アイプチとアイテープの取り方には慣れが必要です


アイプチとアイテープの上手な取り方をマスターするためには、慣れが必要になります。

どちらも安価でさまざまな店で売られているため手に入れやすく、使った経験がある方も多いですが、取り方が難しいとも言われています。

アイプチとアイテープは手軽に二重まぶたにできるアイテムですが、取り方によっては肌を傷つける原因になることがあるため注意が必要です。

目元の皮膚はとてもデリケートな部分のため、取り方を間違えると肌が荒れて人目につきやすくなります。

アイプチの取り方はこすらないのが基本です

アイプチの取り方の基本は、絶対にまぶたの皮膚をこすらないことです。

まぶたの皮膚は他の箇所に比べても敏感になっているため、皮膚を強くこすると思わぬ肌トラブルを招く恐れがあります。

アイプチを取る時は次の方法を参考にして、まぶたの皮膚に負担をかけないようにしましょう。

水やぬるま湯でアイプチをふやかす取り方

アイプチは液体をまぶたの皮膚に塗り、ひだを作って二重まぶたをキープします。

液体は糊タイプになっているため、落とす時は水やぬるま湯でアイプチをふやかすという取り方がおすすめです。

コットンまたはティッシュに水やぬるま湯をたっぷり含ませ、それを1分以上目元に当てるとアイプチがふやけて浮き上がってきます。

アイプチがふやけてきたら、まぶたの皮膚を強くこすらないように気をつけながら拭き取りましょう。

クレンジングで落とす取り方

アイプチと一緒にアイメイクをしている場合は、水やぬるま湯ではメイクが完全に落ちないことが考えられます。

普段使用してるクレンジングを使って、メイクと一緒にアイプチを落としましょう。

クレンジングには、オイルタイプ・リキッドタイプ・ミルクタイプ・シートタイプなどがあります。

アイプチとメイクを同時に落とすには、洗浄力がもっとも強いオイルタイプのクレンジングが適しているでしょう。

ただしオイルタイプのクレンジングは洗浄力が強い分、肌が必要とする油分まで洗い流してしまいがちです。

アイプチ専用のクレンジングもありますが、いずれもデリケートなまぶたに使用し続けると皮膚が乾燥し、肌質によっては肌トラブルを招きます。

アイテープの取り方のコツは優しく剥がすことです


アイテープの取り方もアイプチと同様に、まぶたの皮膚に負担をかけないようにすることが大切です。

液体やリキッドタイプのアイプチのようにクレンジングで落とす必要はなく、手軽さが人気ですが、取り方を誤ると肌が荒れる原因になります。

アイテープの取り方はとてもシンプルで、水やぬるま湯を含んだコットンまたはティッシュをまぶたに押し当て、テープが浮いてきたら剥がします。

取り方は比較的簡単なのですが、剥がす時に皮膚に爪を立てたり、引っかいたりすると、まぶたの皮膚が荒れることがあります。

また剥がす時にどうしても皮膚を引っ張ることになるため、まぶたの皮膚が伸びてしまう原因になると言われています。

一度伸びてしまったまぶたをセルフケアでもとに戻すのは難しく、美容外科クリニックで二重整形の施術を行ってもよいでしょう。

まぶたの皮膚に違和感がある時は使用をやめましょう

まぶたの皮膚は刺激に弱く、乾燥しやすい部分でもあるのでアイプチやアイテープの連続使用により肌が荒れたり、皮膚がたるんだりすることがあります。

使用する際に少しでも刺激や異変を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

目元の肌トラブルは人の目に触れやすいため、ほんの少しの肌荒れでも見た目の印象が大きく左右されてしまいます。

きれいな二重まぶたになりたいという願望は、女性であれば誰もが持つものです。

しかしそれによって目元の印象を損なってしまったのでは、意味がありません。

くっきりとした二重まぶたを作るのであれば、美容外科クリニックでの二重整形の施術を受けることが確実な方法でしょう。

カウンセリングをした上で施術を行うため、信頼できる環境で理想的な二重まぶたを作ることが期待できます。

(まとめ)アイプチとアイテープの取り方は簡単?

1.アイプチとアイテープの取り方には慣れが必要です

アイプチとアイテープは二重まぶたを作るための手軽なアイテムですが、一方で取り方が難しいと言われることもあります。

目の周りの皮膚はデリケートなため、取り方を間違えると肌トラブルの原因となって人目につきやすいでしょう。

2.アイプチの取り方はこすらないのが基本です

アイプチの正しい取り方は、まぶたの皮膚を絶対にこすらないことです。

まぶたの皮膚は敏感なため、強い刺激で肌トラブルを起こすことがあります。

コットンなどに水やぬるま湯を含ませ、優しくこする取り方と、クレンジングで洗い流す取り方があります。

3.アイテープの取り方のコツは優しく剥がすことです

アイテープは液体やリキッドタイプのアイプチと同じく、まぶたの皮膚に負担をかけないように注意して取りましょう。

皮膚に爪を立てたり、引っかいたりすると肌トラブルを起こすことがあり、使用を続けることで皮膚が伸びてたるむリスクもあります。

4.まぶたの皮膚に違和感がある時は使用をやめましょう

アイプチやアイテープの連続使用により、肌荒れや皮膚のたるみを招くことがあります。

二重まぶたを作る比較的安全な方法として、美容外科クリニックでの二重整形が挙げられます。

施術を受けて理想的な二重まぶたを手に入れましょう。

運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔