クリニック案内 愛知県のクリニック 湘南美容クリニック 名古屋栄院 特集記事 鼻整形 【美鼻の名医★】名古屋栄院の中野達生医師が小鼻の広がりの改善方法を解説します!

メニュー

SPECIAL特集記事

【美鼻の名医★】名古屋栄院の中野達生医師が小鼻の広がりの改善方法を解説します!

よくご相談にある小鼻の広がりの改善方法を解説します!

2024.5.31

鼻整形

5年連続症例数NO.1の名古屋栄院中野達生医師が大人気の小鼻縮小術とこだわりポイントを解説します!
これであなたも鼻マスター★
名古屋の美鼻名医中野達生医師の無料カウンセリングに是非お越しくださいませ!

小鼻縮小とは?

QUESTION 01

小鼻縮小とは、小鼻の部分を小さくしていく施術です。
小鼻縮小や鼻翼縮小といわれています。
この小鼻縮小術は大きく3つに分けられます!

まず1つ目は内側法です。
2つ目は、内側法の一種で後戻りしにくいフラップ法という方法もございます。
そして3つ目は、外側法です。
この3つの使い分けについて解説していきます。

内側法とFLAP法について

QUESTION 01

内側法とフラップ法について説明します。
内側法は、鼻腔を切って根本を小さくする方法です。
単純に組織を切り取って糸で結ぶ方法です。
こちらの方法は、後戻りしやすいためフラップ法という方法がございます。
フラップ法は内側法とは違い、組織を立てることにより後戻りしづらいように工夫した内側法です。

外側法について

QUESTION 01

外側法とは、小鼻のふくらみを切る方法です。
切除することで、小鼻の張り出し(あぐら鼻)の改善が可能です。

小鼻縮小が適応について

QUESTION 01

小鼻の幅を狭くしたい人は、内側法だけで対応可能です。
小鼻の幅が広い人は、張り出しも大きい場合が多いので内側法と外側法を合わせて行うことが多いです。
外側法を単独で行うことは、個人の経験としては非常に少ないです。
やはり小鼻の張り出しが大きい方は、鼻の幅も大きいため必然的に内側法と合わせて外側法を行うことが多くなります。
中野医師の場合は、内側法と外側法の組み合わせより、後戻りしづらいフラップ法と外側法を組み合わせることが経験上多いです。

またこの施術で非常に大切なことは、1回切ったところは元に戻せないことです。
よくお客様からも『コンセント鼻になりたくないです』といったお声をいただきます。
小鼻縮小をやりすぎるとなるため、経験が必要な施術です。
慣れていないドクターがやると、コンセント鼻になって戻せなくなる場合があります。
私は幸いそういうことを言われることはないですが、切りすぎは注意です!
コンセント鼻や、鼻の穴が変になってしまうことがないように細心の注意を払って行っています。

まとめ

QUESTION 01

こちらの施術は本当にメリットデメリットがあります。
やりすぎてしまうと元に戻せないというデメリットは非常に大きいので、経験豊富な医師に執刀してもらうのが1番です。
中野医師は、小鼻縮小においてもかなりの件数を行っており、お客様のお鼻を診れば適切にアドバイスができますので是非カウンセリングにお越しください!

MOVIE動画

特集一覧に戻る

CLINICクリニック案内

CLINIC クリニック案内

  • 女医在籍
  • モニター募集
  • 駅チカ
所在地 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目16−27 栄パークサイドプレイス 6階
診療時間 AM9:00~PM6:00
※元日のみ休診
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線 「栄駅」 2番出口 徒歩1分

湘南美容クリニック名古屋栄院では、二重整形・目のクマ取り・糸リフトをはじめ、医療脱毛(ヒゲ脱毛・VIO脱毛など)、美容皮膚科(シミ取りや、医療ハイフ)、小顔治療など幅広い施術を取り扱っております。
名古屋市営地下鉄「栄駅」2番出口より徒歩1分です♪
まずはお気軽に、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。

監修医師紹介

中野 達生 医師
名古屋栄院院長 兼 エリア統括ドクター
中野 達生 医師
保有資格
日本美容外科学会/日本美容皮膚科学会/日本産科婦人科学会
経歴
2011年 浜松医科大学医学部医学科 卒業
2011年 藤枝市立総合病院 勤務
2013年 浜松医科大学 産科婦人科教室 入局
2013年 湘南美容クリニック 入職
2015年 湘南美容クリニック 静岡院院長就任
2017年 湘南美容クリニック 名古屋栄院院長就任

SBCメディカルグループ クリニック一覧

北海道

東北地区

東京

関東

ゴリラクリニック クリニック一覧

リゼクリニック クリニック一覧

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。