クリニック案内 東京都のクリニック 湘南美容クリニック 表参道院 特集記事 二重・目元整形 タレ目形成ならNo.1医師在籍中の湘南美容クリニック表参道院へ

表参道院メニュー

SPECIAL特集記事

タレ目形成ならNo.1医師在籍中の湘南美容クリニック表参道院へ

今1番タレ目形成を担当してる?!
表参道院院長西山医師は「タレ目形成症例数」SBC内全国No.1(2022年上半期)
ツリ目を治したい!目を大きくしたい!そんなお悩みありませんか?
そんな方はぜひ表参道院へお越しください!

表参道院で大人気のタレ目形成をご紹介!

症例数No.1医師のこだわりや
選ばれる理由などご紹介してます!
お目元のお悩みがある方、目を大きくしたい、
タレ目にしたい方ぜひ最後までご覧ください!

無料カウンセリングを予約する

タレ目形成とは?

TAREME 01

グラマラスライン形成とも呼ばれています!

グラマラスライン形成とも呼ばれています!
タレ目形成とは、下まぶたの結膜や皮膚から処理を行い、目を下方向に大きくタレ目にする施術になります。
タレ目形成・グラマラスライン形成・下眼瞼下制など色々な名称で呼ばれています。

TAREME 02

タレ目形成はこんな方におすすめ

タレ目形成はこんな方におすすめ
✅タレ目になりたい方
✅ツリ目でお悩みの方
✅目を大きくしたい方

TAREME 03

ピックアップ症例

表参道院でご案内中のタレ目形成は3種類

TYPE 01

結膜切開法

結膜切開法
結膜切開法とは、下瞼の裏側(結膜側)から切開しタレ目を作り出す方法になります。
表面に傷ができることはありません。
逆さまつ毛になるリスクがあります。

TYPE 02

皮膚切開法

皮膚切開法
皮膚切開法とは、上記で紹介した結膜切開+皮膚をまつ毛の下で切り取りタレ目を作り出す方法になります。
ほとんど目立ちませんが傷跡が残るリスクがあります。
元々逆さまつ毛の方や変化量を多く求める方などが適応になります。
表参道院で1番行われている方法になります。

TYPE 03

タッキング法

タッキング法とは、切開せず糸でタレ目を作り出す方法(埋没法)になります。
変化はとてもナチュラルです。
切開がどうしても怖いという方にオススメです。

施術について

CHECK 01

手術時間

手術時間は、1時間半〜2時間程度になります。
基本的に安心麻酔と局所麻酔を使用します。

CHECK 02

ダウンタイム

ダウンタイムは個人差ありますが1週間〜2週間程度になります。
白目がむくみゼリー状(結膜浮腫)になったり、目周りに内出血が出るなどがあります。

CHECK 03

リスク

だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、目がゴロゴロする、下がり方に左右差があると感じる、希望の下げ幅と異なると感じる、目が乾燥する、逆さまつ毛、違和感を感じるなどを生じることがあります。

料金

PRICE 01

タレ目形成(結膜切開法)

通常価格:252,590円(税込)
モニター価格:176,810円(税込)

PRICE 02

タレ目形成(皮膚切開法)

通常価格:354,440円(税込)
モニター価格:248,100円(税込)

PRICE 03

タレ目形成(タッキング法)

通常価格:77,130円(税込)
モニター価格:248,100円(税込)

タレ目形成とあわせて受けるとおすすめの施術

RECOMMEND 01

目尻切開

目尻切開
目尻を切開して目の横幅を広げる施術になります。
西山院長の場合ほとんどの方がタレ目形成と一緒に目尻切開を行います。
目を下と横方向に大きくできるのでより綺麗なタレ目に仕上がります。

RECOMMEND 02

目頭切開

目頭切開
目頭を切開して蒙古襞(もうこひだ)を解除する施術になります。
タレ目形成で白目の外側を広げるので目頭切開で目の内側の白目も広げてあげることでバランスの取れた黄金比の目を作り出します。垢抜け効果もあり人気の施術です。

表参道院のタレ目形成に関してよくある質問

QUESTION 01

Q.タレ目形成をする際目尻切開も一緒にしなきゃダメですか?

A.絶対ということはありませんが、タレ目形成を受ける大体の方は目尻切開も適応になる場合が多いです。

QUESTION 02

Q.過去に他院でタレ目形成を受けているのですが再度タレ目形成を受けることは可能ですか?

A.西山医師は、修正手術も多く担当しています。
まずは、カウンセリングにてご相談ください。

QUESTION 03

Q.西山医師は出張の予定などありますか?

A.現在は出張予定ございませんが、出張予定ができた場合はインスタグラムにて告知いたしますのでチェックお願い致します!
また遠方のお客様向けの事前写真診察などもございます。

QUESTION 04

Q.モニターは募集していますか?

A.モニター様も募集中です。
モニターには医師の審査があります。
カウンセリングにてお目元の状態をみさせていただます。

表参道院院長はタレ目形成症例No.1

REASON 01

西山医師が選ばれる理由

西山医師が選ばれる理由
✅形成外科出身で経験豊富
✅圧倒的技術力で様々なデザインが可能
✅お客様ひとりひとりに合ったデザインを提案
✅丁寧なカウンセリング

COMMENT 02

ドクターコメント

ドクターコメント
"タレ目形成"というとどんなものをイメージするでしょうか。
少し違和感のあるガッツリたれ目、あっかんべーのようなたれ目、モデル雑誌に載っていたギャル風たれ目...
いろいろなイメージがあると思います。もし少しでもたれ目にマイナスイメージがある方がいたら、それは古いです!
今でももちろん上記の様なたれ目は根強い人気がありますが、最近では"タレ目形成=下まぶた拡大術"とも言われており、吊り目を直したり、目をぱっちり大きくする施術という意味合いが強くなっています。
『目を大きくしたいけど、たれ目にしたいわけじゃない』とよく言われます。最近は目の外側(目尻側)の白眼が大きい目が人気です!

たれ目にしたい方も、最近の人気の目尻の白眼が大きい目になりたい方も、ぜひご相談に来てください。

表参道院ではタレ目形成のモニターを募集しています!

MOVIE動画

特集一覧に戻る

CLINICクリニック案内

CLINIC クリニック案内

  • 女医在籍
  • モニター募集
  • 駅チカ
所在地 東京都港区北青山3-11-7 AOビル7F
診療時間 AM9:00~PM6:00
※休診日:1月1日、2日
アクセス 東京メトロ表参道駅 B2出口徒歩1分

湘南美容クリニック表参道院では、美容皮膚科・二重・目元整形・婦人科形成・ヒアルロン酸注入・医療脱毛など、幅広い施術を取り扱っています。 「表参道駅」B2出口より徒歩1分です♪ まずはお気軽に、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。

監修医師紹介

相川 佳之 医師

湘南美容グループ代表

相川 佳之 医師

保有資格
2015年 日本美容外科学会学会長/日本美容外科学会 理事/先進医療医師会 参与/日本再生医療学会 理事長補佐/パッションリーダーズ 理事/日本美容外科学会正会員/日本麻酔学会正会員/日本レーザー治療学会会員/日本脂肪吸引学会会員/ケミカルピーリング学会会員
経歴
1997年日本大学医学部卒業
癌研究所付属病院麻酔科勤務
2000年 3月湘南美容クリニック 藤沢院 開院
表参道院 医師

表参道院院長

西山慶 医師

保有資格
日本形成外科学会 正会員、ボトックス認定医(アラガン社、グラクソ・スミスクライン社)、ヒアルロン酸認定医(アラガン社)
経歴
2016年日本大学医学部 卒業
-社会医療法人社団 順江会 江東病院 初期臨床研修
2018年順天堂大学医学部 形成外科学講座 入局
-湘南美容クリニック 入職
2020年湘南美容クリニック 宇都宮院院長就任
2021年湘南美容クリニック 表参道院院長就任

SBCメディカルグループ クリニック一覧

北海道

東北地区

東京

関東

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。