二重整形の施術後はいくつかの注意点に気を付ければバレにくいです


二重整形の施術を受けた後、周囲の方から気が付かれるというリスクはつきものです。

しかし、施術後の注意点に気を付ければ、周りにバレるリスクを軽減することができます。

具体的には、術後の腫れや内出血が収まるまで人に会わないようにすることや、二重のラインを自然な位置に設定すること、傷跡が残らないようにすることなどが挙げられます。

腫れや内出血を隠せば、二重の整形がバレにくくなる可能性が高いです

キレイになることを目的に行う二重整形の施術ですが、「周囲にバレてしまったらどうしよう」と前に踏み出せない方もいると思います。

二重に整形するということは、以前の目元とは大きく印象が変わる可能性が高くなります。

もちろんそのための施術なわけですから、施術を受けるご本人もそれは承知の上でしょう。

つまり、二重に整形したことがバレるリスクは必ず付きまとうものと考えた方が良いです。

しかし、施術後にいくつかの注意点に気を付ければ、そのリスクを大幅に軽減することが可能になります。

まず、二重整形の施術を受けると、施術の内容や個人差はありますが、腫れや内出血の症状が現れることがあります。

腫れや内出血は、大半の方が数日~1週間程度で収まると考えられますが、腫れぼったいまぶたの人の場合は、治るのに3週間程度かかることもあります。

腫れや内出血を起こしていることに気が付かれてしまうと、二重の整形を行ったこともバレてしまう可能性が高くなるため、腫れがおおよそ収まるまでは人に会わないようにするのがベターです。

また、少し腫れや内出血が残っていたとしても、メイクで隠すことが可能な程度だと考えられます。

メイクでごまかすことで、全く気が付かれなかったというケースも多くみられるそうです。

二重の整形をバレにくくするにはコツがあります


二重の整形がバレにくくするには、腫れや内出血を隠す以外にもいくつか方法があります。

ここでは、二重の整形を周囲になるべくバレにくくするコツをご紹介します。

二重のラインを自然な位置にする

もともと腫れぼったい一重の人が、ある日突然ぱっちり二重になっていたら、周囲の人に不自然に思われる可能性があります。

一重の人が二重整形を行うのであれば、奥二重のラインなどに設定することで自然な印象になります。

あまり大幅にラインの位置を替えるようなことはしないことがポイントです。

傷跡が残らないようにする

二重の整形は、施術によっては術後に傷跡が付く場合があります。

しかし、この傷跡は時間の経過とともに治すことが可能です。

傷跡を目立たせずに治していくことで、周囲にバレるリスクが軽減します。

傷の部分を乾燥させないことや傷を刺激しないこと、日焼けしないことなどがポイントです。

大きくイメージチェンジする

二重の整形を行うと同時に、髪形やファッション、メイクなども併せてイメージチェンジすることで、目元への意識を逸らすことができます。

例えば、眼鏡からコンタクトに変える、前髪を下したヘアスタイルにする、アイメイクを派手にするなどの方法があります。

二重に整形することで得られるメリットは多いです

二重に整形したことがバレたらどうしようとお悩みの方は多いですが、そもそも美容整形を行うこと自体が、それほど特別なことではなくなってきているという話もあります。

特に二重の整形は、メイク感覚で行う方も増えているようです。

信頼できるクリニックで行えば、心配している術後の症状などもさほど気にならないでしょう。

また、二重に整形することで得られるメリットは決して少なくありません。

たとえば、腫れぼったい一重まぶたは、どうしても印象が暗くなりがちです。

二重になることでコンプレックスを解消すれば、気持ちまで明るくなれるといいます。

二重の整形では後悔しないことがポイントとなりますから、医師のカウンセリングを元に理想の目元を叶えることが大切です。

さらに、メイクの幅が広がるという話もあります。

一重まぶたの人は、目を大きく見せるためのメイクに意識が向いてしまいがちです。

しかし、二重になることで自由にメイクを楽しめるようになり、アイカラーやアイラインによってイメージを変えることも可能になります。

二重まぶた用化粧品を使う手間も省けるでしょう。

(まとめ)二重に整形したことをバレにくくするには?

1.二重整形の施術後はいくつかの注意点に気を付ければバレにくいです

二重に整形するかどうか迷っている方の多くは、周りから施術を受けたことに気が付かれるのではという心配を抱いていると思います。

術後の腫れや内出血、不自然なライン、傷跡などに気が付かれなければ、二重の整形がバレにくくなる可能性も高まります。

2.腫れや内出血を隠せば、二重の整形がバレにくくなる可能性が高いです

二重に整形すると、腫れや内出血が起こることがあり、その症状に気が付かれると施術を行ったことがバレてしまう可能性があります。

しかし、大きな腫れや内出血が収まれば、化粧で隠すことは十分できますから、バレてしまう可能性を下げることはできます。

3.二重の整形をバレにくくするにはコツがあります

二重の整形がバレないようにするには、いくつかコツがあります。

まず、二重のラインを大幅に変えないことがポイントです。

ほかにも、傷跡を目立たせないように治していくことや、大きくイメージチェンジを行うことなども有効と言えるでしょう。

4.二重に整形することで得られるメリットは多いです

二重まぶたの整形はだんだんと一般的なものになってきています。

二重に整形することで得られるメリットは多く、特に、コンプレックスが解消されることによる気持ちの変化が大きいといわれています。

また、二重になることでメイクの幅も広がることでしょう。