目頭の形態は、二重まぶたのタイプや目の印象に深く関係しています


日本人の多くは目頭部分に蒙古ヒダがあり、それが二重まぶたのタイプや目の印象を決定づける要素の一つとされています。

そして、目頭切開を行うことで蒙古ヒダを切開して、二重まぶたのタイプを変えたり、目を大きくみせたりすることが可能です。

目頭切開の必要性や切開の長さなどについては、事前によく医師と相談するようにしましょう。

目頭の形態は、目もとの印象に深く関係があります

まぶたの二重には、二つのタイプがあります。

一つは目頭から目尻にかけて徐々に幅が広がっていく末広型で、もう一つは目頭から目尻まで二重の幅が同じ平行型です。

平行型の二重の場合、目尻付近のまぶたが上に持ち上がっているので、目が全体的に大きいという印象を与えます。

平行型の二重まぶたの人気は高いですが、日本人の多くは目頭部分のまぶたが白目の部分である角膜におおいかぶさるようになっているため、末広型の二重まぶたになっていることが多いようです。

まぶたが角膜におおいかぶさるようになっている部分は、蒙古ヒダと呼ばれています。

蒙古ヒダがある目は、可愛らしくやや幼い印象を与えるとされています。

二重整形の際に目頭を切開することがありますが、これは蒙古ヒダを上に押し上げることを目的としていて、目元を大きく見せることができます。

そうすると目頭がくっきりとして、つけ根にあるピンク色の部分、涙丘が見えるので、目元がシャープな印象になり。顔の印象にも変化を与えることができると言われています。

このように、目頭の形態は、二重まぶたのタイプや目の印象に深く関係していると言えるでしょう。

目頭切開で目の横幅を広げ、目を大きくみせることが可能です


目頭が目や二重まぶたの印象に関係していることがわかりましたが、二重整形手術とともに行われることの多い目頭切開とは、どのような手術なのでしょうか。

大人っぽい美しい目の比率は、左右の目と目の間の比率が1:1:1といわれています。

目の位置や全体のバランスが気になるという場合に目頭切開がすすめられるのは、目頭切開なら目を中央に寄せながら、切れ長の大きな目にすることが可能だとされているからでしょう。

目頭切開とは、目頭部分のまぶたが角膜におおいかぶさるようになっている蒙古ヒダを切開することで、目の横幅を広げるというものです。

これによって、ひと回り大きな切れ長の目になると同時に、アイラインの幅や黒目がはっきりと強調されます。

ただし、目頭をどれくらいの長さで切開するかによって目もとの印象が変わるため、切開する長さは事前によく医師と相談するようにしましょう。

理想の目もとのイメージをしっかりと伝えることが大切です。

目頭切開をしなくても平行型の二重まぶたにできる場合があります

前述の通り、蒙古ヒダがあることで日本人は末広型の二重まぶたが多いとされていますが、平行型の二重まぶたも人気が高いです。

平行型の二重まぶたを希望すると、蒙古ヒダを取り除く必要があるように思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

実際、平行型の二重まぶたを持っている日本人の多くが、蒙古ヒダを持っています。

平行型になるかならないかは、蒙古ヒダの有無ではなく、蒙古ヒダの大きさと二重の幅のバランス関係にあるとされています。

蒙古ヒダが小さい人は、目頭切開をしなくても平行型にできることがありますが、蒙古ヒダが大きく発達している人は、目頭切開をしなかった場合、二重の幅をよほど広げなくては平行型にはなりません。

二重の幅はどこまでも広くできるものではなく、限界を超えて広くすると不自然になってしまいます。

そのため、蒙古ヒダが大きい人は、目頭切開が必要と言われています。

また、それほど蒙古ヒダが大きくない場合でも、二重の幅をあまり広くしないで平行型にしたい場合は、目頭切開が必要になります。

このように目頭切開は、必要な場合もありますが、平行型の絶対条件ではなく、二重のデザイン次第では目頭切開をしないで平行型にできるケースもあると言えるでしょう。

目頭切開に不安や心配がある場合は、まずカウンセリングを受けて自分のまぶたは目頭切開が必要かどうか、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)目頭の形が二重まぶたの形に関係する?

1.目頭の形態は、二重まぶたのタイプや目の印象に深く関係しています

目頭の形によって、二重まぶたのタイプや印象は大きく変わるとされています。

日本人の多くには目頭に蒙古ヒダと呼ばれる部分があり、この部分を切開することで、目を大きく見せたり、二重の形を変えたりすることができるのです。

2.目頭の形態は、目もとの印象に深く関係があります

日本人は、目頭部分のまぶたが白目の部分である角膜におおいかぶさるようになっている蒙古ヒダを持っていることが多いとされています。

そして蒙古ヒダがあるかどうか、またその大きさなどが、二重まぶたのタイプや目の印象を決定づけているとされています。

3.目頭切開で目の横幅を広げ、目を大きくみせることが可能です

目頭切開とは、目頭部分のまぶたが角膜におおいかぶさるようになっている蒙古ヒダを切開することで、目の横幅を広げるというものです。

そのため、目頭切開をすることで目を大きくみせることが可能です。

4.目頭切開をしなくても平行型の二重まぶたにできる場合があります

蒙古ヒダがあっても、目頭切開をせずに平行型の二重まぶたにできる場合があります。

目頭切開が必要な場合もありますが、目頭切開は平行型の絶対条件ではなく、二重のデザイン次第では目頭切開をしないで平行型にできるケースもあります。