていた時、こうアドバイスされたのです。
従来の水平注入法では、脂肪を入れる方向に限界があるので、立体的なバストを作ることは、かなり難しいという欠点があります。
しかし、垂直注入法なら、今まで出来なかった注入部近くでも、角度をつけて注入することができるようになり、正面からも下から見てもふっくら丸いバストができるのです。

ただ、それには問題がありました。垂直注入法でバストを作るには、通常の針では無理なので、アメリカに発注しなければいけないのです。
私は自分で図面を書き、アメリカに発注し、オーダーメードで作る事にしました。
誰もやっていない事なので右も左も分からず、祈る気持ちで完成を待ちました。
しかし、1、2カ月後、やっとの思いで試作品が入っている箱を開けてみると、思った通りの物が出来ていない・・・。
しかしここで諦める事もできず、またまたアメリカに発注し、数週間待つことで、到着したのが現在使用している垂直注入法のオリジナル針です。

ただ、それには問題がありました。垂直注入法でバストを作るには、通常の針では無理なので、アメリカに発注しなければいけないのです。
私は自分で図面を書き、アメリカに発注し、オーダーメードで作る事にしました。
誰もやっていない事なので右も左も分からず、祈る気持ちで完成を待ちました。
しかし、1、2カ月後、やっとの思いで試作品が入っている箱を開けてみると、思った通りの物が出来ていない・・・。
しかしここで諦める事もできず、またまたアメリカに発注し、数週間待つことで、到着したのが現在使用している垂直注入法のオリジナル針です。

早速、手術で使ってみると、遠い所にも、この長い曲りで十分届き、今まで出来なかった谷間などにも使用出来るようになり、従来では考えられないくらい立体的なバストを作る事が出来ました。
私は、この理想のバストを”エレガンス・バスト”と名付けました。
構想から実践までこのような紆余曲折があり、ついに3Dプレミアム注入法(垂直注入法)が完成したのです。(2008年2月ごろのことです)
この後、こつこつと千葉でエレガンス・バストを作り続け、現在に至り3Dプレミアム注入法(垂直注入法)はドクター限定注入法として再デビューを果たしました。

早速、手術で使ってみると、遠い所にも、この長い曲りで十分届き、今まで出来なかった谷間などにも使用出来るようになり、従来では考えられないくらい立体的なバストを作る事が出来ました。
私は、この理想のバストを”エレガンス・バスト”と名付けました。
構想から実践までこのような紆余曲折があり、ついに3Dプレミアム注入法(垂直注入法)が完成したのです。(2008年2月ごろのことです)
この後、こつこつと千葉でエレガンス・バストを作り続け、現在に至り3Dプレミアム注入法(垂直注入法)はドクター限定注入法として再デビューを果たしました。

坂内医師関連動画

お得なモニター募集中
カウンセリング予約はこちらから

※無料カウンセリングWEB予約のご利用には、SBC(湘南美容クリニック)のマイページの会員登録が必要です。

ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。ご登録はこちら

コンデンスリッチ豊胸×3Dプレミアム注入法(垂直注入法)

コンデンスリッチ豊胸でこれまでにない定着率を実現

脂肪注入豊胸は、インプラント(バッグ)等を使用する豊胸術とは違い、ご自身の脂肪をバストに注入するため、触感・見た目ともに自然な仕上がりにすることが可能です。しかし、注入した脂肪は、時間をかけて徐々に定着していく為、体に吸収される部分が発生します。そして約3ヵ月かけて定着が完了した際、バストに残っている脂肪の割合が定着率です。

コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪注入から死活細胞や水分を取り除きます。ここまでは一般的な脂肪注入豊胸と一緒ですが、コンデンスリッチ豊胸は、これに加えて老化細胞も除去し、密度が高くなります。
この密度が、定着率の差を生み出します。
また、採取した脂肪は空気に短時間触れただけで汚染されたり、弱まってしまい、定着率が落ちてしまいます。湘南美容クリニックでは、特許も取得している「ウェイトフィルター」を使うことで、空気中の菌やほこりなどに触れない環境になり、安全で、強く健全な脂肪細胞のみを抽出することで、抜群の定着率を実現しました。
同時に、石炭化(しこり)脂肪壊死といったこれまでの脂肪注入特有の合併症を防ぐことも可能となりました

ウェイトフィルター

通常の遠心力に比べ、25倍の圧力をかけるウェイトフィルターが、耐えきれない、老いた脂肪細胞を除去し、強く健全な脂肪細胞のみを抽出します。

空気に触れないプロセス

全てのプロセスはウェイトフィルターにより密室状態にされたシリンジ内で行います。
注入する脂肪は空気に触れない無菌状態になり、感染症のリスクを大幅に削減しました。

カウンセリング予約はこちらから

※無料カウンセリングWEB予約のご利用には、SBC(湘南美容クリニック)のマイページの会員登録が必要です。

ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。ご登録はこちら

お得なモニター募集中

監修医師紹介

兼井 陽子 医師

大阪駅前院院長

兼井 陽子 医師

保有資格
VASER脂肪吸引認定医
経歴
2005年大阪大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部付属病院にて臨床研修
(免疫・アレルギー・内分泌内科/呼吸器・老年・高血圧内科/呼吸器外科/麻酔科)
2006年池田市立病院にて臨床研修
2007年湘南美容クリニック勤務
2019年湘南美容クリニック 大阪駅前院院長就任
中村 大輔 医師

湘南美容グループ統括院長

新宿本院院長

兼 SBC豊胸最高責任者

中村 大輔 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本美容外科学会会員/日本整形外科学会・専門医/アメリカ心臓学会ACLS プロバイダー/VASER脂肪吸引認定医(脂肪吸引最高位)/4Dスカルプ認定医(ボディメイク)
経歴
2000年神戸大学医学部医学科卒
東京大学医学部整形外科入局
東京大学医学部附属病院勤務
2001年東京大学医学部附属病院分院麻酔科勤務
東京逓信病院勤務
2002年東京都リハビリテーション病院勤務
2004年都立府中病院勤務
2006年水戸赤十字病院勤務
2007年湘南美容クリニック勤務
ANNEX院 院長就任
2009年池袋院 院長就任
2013年新宿本院 院長就任
2014年湘南美容グループ副統括院長に就任
2018年湘南美容グループ統括院長に就任

豊胸ページをご覧の皆様へ

このページでは、胸を大きくしたい、胸の形で悩んでいる、胸が垂れてしまった等、豊胸や乳首に関するお悩みに対して、湘南美容クリニックが提供している施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。また、当院で実施した豊胸術・乳首整形に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックが行う豊胸術は、大きくわけるとヒアルロン酸を使ったもの、バッグを使ったもの、ご自分の脂肪を使ったものという3パターンに分けられます。医師がお客様のお悩みや要望、お身体の状態などをカウンセリングを通じてしっかりと判断し、適切な治療をご提案させていただきます。そのため、ご要望の治療ができない場合や生涯においてお客様の健康を害する危険のある治療だと医師が判断した際は、施術をお断りする可能性がございます。あらかじめご了承ください。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に豊胸の治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

TV放映情報

2019.12.17KTV

「訳あり人の駆け込み寺」

新宿本院 居川和広医師が悩める女性が美容整形を決断に出演しました。
2019.12.18UX

「スーパーJにいがたプラス」

新潟院 深江邦彦医師がシワ取り注射についてコメントしました。
2019.12.26HAB

「北陸ビジネスサテライト」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。