アイプチがダマになるのはアイプチの付けすぎによるものです


アイプチがダマになる一番の原因は、アイプチの液体をまぶたに多く塗りすぎてしまうことによるものです。

はっきりとした二重まぶたを作りたいと願うあまりに、アイプチの液体を塗りすぎるとダマになることがあります。

アイプチのダマができたまぶたでは自然な印象のまぶたにならないばかりか、アイプチを使って失敗したことが周囲に伝わってしまうでしょう。

ダマならないように、薄くムラなく塗るのがアイプチを上手に使うコツです。

アイプチを厚く塗りすぎると乾くのに時間がかかってしまい、ヨレてきれいな二重まぶたが作れなくなるでしょう。

アイプチの使い方にはコツがあります

アイプチは二重まぶたになりたいという願いをすぐに満たしてくれるので便利ですが、使い方にはコツがあります。

ダマになったりヨレたりと、アイプチをうまく使いこなせない場合は、アイプチの使い方自体を見直してみてもよいでしょう。

何度か使用して扱い方に慣れてくれば、ダマになることも少なくなります。

余分な皮脂を落としてから使いましょう

アイプチがうまく使いこなせないのは、肌に余分な皮脂が残った状態でアイプチを使用しているせいかもしれません。

顔全体を洗顔する必要はありませんが、アイプチを塗る部分の皮脂は落としてから使用するようにしましょう。

皮脂が残っているせいで粘着力が弱くなり、そのせいでアイプチを塗りすぎている可能性があります。

また皮脂を落とす前にアイプチを使うと、化粧崩れがしやすくなると言われています。

アイプチは薄く付けましょう

アイプチをたくさんつければ二重まぶたを作りやすくなるわけではありません。

付けすぎはダマになる原因となり、乾くのに時間がかかってしまいます。

乾くのが遅いと乾く前にプッシャーで触ってしまう可能性が高くなり、ダマになる原因となりやすいです。

まぶたの皮膚はとても乾燥しやすい部分です


普通肌・オイリー肌・ドライ肌と肌のタイプにはさまざまありますが、まぶたの皮膚に関してはどの肌タイプの人でも敏感肌であることを意識しましょう。

まぶたの皮膚が敏感であるのには理由があります。

顔の皮膚そのものが他の部分と比べて敏感になりがちですが、とくにまぶたの皮膚は薄く、顔のほかの皮膚と比べて1/3ほどの薄さになっています。

非常にデリケートな部分でありながら、まぶたは紫外線の影響を受けやすい位置に存在しています。

また女性にとって目元の印象はとても重要であることから、アイメイクによる負担を受けやすいのも敏感肌になる理由の1つです。

ファンデーション・アイシャドウ・マスカラ・アイライナーなど、アイプチ以外にもまぶたに使う化粧品はいくつもあります。

クレンジングで落とせばアイメイクの影響がなくなるかといえば、そういうわけでもありません。

オイル・ミルク・リキッド・泡など、クレンジングの種類も数多くありますが、クレンジングにより肌が必要とする水分や油分が失われてしまうことがあります。

とくにオイルタイプのものが洗浄力が強いと言われていますが、自分の肌タイプに合ったクレンジングを使用しないと、洗顔する度にまぶたが乾燥することになるでしょう。

二重まぶたになるには二重整形がおすすめです

確実な方法で二重まぶたを作りたいのであれば、美容外科クリニックによる二重整形を検討してみましょう。

アイプチは手軽で親しみやすいアイテムではありますが、二重まぶたの状態をずっとキープするものではなく、その効果は一時的なものに限られます。

またアイプチを使用し続けることでまぶたの皮膚が傷つき、腫れ・赤み・かぶれなどを生じることがあるでしょう。

  • まぶたの皮膚がとくに弱く、肌トラブルを起こしやすい
  • 使うたびにアイプチがダマになるのが煩わしい
  • アイプチにかかる費用がかさんでしまう
  • アイプチでは二重まぶたをうまく作ることができない

このような悩みを持っているのであれば、美容外科クリニックのカウンセリングを受けてみてはいかかでしょうか。

医師による診断で自分に合った二重整形の施術を提案してもらうことができるでしょう。

(まとめ)アイプチがダマになるのはどうして?

1.アイプチがダマになるのはアイプチの付けすぎによるものです

アイプチがダマになる原因でもっとも多いのが、アイプチをまぶたに塗りすぎてしまったためです。

厚く塗りすぎたアイプチは乾きが悪くなり、ヨレて二重まぶたが作れなくなることがあります。

薄くムラなくつけるのがアイプチのダマをなくす方法です。

2.アイプチの使い方にはコツがあります

アイプチはまぶたに大量につければ二重まぶたを作りやすくなるというものではありません。

上手に使うにはアイプチを使用する前にまぶたの余分な皮脂を落とし、アイプチは付けすぎず、薄づけをしてダマができるのを防ぎましょう。

3.まぶたの皮膚はとても乾燥しやすい部分です

肌質のタイプに関わらず、まぶたの皮膚は薄くデリケートな部分だということを意識する必要があります。

まぶたは紫外線や、アイメイク・クレンジングの影響を受けやすく、少しの刺激で乾燥しやすくなるのです。

4.二重まぶたになるには二重整形がおすすめです

確実に二重まぶたを作るのであればアイプチではなく、美容外科クリニックによる二重整形の施術がおすすめです。

施術を受けることで、アイプチでの肌トラブルやダマになるなどの使いにくさから解放されるでしょう。

運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔