熊本院 の目の下のクマ


湘南美容クリニック熊本院の目の下のクマ 目元のたるみ、しわ、クマ等の悩みに簡単なプチ整形から半永久的な効果を維持するものまで、最適な顔の若返り治療方法をご提案します。湘南美容クリニック熊本院の目の下のクマ 目元のたるみ、しわ、クマ等の悩みに簡単なプチ整形から半永久的な効果を維持するものまで、最適な顔の若返り治療方法をご提案します。

目の下にクマがあると、疲れて見えたり、老けた印象になったりします。複数の原因が重なってクマができる場合もあります。クマの種類に応じて対策を行いましょう。クマのお悩みは湘南美容クリニック熊本院にご相談くださいませ。

クマの種類

目の下のクマには、影クマ・青クマ・茶クマという種類があります。
影クマは目の下のたるみが原因でできるクマです。目の下がたるみ、涙袋がふくらんでいる方は影クマができやすくなります。
青クマは主に血行不良によって起こる症状です。冷え性の方や、PCをよく使う方は注意しておきましょう。
茶クマは色素沈着によって起こります。メイクを落とさないことがある方は、茶クマができやすいと言えます。


クリニックで行える治療方法

クマの治療方法は、種類によって異なります。
影クマは皮膚のたるみやむくみによる影が原因でできるため、「肌再生FGF注入療法」でコラーゲンの生成を促して、肌の弾力を取り戻すことが効果的です。
青クマは、血行不良が原因であるため、生活習慣を整えることで改善が期待できます。湘南美容クリニック熊本院で治療を受けるなら、「3D PRP」や「炭酸注射」がおすすめです。
色素沈着が原因である茶クマは、美肌レーザーで治療するケースが多くなります。適切な治療方法によって、気になるクマを取り除きましょう。


SBCメディカルグループ クリニック一覧

北海道

東北地区

東京

関東

交通費支給制度

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。