アイプチでかぶれたまぶたは完全に元に戻ることはないと言われています


アイプチで二重を作る時に使う糊で、まぶたの皮膚がかぶれてしまったということは非常によくある話です。

まぶたの皮膚は他の部分に比べて非常に薄く、かつデリケートな部分なため、アイプチの糊は大きな負担になります。

わずかなかぶれであれば、時間の経過により目立たなくはなりますが、完全に元通りに戻るということはないでしょう。

アイプチの糊はまぶたのかぶれにつながります

アイプチとは、糊を使ってまぶたの皮膚を固定して、自分で二重ラインが作れるというものです。

アイプチのキットは比較的価格も手ごろな商品が多く、自分で簡単にできることから、一重に悩む方や、幅の広い二重に憧れる方の中には使っている方もいます。

アイプチ使用者の中には、まぶたの皮膚がどのようなものであるかを知らない方もいるかもしれません。

まぶたの皮膚は、全身の中でももっとも薄く手のひらの皮膚の約半分ほどしかないのです。

非常に薄くデリケートな部分に糊を貼りつけることは、まぶたに大きな負担をかけていることは容易に想像がつくでしょう。

アイプチで使用する糊にアレルギー反応を起こすと、赤く腫れてただれてしまいます。

糊の脱着を繰り返したり、長時間糊を付けておくことでかぶれを引き起こしたりすることもあります。

かぶれやただれを放置したり、そのままの状態でアイプチをさらに使い続けたりすると、雑菌が入り炎症がひどくなることもあり危険です。

かぶれやただれを発見した場合には、即座にアイプチの使用を止めることが大切です。

アイプチの糊のダメージでまぶたが腫れぼったくなることがあります


前述したようにアイプチの糊は、薄くデリケートなまぶたにとっては負担になります。

アイプチを連続して使用したり、長時間つけ続けたりすることで、まぶたの皮膚は長い間引っ張られ続けるのです。

結果的にまぶたの皮膚が伸びてしまい、アイプチを使用する前のまぶたよりも腫れぼったくなってしまいます。

一重に悩んでいる方の場合であれば、一重の状態が強くなってしまうのです。

また二重の人の場合は、伸びた皮膚が二重ラインに覆いかぶさるようになるため、奥二重のような状態になることも少なくありません。

アイプチの長期の使用は、まぶたの皮膚が伸びるだけではありません。

糊によってダメージを受けた皮膚は、体を外からの刺激から守るために、厚みを増すようになると言われています。

ダメージを受けた部分は肌のバリア機能を果たす部分が失われ、ごわごわ、ガサガサした手触りになることもあります。

伸びた皮膚やダメージを受けた皮膚は、ケアをすることである程度回復させることはできますが、完全に元通りに戻ることはないため、注意が必要です。

腫れたまぶたのままでは二重整形の施術は受けられない可能性があります

アイプチを長期間使用することで、まぶたが腫れたりかぶれたりした場合、そのままでは二重整形の施術を受けることはできない可能性があります。

腫れたりかぶれたりした状態のまま施術を行うと、出血しやすく、傷口から雑菌も入りやすくなります。

アイプチを使うことで皮膚に異常が現れた場合は、即座に使用を中止し、皮膚科を受診するようにしましょう。

皮膚科でしっかりと医療的なケアを受け、まぶたの状態が回復すれば、二重整形の施術を行うことが可能と言います。

二重整形の施術は、アイプチとは異なり、施術後は特別なケアを行わなくても二重をキープすることができることが期待できるのです。

アイプチのようにその都度二重を作る手間や時間がかからないため、メイク時間が短くなることが多いでしょう。

ノーメイクの時でも、パッチリとした目元でいられるため、素顔に自信が出るようになったという方も少なくありません。

二重整形には、短時間で施術が終わるものや、半永久的に二重がキープできるものなどさまざまな施術法があります。

二重整形の専門のクリニックには無料相談を行っているところがあります。

自分のまぶたに合う施術法が知りたい場合は無料相談などを活用してみてもよいかもしれません。

(まとめ)アイプチでかぶれたまぶたは元に戻る?

1.アイプチでかぶれたまぶたは完全に元に戻ることはないと言われています

まぶたの皮膚は薄くてデリケートであるため、アイプチの糊は大きな負担となります。

アイプチの糊でまぶたの皮膚がかぶれるのはよくある話で、一度かぶれると完全に元に戻ることはないでしょう。

2.アイプチの糊はまぶたのかぶれにつながります

まぶたの皮膚は全身の中でもっとも薄くデリケートな部分です。

アイプチの糊で大きなダメージを受けることが多く、ただれやかぶれ、アレルギーにつながることもよくあります。

まぶたにそれらの症状を発見した場合は、すぐにアイプチの使用を中止しましょう。

3.アイプチの糊のダメージでまぶたが腫れぼったくなることがあります

アイプチの糊から受けるダメージで、まぶたの皮膚が伸びる、厚みを増す、手触りが変わるなどが起きる可能性があります。

伸びてしまった皮膚やダメージを受けた皮膚は、ケアすることである程度回復しますが、完全に元通りにはならないでしょう。

4.腫れたまぶたのままでは二重整形の施術は受けられない可能性があります

アイプチでまぶたがかぶれたり腫れたりした場合は、使用を中止し、皮膚科を受診してケアを受けましょう。

まぶたの状態が良くなれば二重整形の施術が受けられます。

自分に合う施術法がわからないときは、専門クリニックの無料相談を活用してみましょう。