アイプチの使用がまぶたのたるみの原因になることがあります


アイプチの使用は手軽に自分で二重が作れるため、利用者が多いと言われています。

アイプチによって長期間伸ばされたまぶたの皮膚は、たるみにつながり、より一重の状態を強くしてしまう可能性があるでしょう。

加齢により、まぶたの皮膚は自然にたるみが出てしまいがちですが、アイプチの使用がたるみを加速させてしまうことがあります。

まぶたの皮膚のたるみは一重の状態を強くさせてしまいます

一重の場合、まぶたの皮膚のたるみが多い場合は一重の状態をより強くしてしまいがちです。

一重の状態が強くなってしまうと、目つきが悪くなり印象も暗くなることが多いものです。

一方、二重の場合は上まぶたがたるむことで、二重ラインに覆いかぶさり、二重ラインが外見上確認しづらくなるため、奥二重のように見えてしまうこともあります。

奥二重の場合は、まぶたのたるみがまつげの生え際にまでかかると、二重ラインが完全に隠れてしまうため、一重に見えてしまうことにつながります。

もともとのまぶたの形はさまざまですが、まぶたの皮膚がたるむことで、見た目の目の形が変わってしまう可能性が高いでしょう。

とくに目尻はたるみが出やすく、目尻がたるんだ目は三角形のような形になってしまいます。

まぶたは加齢によって脂肪が落ちると、その分たるみやすくなるため、年齢を重ねるにつれて自然とたるみやすくなるのです。

また、まぶたにたるみが見られると、老けて見られることもあります。

いつまでも若々しい目元や表情をキープするためには、まぶたの皮膚が少しでもたるまないように気をつけることが大切です。

アイプチの長期使用でまぶたの皮膚が伸びることがあります


アイプチは手軽に自分で二重が作ることができますが、一方でまぶたへの影響もあります。

使用する際には、どちらも知っておき、納得のいく使い方をすることが大切です。

アイプチのメリットは、商品価格も手ごろな物が多く、手軽に使えるという点と言えるでしょう。

自分の二重の顔を見てみたいという実験や、気分やファッションによって二重ラインの幅を変えることもできます。

しかし、アイプチを長期間使用することで、糊で貼り付けられたまぶたの皮膚が伸びてしまうことも多く、まぶたのたるみを引き起こす可能性が高いでしょう。

ほかにもアイプチの糊でまぶたがかぶれたり、ただれてしまったりすることや、アレルギーを発症してしまうこともあります。

水に濡れたり、まぶたを掻いたりこすったりすると二重が取れてしまうのも、アイプチを使用する上での注意点として挙げられるでしょう。

アイプチはまぶたへの負担が大きいものです。

使用する場合は、なるべく短時間に限り、使用後はまぶたのケアをしっかりと行うことをおすすめします。

長時間、長期間の使用はその分ダメージも大きくなるため、注意が必要です。

まぶたがたるむと視界が遮られてしまうことがあります

まぶたのたるみは、老けた印象や暗い印象を与えてしまうなど、外見上の問題だけを引き起こすわけではありません。

たるんだまぶたが黒目に覆いかぶさるようになると、視界を遮ることも考えられるでしょう。

まぶたのたるみにより、視界が遮られるようになることを「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と言い、治療が必要になることがあります。

まぶたのたるみで視界が遮られると、物が見えづらくなるため、これまでよりも目を大きく開こうとして眉毛がつりあがり、額にシワが出来てしまうこともあります。

目元のたるみと額のシワとがセットになり、より老け顔になりがちです。

眼瞼下垂は、二重整形の専門クリニックであれば施術を行い治療することができます。

軽度な場合は二重整形でメスを使わない「埋没法」で対処できますし、症状が強い場合には、切開して対処が可能です。

まぶたの状態は人それぞれ異なるため、まぶたのたるみが気になる方は、状態が悪くならないうちに早めに専門クリニックを受診することがおすすめです。

(まとめ)アイプチはまぶたのたるみを加速させるって本当?

1.アイプチの使用がまぶたのたるみの原因になることがあります

アイプチの長期使用でまぶたの皮膚が伸ばされ、たるみの原因になってしまうことがあります。

まぶたの皮膚は加齢によってたるみが出てしまいがちですが、アイプチの使用はたるみを加速させてしまうことになりかねません。

2.まぶたの皮膚のたるみは一重の状態を強くさせてしまいます

まぶたの形に関係なく、まぶたの皮膚がたるむと、見た目の目の形が変わってしまい、老けたり印象が暗くなったりしてしまいがちです。

いつまでも若々しい目元でいるためにも、まぶたの皮膚がたるまないように気をつけることが大切です。

3.アイプチの長期使用でまぶたの皮膚が伸びることがあります

アイプチは手軽に使えて、二重になった自分の顔を確認するためにも役立ちます。

しかし、長期間使用することでまぶたの皮が伸ばされ、まぶたのたるみの原因になることもあり注意が必要です。

4.まぶたがたるむと視界が遮られてしまうことがあります

まぶたのたるみは、老け顔になるだけでなく、たるみが黒目に覆いかぶさり、視界を狭めてしまうという「眼瞼下垂」を引き起こすことがあります。

二重整形の専門クリニックでは、眼瞼下垂に対しても治療が施せるため、気になる方は早めに受診しましょう。