お電話でのお問合せはこちら

  • 全国共通 0120-489-100

AM10:00~PM11:00(土日祝対応)

ただ今大変混み合っております。
WEB予約をおすすめいたします。

専門医がお答え
画像メール相談
無料カウンセリング
WEB予約
交通費サポート制度 最大5万円 CLICK メディア掲載情報 テレビ・雑誌等 CLICK 医師・看護師募集! 湘南美容クリニックグループでの採用となります 通院時間・待ち時間ゼロ/来院せずにスマホ診察/遠隔診療 SBC 湘南美容クリニック 女性の薄毛は湘南美容クリニックへ
  1. AGA植毛薄毛治療TOP >
  2. AGAとは

AGAとは

AGAとハゲの違い

AGA(男性型脱毛症)がいわゆるハゲの原因なのです。日本では、1000万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。
一般的にAGAは30~50代の中年男性にみられる症状ですが、最近では20代の若者のAGAも増えてきています。特にAGAは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・うす毛が徐々に目立ってきます。

AGAの原因

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

毛髪は1本1本寿命があり、ある一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンです。

DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。アルファーリダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれⅠ型DHTとⅡ型DHTを生成します。

AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプⅡの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在してるのです。

通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはずなのですが、DHTタイプⅡが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。

そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えれています。TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種です。TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまうのです。

AGAの進行の仕方

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAには7段階の進行度があります。ハミルトン・ノーウッド分類と言い、アメリカのハミルトン医師が作った7段階の分類です。この分類表を使って、現在のAGAがどのくらい進行しているのを確認し、その症状を把握したうえで症状に合ったベストな治療法を選択していくことができます。

AGAの症例

AGA治療薬

治療前 治療開始6か月後
治療前 治療開始3か月後
治療前 治療開始3か月後
治療前 治療開始6か月後
治療前 治療開始6か月後
治療前 治療開始8か月後
治療前 治療開始6か月後
治療前 治療開始6か月後

AGAの治療方法

AGAの治療方法

AGAの進行を止めるには、フィナステリドの内服が必要になります。メソセラピーと自毛植毛は現在おこってしまっている薄毛部分を改善する事に役立ちますがAGAの進行を止める事はできません。

植毛の長所は必ず薄毛が改善し、外観が変化する事です。もちろん自分の毛ですから、抜けても生え変わり手入れもいりません。植毛をしてもフィナステリドを内服しなければ、植毛した毛だけが残り周りの毛が抜けていきます。

メソセラピーをしてもフィナステリドを内服しなければ、AGAの進行を止めることができません。このように一口にAGA治療といっても、AGAの進行具合により適切な治療法を選択することが重要になります。

薄毛治療一覧

ANDROGENETIC ALOPESIA 湘南美容クリニックの
AGA薄毛治療とは

AGAとはAndrogeneticAlopesiaの略称で訳すと、男性型脱毛症といいます。 その原因は男性ホルモン(Androgen)遺伝(Gene)が関係する薄毛(Alopesia)である事から、それぞれの頭文字をとってAGAと呼ばれています。

続きを読む

日本では1200万人、およそ成人男性の3人に1人が対象といわれています。AGAの特長として、前頭部や後頭部の髪がどちらか一方、または双方から症状がはじまります。 一般的にAGAは30〜50代の中年男性に多く見られますが、最近では若年化が進み20代でのAGAも増えてきております。男性の薄毛の80〜90%以上はAGAです。 決して人ごとではありません。進行性の脱毛症という特性から何も治療をせずに放っていると、髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が除々に目立つようになります。湘南美容クリニックは、このAGAに対し、薬・毛髪再生メソセラピー・植毛という3つの施術から患者様に最も適した施術を ご提案することができる、国内唯一の髪の総合クリニックです。

以前は薄毛は治りませんでした。しかし、経口AGA治療薬の登場により、薄毛は確実に治療できる時代になりました。また薄毛の進行具合によっては、経口AGA治療薬だけでは治療が困難な症例があることも分かってきました。薄毛の医学的治療には大きく分けて3種類あります。

  • ・薬による治療(内服薬 外用薬 毛髪再生メソセラピーなど)
  • ・自毛植毛
  • ・レーザー育毛、頭皮マッサージ、シャンプーなどの補助的治療

どの治療も有効ではありますが、それぞれ単独では完璧ではありません。 軽度な症状に対してはまずAGA治療薬が優先されますが、適切なマッサージなども重要です。 進行した薄毛には自毛植毛が必要な場合もありますが、自毛植毛をしても薬によるAGA治療は欠かせません。 つまり薄毛の状態に応じて3種類の治療の組み合わせを一人ひとりに適した治療の選択が重要なのです。 治療の結果が出た後は、様子を見ながらAGA治療薬の量を減らしたり、治療の頻度を減らしたり、患者様ご自身の意思で決めて頂けますので、 金額的な負担を少なくしていく事が可能です。AGA治療には、永続した薬の服用が必要になりますが、AGA薄毛治療の総合クリニックだからこそ、 様々な選択肢がありご自身で選択できるのです。

湘南美容クリニックでは、患者様の確かな実績と満足を第一優先に考え施術を行います。 そのため、無料カウンセリングやメール相談にも力をいれており、患者様のご満足に一歩でも近づくために日々努めております。 豊富な治療実績と治療内容、それにAGA治療に特化した医師が在籍し、専門的な視点から患者様へ適切なアドバイスを致します。AGA治療は簡単ではありません。ですが、いえだからこそ各種の優れた治療を組み合わせ一人ひとりの症状にあった最適な治療を選択する必要があるのです。 ところが世の中には、AGA治療薬を処方するだけのクリニックや毛髪再生メソセラピー専門クリニック、 自毛植毛専門クリニックなど単一の治療しか行っていないクリニックが多いのですが、3つの治療を全て行っているクリニックは殆どありません。どこのクリニックで治療を受けても同じだなんて言わせない、が湘南美容クリニックのモットーです。

pagetop
全国共通 0120-489-100
全国共通 0120489-100

ただ今大変混み合っております。
WEB予約をおすすめいたします。