アイプチで二重の癖付けをするのは難しく、出来たとしても非常に稀なケースです


アイプチを使用しているうちに、二重になるという噂を耳にして、自然な二重を目指して長期間アイプチを使っている方もいます。

しかし、アイプチは皮膚を糊で留めているだけなので、永久的な二重の癖がつくというのは非常に稀なケースです。

むしろアイプチの長期間使用は、まぶたの皮膚に大きなダメージが出やすいためおすすめできません。

アイプチの使用で永久的な二重を作るのは非常に難しいことです

一重まぶたの方であれば、一度くらいは永久的に取れない二重のラインに憧れたことがあるでしょう
アイプチは二重に憧れる一重の方が、自分で手軽に二重気分を味わえるメイク道具として人気があります。

また、アイプチを使い続けることで、まぶたに癖が付き、永久的な二重の癖をつけることができるという噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

アイプチは、まぶたの皮膚を糊で貼り止めているだけなので、永久的な二重ラインをつけるということは非常に難しいものです。

まったく可能性はゼロではありませんが、アイプチの使用で二重ラインが癖付くことは非常に珍しいケースだと言えます。

とくに、まぶたの皮膚に厚みがある場合や、まぶたの皮膚にたるみがある場合は、アイプチを使用してもキレイな二重は作りにくいものです。

アイプチを使用することで、稀ですが二重のラインができたとしても、左右対称のキレイな二重でないという場合や、理想の形とは違うというケースもあります。

しかし、アイプチの長期使用は、まぶたへ負担がかかり、ひどいダメージが出てしまうこともあると言います。

キレイな目元を目指すはずが正反対の結果になってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

アイプチの長期使用により、腫れぼったい一重につながることがあります


二重の癖をつけようと、寝ている間もアイプチを付けたままにするなど長期間連続で使用してしまう方もいます。

しかし、アイプチの長期使用は、まぶたの負担が蓄積され、大きなダメージとして現れるおそれがあるのです。

アイプチの糊でアレルギー反応を起こし赤く腫れること、ごわつきやただれやかぶれを起こすことがあります。

たとえば、皮膚が敏感な方やアトピーを持っている方などが挙げられるため、注意が必要です。

もし、ただれてしまった場合は即座にアイプチの使用を中止し、皮膚科を受診して医療的なケアを受けることをおすすめします。

アイプチによりまぶたの皮膚がダメージを受けると、修復の際に、ダメージに耐えられるように以前よりも皮膚の厚みを増すことがあります。

厚みを増したまぶたは、腫れぼったい印象のある一重になってしまうため、理想的な二重には遠ざかってしまうかもしれません。

また、アイプチの糊で長時間引っ張られたまぶたの皮膚が伸びてしまい、たるんでしまうこともあるでしょう。

その皮膚が伸びたまぶたはアイプチを使ってもキレイな二重が作りにくくなってしまうおそれがあります。

永久的な二重を作るには二重整形の施術を検討してみましょう

アイプチで作れる二重は、限られた時間でしか作ることができない場合もあるでしょう。

メイクの都度作る必要があり、また水濡れやまぶたを掻くことで取れてしまうケースもあります。

二重整形の施術は、アイプチのような手軽さはありませんが、施術法によっては半永久的にキープできる二重を作ることが期待できるのです。

水に濡れても二重がなくなる心配や、ノーメイクのときに一重であるというコンプレックスからも解放されることでしょう。

一重まぶたに悩む方で、アイプチを使用しているという方は、一度アイプチの使用をやめて二重整形の施術を受けることを検討してみてもよいかもしれません。

二重整形の施術にはいくつかの方法があり、メスを使わずに行う施術法や、ごく一部のみを切開する施術法などもあります。

まぶたの状態や、目の形、目元の悩みに合わせて施術法を組み合わせることも可能です。

専門のクリニックで施術を受ける場合は、豊富な知識と経験があり、高い技術力を有しているクリニックを探すことが大切です。

無料相談を行っているクリニックもあるため、活用してみてもよいでしょう。

(まとめ)アイプチで二重の癖付けはできる?

1.アイプチで二重の癖付けをするのは難しく、出来たとしても非常に稀なケースです

アイプチを使い続けると、二重の癖がつくという噂がありますが、医学的な根拠はなく、アイプチで永久的な二重の癖ができるのは非常に稀なケースだと言えます。

また、アイプチの長期使用はまぶたにダメージを与える可能性が高く、注意が必要です。

2.アイプチの使用で永久的な二重を作るのは非常に難しいことです

アイプチによる永久的な二重ラインの癖付けは非常に難しく、できたとしてもかなり稀なケースになります。

またアイプチの長期使用は、まぶたの皮膚トラブルの原因にもなるため、使用の際には注意が必要です。

3.アイプチの長期使用により、腫れぼったい一重につながることがあります

アイプチの長期使用は、二重の癖がつくどころか、まぶたの皮膚のただれやかぶれにつながりやすく、皮膚が厚みを増したり、伸びたりしてしまうこともあります。

またダメージを受けたまぶたでは、アイプチを使っても二重になりにくくなることがあるでしょう。

4.永久的な二重を作るには二重整形の施術を検討してみましょう

アイプチで作る二重とは異なり、二重整形の施術で二重を作ると、水に濡れてもノーメイクの時でもキープできる二重を手に入れることが期待できます。

二重整形の施術法はたくさんあるため、自分に合う方法を見つけてくれる信頼できるクリニックを選びましょう。