寝るときもアイプチをしているとまぶたの皮膚が伸びることがあります


アイプチはまぶたの皮膚を引っ張り、糊でくっつけることで二重のラインを作るというものですが、寝るときにまで使用するような長時間の連続使用は、まぶたにかかる負担も大きくなります。

また、アイプチをしている間は、まぶたは常に引っ張られている状態なため、それが長時間続くことでまぶたの皮膚が伸びてしまうことがあるのです。

アイプチの長時間使用はまぶたの皮膚が伸びてしまう可能性があります

一重まぶたに悩む人でも手軽に自分で二重にすることが出来るためアイプチの利用者が多いと言われています。

しかし、将来的なまぶたへの負担になるということはあまり知られていません。

アイプチをつけ続けていると、二重の癖が付くのではないかという理由で、寝るときもアイプチを付けたままにしている方がいます。

しかし、アイプチはまぶたの皮膚を糊でとめて二重を作るものですから、使っている間もずっとまぶたの皮膚は引っ張られてしまいます。

まぶたの皮膚は薄くてやわらかい箇所ですから、引っ張られ続けていると、その結果まぶたが伸びてしまうのです。

伸びたまぶたは二重ラインの癖が付くどころか、アイプチを外したときに余分な皮膚としてまつげの生え際に覆いかぶさるようになり、より腫れぼったく、重い印象のある一重になってしまうでしょう。

寝るときまでアイプチをしているということは、常にその部分に糊が付着しているということになり、不衛生であることも忘れてはいけません。

アイプチの糊はまぶたにかぶれやただれを引き起こすことがありますが、不衛生な状態であればそこから雑菌が入りひどい炎症になってしまうこともあります。

アイプチの使用は素顔の自信がなくなってしまうこともあります


アイプチを使用したまま眠る場合、まぶたの皮膚は二重ラインをキープするために引っ張られてしまっています。

そのため、目を閉じているつもりでも、半開きの状態になってしまっていることもあるでしょう。

つまり、自分では二重を定着させているつもりが、半開きの目で寝ているというわけです。

目の開いた部分からほこりやゴミが入ることや、目の乾燥にもつながります。

アイプチで作る二重は長持ちしないため、メイクの度に二重ラインを作る必要があるのです。

アイプチは一度使うとその手軽さのゆえに、手放せなくなるという方もいらっしゃるかもしれません。

また、これまで憧れだった二重が当たり前のものとなり、自信につながることもあるでしょう。

一方で、アイプチの糊はまぶたの皮膚のかぶれやただれの原因になると言われています。

ただれやかぶれの症状が出た場合は、即座に使用を中止することが望まれますが、一重の姿を知られたくないとかぶれたままアイプチを使用し、さらに状態が悪化するということも考えられるでしょう。

一重に悩む方には二重整形の施術がおすすめです

一重に悩んでアイプチをしている方は、二重になる手段として二重整形の施術を検討してみてはいかがでしょうか。

二重整形の施術でつくる二重はアイプチで作る二重とは異なり、都度作る必要がありません。

施術のあと、ダウンタイムが過ぎれば特別なケアを必要としないでいつでも理想的な二重を手に入れることが期待できます。

アイプチのように濡れて取れてしまう心配もなく、プールや海、温泉なども思い切り楽しむことができるでしょう。

二重整形と言えば大がかりな施術をイメージする方も多いものですが、二重整形の施術の中でももっとも人気の高い埋没法などは、施術時間も5~10分程度で済みます。

施術時間が短いだけでなく、ダウンタイムに出る症状も比較的少なく、ダウンタイム自体の期間も短めなのが特徴です。

ただし、アイプチの長期使用でまぶたの皮膚が分厚くなってしまっている場合などは埋没法ではキレイな二重が作りづらいということもあります。

そのような場合は切開法を用いることでキレイな二重を作ることが望ましいでしょう。

一重に悩んでアイプチを使っている方は、アイプチを卒業し、二重整形の施術で長期間キープできる二重を手に入れてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)寝るときにアイプチをすると皮膚が伸びるって本当?

1.寝るときもアイプチをしているとまぶたの皮膚が伸びることがあります

アイプチを寝るときまでつけるなど、長時間連続して使い続けることで、まぶたの皮膚は常に引っ張られ続けます。

皮膚は引っ張られることで癖が付いてしまい、アイプチの長期使用はやがて皮膚が伸びてしまうことにつながるでしょう。

2.アイプチの長時間使用はまぶたの皮膚が伸びてしまう可能性があります

アイプチを使用している間は常にまぶたの皮膚は引っ張られた状態です。

寝ている間もつけ続けることで、薄くて柔らかなまぶたの皮膚が伸びて、より一重の状態が強くなってしまう可能性があります。

3.アイプチの使用は素顔の自信がなくなってしまうこともあります

アイプチを付けたまま寝ると、まぶたが半開きの状態になることがあります。

アイプチが原因によるまぶたのかぶれの症状が出た場合は即座に使用中止することが望ましいですが、素顔の一重にコンプレックスを感じて使用し続け、より悪化する場合も少なくありません。

4.一重に悩む方には二重整形の施術がおすすめです

アイプチの二重とは異なり二重整形の二重は、長期間キープできる二重と言われています。

水に濡れて外れてしまうような心配もなく、毎日のお手入れも不要です。

一重に悩んでアイプチを使っている方は、アイプチを卒業し、二重整形を検討してみてもよいでしょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔