アイプチをつけてそのまま寝るのは肌トラブルの原因です


アイプチは簡単に二重まぶたを作れるという理由から女性の関心を集めていますが、アイプチをつけてそのまま寝ると、肌トラブルやまぶたのたるみを引き起こすことがあります。

中にはつけてそのまま寝るという使い方をするアイプチもありますが、肌への負担が懸念されるため、長期間にわたっての使用はおすすめできません。

アイプチは一時的に二重まぶたにするにはとても便利なものですが、永久的に二重まぶたを作るものではないことを理解した上で使用しましょう。

アイプチをつけたまま寝るとまぶたにダメージが蓄積されます

アイプチをつけてそのまま寝ると二重まぶたになりやすいと言われることがあるのは、長時間つければつけるほど、まぶたが癖づけされて二重になりやすいと考えられるためです。

しかしまぶたの皮膚はとても薄いので、アイプチをつけている負担に長く耐えられるほど強くはありません。

自分は敏感肌ではないと思っている方でも、まぶたの部分だけはデリケートに作られています。

アイプチは糊のような液体やリキッドでまぶたの皮膚を貼り合わせて、二重まぶたのラインを作ります。

この液体には、アクリル系接着剤やポリ系接着成分、ラテックスという天然ゴムなどが使用されますが、これらを長時間貼り続けることで皮膚呼吸ができなくなるでしょう。

まぶたが腫れる・赤くなる・かゆい・乾燥する・皮膚が剥がれ落ちるなどの症状があれば、アレルギーを起こしていると考えられます。

アイプチで一度でもアレルギー症状が出ると、次に使用する時も高い確率でアレルギー症状が出るでしょう。

アレルギー反応とは、アレルギーを起こす原因が外からの侵入者と見なして攻撃するものです。

そのためアイプチでアレルギーを起こしたことがあると、その後も使用するたびに免疫機能がアイプチを身体に害のあるものと判断し、アレルギー症状を起こします。

長時間のアイプチ使用はリスクが伴うことを覚えておきましょう。

アイプチをつけてそのまま寝ることでまぶたのたるみを引き起こすことがあります


アイプチをつけてそのまま寝ると、まぶたの皮膚が引っ張られた状態になることでたるんでくることがあります。

まぶたのたるみは眼瞼下垂とも呼ばれますが、たるみを解消するような化粧品を使ったとしても、たるんでしまったまぶたを自分でもとに戻すことは困難です。

皮膚が伸び切ってたるんでしまったまぶたは眠そうな印象を与えるなど、美容的な観点から女性にとっては好ましくない状態を招くでしょう。

それだけではなく、黒目に被さるように上のまぶたが垂れ下がってしまうので、視野が狭くなるというリスクもあります。

また健康面においても、視力の低下・頭痛・肩こりなどの原因となる可能性が指摘されているのです。

眼瞼下垂になる多くの理由は、加齢によるおでこなど顔面の皮膚が下に垂れてしまうことと考えられます。

しかしまだ年齢が若い人の間でも、アイプチの長時間使用による眼瞼下垂を発症している人がいるといいます。

アイプチでまぶたがたるんでしまったら美容外科に相談しましょう

アイプチの使いすぎでたるんでしまったまぶたを自力でもとに戻すことは難しいですが、美容外科クリニックでの二重整形でたるみを解消することが望めるでしょう。

二重整形というと一重まぶたを二重まぶたにするイメージが強いかもしれませんが、まぶたのたるみをなくすにも二重整形は効果的な方法です。

まぶたのたるみが進んでいる場合は、切開法という施術で二重整形を行います。

切開法はメスで余分な皮膚や脂肪を取り除いて、たるみのないすっきりとした印象のまぶたを作り上げる方法です。

まぶたを切るのに抵抗がある場合や、たるみがそれほど強くない場合は、メスで切らない埋没法という施術を行うこともあります。

いずれの施術もまぶたのたるみの解消が期待できるのです。

医師とよく相談した上で、自分に合った施術を選択しましょう。

(まとめ)アイプチをつけてそのまま寝るのはよくない?

1.アイプチをつけてそのまま寝るのは肌トラブルの原因です

アイプチは手軽さから女性の関心を集めていますが、つけてそのまま寝ると肌トラブルやまぶたのたるみの原因になるでしょう。

つけた状態でそのまま寝ると二重まぶたになるというアイプチもありますが、肌の負担を考えると長時間の使用はおすすめできません。

2.アイプチをつけたまま寝るとまぶたにダメージが蓄積されます

アイプチをつけてそのまま寝ると二重まぶたになりやすいと言われることがありますが、アイプチの長時間使用はアレルギー症状の原因となります。

アレルギー反応は一度でも起きると、次にアイプチを使った時にも肌トラブルを引き起こす可能性が高いでしょう。

3.アイプチをつけてそのまま寝ることでまぶたのたるみを引き起こすことがあります

アイプチを剥がさずにつけてそのまま寝るとまぶたの皮膚が伸び切ってしまい、眼瞼下垂を引き起こすことがあります。

眼瞼下垂は見た目の印象が変わってしまうだけでなく、健康面においても視力の低下や頭痛の原因となるでしょう。

4.アイプチでまぶたがたるんでしまったら美容外科に相談しましょう

アイプチを使い過ぎたことによるまぶたのたるみは、セルフケアでは解消するのが難しいです。

美容外科クリニックでの二重整形は、切開法または埋没法によってまぶたのたるみを改善することが見込めます。

医師と相談した上で、自分に合った施術を選びましょう。