アイプチの長期使用で眼瞼下垂になる可能性があります


眼瞼下垂とは、まぶたの皮膚が伸びたりたるんだりすることで、黒目が隠され視界が狭くなってしまうという症状のことを言います。

アイプチを長期間使用することでまぶたの皮膚が伸びてしまうと、伸びた皮膚がたるんで眼瞼下垂を引き起こしやすくなるとされています。

そのため、アイプチを使用の際には注意が必要になるでしょう。

アイプチの使用でまぶたの皮膚が伸びて眼瞼下垂になることがあります

手軽に比較的手に入りやすい価格で二重ラインを自分で作れることを便利だと感じる方は多いものです。

あまり知られていませんが、アイプチには、さまざまなまぶたへの影響が起こる可能性があると言われています。

アイプチは糊でまぶたの皮膚を貼り止めるものなので、その糊にかぶれたり、アレルギー反応を起こしたりしてしまうことがあるのです。

かぶれてダメージを受けた皮膚は厚みを増して腫れぼったくなり、より一重の状態を強くしてしまうおそれがあります。

とくに、肌の弱い人やアトピーを持っている方は注意が必要です。

長時間かつ長期間アイプチを使用することで、まぶたの皮膚は常に引っ張られているため、皮膚が伸びてしまい、アイプチをとるとまぶたがたるむようになることもあります。

たるんだまぶたは黒目にも覆いかぶさるようになり、視界を遮り「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と呼ばれる状態を引き起こすことも考えられるでしょう。

眼瞼下垂になると、視界が遮られてしまうため、目が無意識のうちに大きく開こうと力を入れるため、ストレスがかかり頭痛や肩こりを起こしてしまいがちです。

目元のたるみは老けた印象を与えるなど外見上にも大きな影響を与えます。

まぶたの皮膚のたるみには、二重整形クリニックでの施術が効果的です


二重整形のクリニックというと、二重ラインを作るだけのイメージを持っている方もいますが、二重整形の専門クリニックで受けられる施術はそればかりではありません。

眼瞼下垂のようなまぶたのたるみを除去したい、まぶたの開き具合を変えたい、目の下のシワをとりたいなど、目元のあらゆる悩みに対処できるような施術法が多くあります。

眼瞼下垂の場合は、軽度の場合はメスを使用しないでまぶたの裏側から皮膚を縫い止める埋没法という施術法で対処することが可能と言われています。

まぶたのたるみが強く出ている場合は、眉下切開法などでまぶたの一部を切開し、たるみを除去する施術法が有効でしょう

まぶたのたるみをケアするまぶたマッサージがあるという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

しかし、まぶたの皮膚は非常に薄くてデリケートなため、マッサージが反対に強すぎる刺激になってしまうこともあり、行う場合は注意が必要です。

まぶたの皮膚は一度たるんでしまうと、ケアすることである程度回復することもありますが、完全に元通りにすることは難しいでしょう。

まぶたのたるみに悩む方は二重整形のクリニックでの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

まぶたの状態が知りたい場合は、無料相談を活用しましょう

目元は、目の形やまぶたの皮膚の量、皮膚の厚み、まぶたの脂肪の量などさまざまな原因が重なり合って、人それぞれ異なるものです。

そのため、目元に関する悩みもそれぞれに違ってきます。

一口に「二重にしたい」と言っても、二重ラインの幅や形の好みも施術を受ける方によって理想形が異なり、またその方の顔立ちに似合うものも変わってくるでしょう。

自分の目元の悩みに対して、どのようにアプローチしたらよいのかわからないという場合は、二重整形の専門クリニックで相談してみましょう。

二重整形のクリニックによっては、無料相談の窓口を設けているところもあり、目元の状態のチェックや、施術にかかる見積もりを算出してくれるところもあります。

クリニックの雰囲気を知ることができるよい機会にもなるため、無料相談を積極的に活用することがおすすめです。

目元は顔の印象を大きく左右すると言われています。

低料金ということだけで判断するのではなく、高い技術力や実績、適正な価格などを基準に、安心できるクリニックを選ぶことが大切です。

(まとめ)アイプチの使用で眼瞼下垂になる可能性がある?

1.アイプチの長期使用で眼瞼下垂になる可能性があります

アイプチの長期間の使用は、まぶたの皮膚が伸ばされ、伸びた皮膚がたるむことにより、眼瞼下垂を引き起こしてしまうことがあります。

手軽に自分で二重が作れるとして利用者の多いと言われているアイプチですが、使用する場合は注意が必要です。

2.アイプチの使用でまぶたの皮膚が伸びて眼瞼下垂になることがあります

アイプチは手軽にできますが、まぶたへの影響があり、そのうちの1つにまぶたの皮膚が伸ばされてたるみ、眼瞼下垂を引き起こしやすくなるというものがあります。

眼瞼下垂は視界が狭くなるほか、肩こりや頭痛を起こしやすく、外見上にも影響を与えるでしょう。

3.まぶたの皮膚のたるみには、二重整形クリニックでの施術が効果的です

まぶたのたるみ対策としてマッサージがありますが、まぶたの皮膚にかえってダメージを与えてしまうことも多いものです。

たるみを除去したい場合には、二重整形の専門クリニックでの施術をおすすめします。

4.まぶたの状態が知りたい場合は、無料相談を活用しましょう

目元に悩みがある方は、二重整形の専門クリニックで相談してみましょう。

無料相談を受け付けているところもあり、あらかじめ雰囲気を知るためにも積極的に活用することをおすすめします。

技術力や実績のある、安心できるクリニックを選びましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔