アイプチを使用しても二重にならないケースもあります


アイプチは自分で二重ラインが作れるというメイク道具ですが、アイプチを使っても二重になりにくいまぶたもあります。

アイプチはまぶたの皮膚を糊で留めて二重ラインを作るのですが、まぶたの脂肪が多い場合は、うまく糊が貼り付かず、キレイな二重にならないことがあります。

まぶたの脂肪が多い方は、まぶたの脂肪をスッキリさせることが先決でしょう。

まぶたの脂肪の量が多いとアイプチでも二重になりにくいことがあります

キレイな二重ラインを作るためには、まぶたの内側にある筋肉の付き方だけでなく、まぶたの脂肪の量やまぶたの皮膚の量、まぶたの皮膚の厚みなどが影響します。

アイプチは糊を使って、自分でまぶたの皮膚を貼り付けて固定し、二重ラインを作るというメイク道具です。

自分で簡単に使える手軽さが魅力の商品ですが、アイプチを使用しても、まぶたの脂肪の量が多い場合には、上手に二重ラインを作ることが難しいケースがあります。

天然の二重の方の場合でも、まぶたの脂肪の量が多い場合は、二重ラインの上にまぶたの皮が覆いかぶさるようになり、二重ラインがハッキリと出ずに奥二重のように見えてしまうことも少なくありません。

まぶたの脂肪が多く、まぶたが腫れぼったく見えるようなタイプの方は、まずはまぶたの脂肪をスッキリさせるような取り組みからスタートしてみてはいかがでしょうか。

また、まぶたの脂肪をスッキリさせるには、スポーツやダイエットで脂肪を落とすことをおすすめします。

そうしてまぶたの脂肪の量が落ちると、まぶたにシワが入れやすくなるため二重ラインがキレイに出やすくなるでしょう。

まぶたのむくみが強い場合にも二重ラインは出にくくなります


二重ラインが出にくいという方の場合、まぶたの脂肪の量だけが原因ではないことも多くあります。

まぶたの皮膚は体の中でももっとも薄いため、体のほんの少しの変化も顕著に表れるデリケートな部分です。

水分や塩分を摂りすぎたり、ストレスで代謝が落ちたりして老廃物がうまく排出されていない場合、血行が悪くなり水分がうまく排出されていない場合などは、まぶたはむくみやすくなります。

むくんだまぶたはアイプチでは二重ラインが上手に作れないという場合も多いものです。

また、二重ラインがある場合でも、ラインより上のまぶたがむくんでラインに覆いかぶさってしまうというケースもあります。

まぶたのむくみにはまぶたのマッサージがよいという情報もありますが、まぶたは前述したように非常に薄くてデリケートなため、上手にマッサージできない場合は、反対にダメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。

血行を促すことが目的であれば、たとえば電子レンジでぬるく温めたホットタオルを使うなどの方法がおすすめでしょう。

まぶたを閉じて温めたホットタオルを置くとまぶたの血行が促進され、むくみ解消効果につながります。

リラックス効果も期待できますから、疲れたときに利用してみるのもよいでしょう。

脂肪の多いまぶたでも二重整形であれば理想的な二重が手に入るでしょう

まぶたの脂肪が多く、アイプチではキレイな二重が作りにくいと悩む方は多いものです。

しかし、まぶたの脂肪が多い方の場合でも、二重整形の施術を行うことで、スッキリとしたまぶたを手に入れることができるでしょう
二重整形の施術とは、単に二重ラインを作るというだけのものではありません。

二重ラインを作ると同時に、まぶたの脂肪の量やまぶたの皮膚の量を調整、またまぶたの皮膚のたるみを改善するなどを行い、目元に関する悩みを解消することが期待できます。

アイプチで作る二重ラインは、メイクの度に作る手間や時間がかかったり、また左右対称にならなかったり、自分の目に似合う二重ラインができないなどの悩みがつきものです。

二重整形の専門クリニックであれば、そういった悩みを医師とともに解決することができるでしょう。

なぜなら、自分の目の形や顔全体のバランスを考慮しながら、一番似合う二重の形を作りあげることができると言われているからです。

二重整形の施術で手に入れた二重は、アイプチの二重とは異なり、水に濡れても取れる心配や、ノーメイクの時に二重がなくなってしまうこともありません。

二重整形後、ノーメイクでも自信が出るようになる方も少なくないでしょう。

(まとめ)アイプチを使っても二重にならないこともある?

1.アイプチを使用しても二重にならないケースもあります

アイプチを使用しても二重ラインが作りにくいまぶたがあります。

まぶたの脂肪の量が多い場合は二重になりにくいため、まずはまぶたの脂肪をスッキリさせることが先決です。

2.まぶたの脂肪の量が多いとアイプチでも二重になりにくいことがあります

まぶたの脂肪の量が多い場合には、アイプチで二重ラインを作りたいと思っても、上手に仕上がらないケースがあります。

また、まぶたの脂肪が多いと皮膚が折り畳まれにくくなるため、まずはまぶたの脂肪の量を落とす取り組みからはじめてみましょう。

3.まぶたのむくみが強い場合にも二重ラインは出にくくなります

水分や塩分、老廃物などがうまく体の外へ排出できない場合、まぶたにむくみとなって現れるのです。

まぶたがむくんでいると、アイプチでもキレイな二重ラインが作りにくくなります。

ホットタオルでまぶたの血行を促進し、むくみ解消に取り組みましょう。

4.脂肪の多いまぶたでも二重整形であれば理想的な二重が手に入るでしょう

二重整形の施術では、二重ラインを作ると同時にまぶたの脂肪を除去したり、たるみやまぶたの皮膚の量を調整したりすることが可能と言われています。

理想的な目元を客観的に判断することができ、自分に似合う二重を手に入れることができるでしょう。