奥二重の人がアイプチで二重まぶたにできないと言われるのはムリな二重ラインを作ってしまうためです


奥二重の人がアイプチで二重まぶたを作ろうとしても、うまく二重まぶたが作れないと言われることがあるのは、自分に合わないムリな二重ラインを作ろうとするためです。

実際には二重であるにも関わらず、一重に見えてしまう奥二重タイプは構造上、アイプチできれいな二重のラインを作りづらいことがあります。

二重まぶたは目元に華やかな印象を与えてくれるものですが、アイプチで自分のまぶたに合わない二重まぶたを作ろうとしても不自然に見えてしまう可能性もあるのです。

自分に合った二重まぶたを作るには、美容外科クリニックでの二重整形が安心でしょう。

アイプチでは幅の広い二重ラインが作りにくいことを知りましょう

手軽に二重まぶたを作れるため、アイプチを普段から愛用している女性は多いですが、そもそもアイプチは幅の広い二重ラインを作るのに適していません。

アイプチはまぶたの皮膚を液体の糊でくっつけて二重まぶたを作りますが、はっきりとした二重まぶたにしようとして二重の幅を広く取り過ぎてしまうと、不自然な印象になりがちです。

また奥二重は二重のラインがまぶたの皮膚の内側にあるため、アイプチでは二重まぶたを作りづらいという問題点があります。

アイプチを使うとつい二重の幅を広めに取りたくなりますが、まばたきをしてもあまり動きがない部分はもともと皮膚をうまく折り畳むのが難しい場所です。

ムリに二重の幅を広くすると接着面が少なくなり、二重のラインが取れやすくなります。

まぶたを閉じても目が完全に閉じないため、人に不自然な印象を与えることにもなりかねません。

アイプチには専用のプッシャーが付属していますが、二重ラインを際立たせるためにプッシャー以外の先の鋭いものなどを使うことはやめましょう。

まぶたの皮膚はとても敏感なので、少しの刺激でダメージを受けてしまいます。

奥二重の構造について理解しましょう


奥二重の人がきれいな二重まぶたになるためは、まず奥二重の構造について知っておいた方がよいでしょう。

ただ理想だけを追い求めていたのでは、ご自身に似合う二重まぶたになることは難しくなります。

奥二重がどんな構造なのかを理解した上で、二重まぶたになるための取り組みをしていきましょう。

まぶたは上眼瞼挙筋という筋肉によって引っ張られ、まぶたを開けるという動作を行います。

この筋肉は他のさまざまな部分とつながっていますが、通常の二重まぶたは上眼瞼挙筋の引っ張る力で皮膚を折り畳み、二重まぶたを形成します。

奥二重は二重の幅が極端に狭くなっているため、皮膚が折り畳まれてもまぶたの内側に隠されて見えづらくなっています。

目尻のあたりにわずかに二重のラインが見えますが、一重まぶたのような印象を与えることが多いです。

奥二重の人がアイプチで二重まぶたを作るには、使用前に皮膚に残っている余分な脂などを拭き取ってから使うのがよいとされています。

拭き取りによってアイプチの接着力が増すと考えられますが、二重まぶたを作る完璧な方法とは言えません。

二重まぶたになるためには根本的な解決をしなければ、悩みがなくなることはないでしょう。

二重整形で奥二重の悩みを解消できるでしょう

奥二重の人がアイプチを使用すると二重まぶたになることもありますが、あくまでも一時的なものに過ぎません。

アイプチには長い間使用を続けることで、まぶたの肌荒れや炎症などが起こるリスクもあります。

日々悩みを抱えているのであれば、美容外科クリニックでの二重整形を検討してみましょう。

奥二重に向いている二重整形の施術には、埋没法と切開法の2つの方法があります。

どちらの施術がよいか、医師とよく相談しましょう。

埋没法

プチ整形としても知られる埋没法はまぶたの脂肪が少ない人向けで、メスの代わりに医療用の糸を使って施術を行います。

皮膚を切らないので、まぶたの腫れがほとんどないというメリットがあります。

切開法

まぶたの脂肪が多い人は、切開法が向いていると言われています。

メスで皮膚を切る必要があるので埋没法よりは腫れが出やすいですが、より印象の強い二重まぶたを作ることが期待できるでしょう。

(まとめ)アイプチできれいな奥二重ができないのはなぜ?

1.奥二重の人がアイプチで二重まぶたにできないと言われるのはムリな二重ラインを作ってしまうためです

奥二重の人がアイプチで二重まぶたを作ろうとすると、不自然な印象になるでしょう。

上手に二重まぶたを作るには、自分に合った二重のラインを知ることが大切です。

美容外科クリニックで二重整形の施術を受けることで自分に合った二重まぶたになれるでしょう。

2.アイプチでは幅の広い二重ラインが作りにくいことを知りましょう

アイプチを愛用している女性はとても多いですが、アイプチでは幅の広い二重ラインを作りづらいという問題があります。

奥二重の人はまぶたの皮膚に埋もれた二重のラインを引き出すために、アイプチでムリに二重の幅を広く取ってしまいがちです。

3.奥二重の構造について理解しましょう

奥二重の人が理想的な二重まぶたを目指すには、奥二重の構造について知っておきましょう。

アイプチでは幅の広い二重ラインを作るのが難しく、奥二重の根本的な解決策にはなりません。

4.二重整形で奥二重の悩みを解消できるでしょう

アイプチでは一時的な二重まぶたを作れても、根本的な悩みを解決することはできません。

奥二重の悩みを解消したいと考えるのであれば、美容外科クリニックで二重整形の施術を受けてみてもよいでしょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔