クリニック案内 大阪府のクリニック 湘南美容クリニック 大阪なんば院 特集記事 クマ取り吉田医師若返り 大阪で男のクマ取りといえば大阪なんば院!

大阪なんば院メニュー

SPECIAL特集記事

大阪で男のクマ取りといえば大阪なんば院!

男性の若返りに関するお悩みは症例数豊富な当院のドクターにお任せください!

若返りにお悩みの男性必見!若返りにお悩みの男性必見!

男性の若返りに関するお悩みはなんば院にお任せください!

湘南美容クリニック大阪なんば院ではクマ取り症例数西日本No1(※)の吉田院長があなたに最適な治療をご提案します。
駅直結の5つ星ホテル内のクリニックで快適治療!
まずはお気軽に医師とのカウンセリングにお越しください。
※2021年下半期~2022年上半期SBC内

無料カウンセリング予約をする

なんば院の男性クマ取りピックアップ症例

CASE 01

たるみ・ふくらみスッキリ

たるみ・ふくらみスッキリ
施術内容:目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り+コンデンスリッチフェイス+ナノリッチ
経過日数:1ヵ月後
年代:20代後半

CASE 02

見た目年齢マイナス10歳

見た目年齢マイナス10歳
施術内容:目の下のクマ・たるみ(ふくらみ)取り+コンデンスリッチフェイス
経過日数:1ヵ月後
年代:50代前半

こんな男性はクマ取りすべき!

01

男性のよくある目元のお悩み

男性のよくある目元のお悩み
✓ 実年齢よりも老けて見られる
✓ 鏡を見て「自分も老けたなぁ」と思った
✓ 不健康そうなイメージを変えたい

目の下のクマ・たるみ取りとは

QUESTION 01

クマの種類は3種類

クマの種類は3種類
青クマ:血行不良が原因
茶クマ:色素沈着が原因
影クマ:目の下の皮膚たるみが原因

クマの種類によって対策方法が異なります。

QUESTION 02

クマの原因になる眼窩脂肪

眼窩脂肪は、その名の通り眼球がある眼窩部分の脂肪のことを指します。下まぶたの眼窩脂肪が生まれつき多い方や、加齢、眼精疲労に伴い皮膚や眼輪筋のたるみにより支えきれなくなった眼窩脂肪はぽっこり前に押し出され、下まぶたにたるみ(目袋)が形成されます。
たるみに伴って凹凸が目立ってくると「影」ができるようになり一般的には「クマ」と表現されます。

いろんなアイケア商品がありますが、1度出来たたるみ・ふくらみは自力で治すのは困難です。

QUESTION 03

どうやってクマをとるの?

どうやってクマをとるの?
下まぶたの内側を切開し、脂肪を切除します。
目の下の脂肪は大きく3つに分かれており、クマ・たるみ・ふくらみをなくすためには3部位それぞれから脂肪を取り除く必要があります。
Dr.吉田のクマ取り術は、どの部位の眼窩脂肪がたるみの原因になっているか見極め、正確に素早く取り除き、360度どこから見ても美しい目の下を目指します。

大阪なんば院でクマ取りに関してよくある質問

QUESTION 01

自分のクマが何クマかわかりません

それぞれの見分け方は
●目の下を引っ張って薄くなれば「青クマ」
●目の下を引っ張っても変わらなければ「茶クマ」
●上を向いて薄くなれば「影クマ」です。
ぜひ鏡の前でチェックしてみてください。
上記の方法でもわからない場合は無料カウンセリングにお越しください。

QUESTION 02

ダウンタイムはどのくらいですか?

内出血や腫れなどの症状が現れることがありますが、ほとんどの方が1週間ほどで目立たなくなります。
腫れは個人差がありますが、術後2,3日目がピークでその後1週間程度で徐々に落ち着く方が多いです。

QUESTION 03

脂肪注入は必要ですか?

目の下に膨らみが生じた目の下のクマの症状の場合、眼窩脂肪を適量除去することで、目の下は平坦になり、一見改善されたように見えます。
しかし、目の下はふくらみとくぼみが混在しているため、ふくらみとくぼみの程度が大きい方の場合、せっかく脂肪を取り除いてもくぼみがそのままの状態であるとたるんで見えてしまいます。
クマの下のくぼみや、額や法令線などのボリュームを補うためにはコンデンスリッチを、血管が透けて見える青クマや、目元の小じわを同時に改善させる治療としてはナノリッチの併用をおすすめしています。

+αの脂肪注入でより自然に若返り

plus 01

コンデンスリッチフェイス

コンデンスリッチフェイス
コンデンスリッチフェイス法とは、ご自身の脂肪を採取し注入することで、注入箇所にハリと潤いを蘇らせ、ふっくらとして丸みを帯びた健康的な素顔を形成することができます。
また採取した脂肪は、遠心分離にかけ、濃縮技術で不純物を除去、健全な濃縮脂肪細胞だけを注入するため、高い定着率を実現し吸引した脂肪を最大限に活かせる若返り法です。

plus 02

ナノリッチ

ナノリッチ
ナノリッチは繊維質の少ない健全な幹細胞を抽出します。
そのため、リスクを抑えながらも滑らかに注入することができ、肌の再生効果を促します。
また、細かいちりめんジワ、色調の改善に優れ、他の施術よりも肌質そのものの若返りに優位性があるといえます。

湘南美容クリニック大阪なんば院がクマ取り治療で選ばれる理由

REASON 01

クマ取り症例数西日本エリアNo.1(2021年下半期~2022年上半期SBC内)

クマ取り症例数西日本エリアNo.1(2021年下半期~2022年上半期SBC内)
関西において圧倒的な症例数を誇る吉田医師は、2019年から現在まで連続して目の下の切らないクマ・たるみ取り 症例数関西No.1を獲得(SBC内)!2021年下半期からは西日本でもNo.1!多数のお客様に選ばれる実力派ドクターです。

REASON 02

男性医師だから同じ目線で

男性医師だから同じ目線で
男性のお悩みは同じ男性である吉田医師にお任せください。その方のお顔にあった適切な施術をご提案し、脳外科で培った手先の器用さで違和感のない自然な若返りを実現します。

QUESTION 03

5つ星ホテルのフロントと同じフロア

5つ星ホテルのフロントと同じフロア
「南海なんば駅」直結、「御堂筋線なんば駅」より徒歩3分、千日前線「なんば駅」・「阪神近鉄大阪難波駅」より徒歩5分とアクセスがよく通いやすいのも選ばれる理由の一つです。

大阪なんば院吉田院長からのコメント

COMMENT 01

大阪なんば院 吉田公人医師

大阪なんば院 吉田公人医師
どの部位の眼窩脂肪がたるみの原因になっているか見極め、正確に素早く取り除くように心がけています。また、脱脂後に使用するコンデンスリッチやナノリッチは、注入後数ヵ月かけて一定量減ってしまいます。そこで、それを見越して完成した姿を頭に描きながら、経験に基づき注入量を決めています。
カウンセリングでは、今まで打ち明けられなかったお悩みを私にぶつけてください。
そして、あなたの理想に近づくお手伝いをさせてください。
あなたの理想により近づけるために、カウンセリングから施術まで担当させていただきます。

【大阪なんば院 院長吉田:目の下の若返り術モニター募集中】
クマもたるみも一掃!! 目元の状態によって最適な施術を吉田医師がご提案いたします。

目元の若返り施術 症例件数 西日本No.1(2022年上半期 SBC内)🥇院長吉田にお任せください!
※モニターには審査がございます。募集は予告なく終了することがございます。あらかじめご了承くださいませ。
特集一覧に戻る

CLINICクリニック案内

CLINIC クリニック案内

  • 女医在籍
  • モニター募集
  • 駅チカ
所在地 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪6階
診療時間 AM10:00~PM7:00(最終カウンセリング予約/17:30)
※年中無休※元日のみ休診
アクセス ・南海なんば駅直結
・御堂筋線なんば駅徒歩3分
・千日前線なんば駅・阪神/近鉄大阪難波駅徒歩5分

湘南美容クリニック大阪なんば院では目の下のクマ・たるみ取りをはじめとした人気の若返り治療はもちろん、二重整形や脂肪吸引、医療脱毛やダーマペンといった美容皮膚科治療など幅広い施術を取り扱っています。
「南海なんば駅」直結、「御堂筋線なんば駅」より徒歩3分、千日前線「なんば駅」・「阪神近鉄大阪難波駅」より徒歩5分です♪
まずはお気軽に、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。

監修医師紹介

相川 佳之 医師

湘南美容グループ代表

相川 佳之 医師

保有資格
2015年 日本美容外科学会学会長/日本美容外科学会 理事/先進医療医師会 参与/日本再生医療学会 理事長補佐/パッションリーダーズ 理事/日本美容外科学会正会員/日本麻酔学会正会員/日本レーザー治療学会会員/日本脂肪吸引学会会員/ケミカルピーリング学会会員
経歴
1997年日本大学医学部卒業
癌研究所付属病院麻酔科勤務
2000年 3月湘南美容クリニック 藤沢院 開院
大阪なんば院 医師

大阪なんば院大阪なんば院 院長

吉田公人 医師

経歴
2006年 関西医科大学医学部卒業 野崎徳洲会病院臨床研修
2008年野崎徳洲会病院脳神経外科入局 野崎徳洲会病院、札幌東徳洲会病院、名古屋徳洲会病院で勤務
2016年 湘南美容クリニック 入職
2017年湘南美容クリニック 高松院院長就任
2018年 湘南美容クリニック 大阪あべの院院長就任
2020年湘南美容クリニック 大阪なんば院院長就任

SBCメディカルグループ クリニック一覧

北海道

東北地区

東京

関東

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。