まぶたが重いという悩みは二重整形で改善できる可能性があります


二重整形は、まぶたを単に二重にするだけでなくボリューム調整をしたり目を大きくしたりなど、まぶたのさまざまな悩みを同時に解決できるとされています。

そのため、まぶたが重いという悩みを抱えておられるなら、脂肪除去の施術を併用してまぶたを軽くして二重整形を行うのがおすすめです。

まずは信頼できるクリニックを見つけてカウンセリングを申し込み、まぶたの診断や適した施術方法のアドバイスなどを聞いてみましょう。

二重整形と同時にまぶたの厚み調整ができることがあります

分厚くて重いまぶたがコンプレックスの場合、二重整形と同時にまぶたの厚み調整を行う施術がおすすめです。

厚み調整をするに当たって大切なのは、まぶたのどの組織を切除するのが効果的なのかを判断することでしょう。

これについては、クリニックで専門家に診てもらうことが必要です。

一般的に行われている方法としては、まぶたの脂肪除去が挙げられます。

新しく作りたい二重ラインに沿って切開し、そこからまぶたの内側についている脂肪組織を丁寧に除去します。

まぶたが薄くなる分、皮膚が余ってしまうことがあるので、たるみ除去を同時に行う場合も多いでしょう。

そして、まぶたの内部処理や余った皮膚の処理をしてから、切開した部分を丁寧に縫合します。

このような施術をおこなうことで、二重ラインを整形すると同時にボリュームダウンしたすっきりしたまぶたを手に入れることができるのです。

まぶたが重いとアイメイクをしても映えにくく、返って重みが増してしまうこともあります。

そのため、アイシャドーを使えずにいるという女性もいらっしゃるでしょう。

二重整形で目をぱっちりとさせて同時に厚み調整をすることで、すっきりとした目元を手に入れてみてください。

まぶたの厚みが軽いなら、プチ整形で二重にできることがあります


まぶたの脂肪除去をして厚みを改善したい場合、まぶたを切開する施術が向いていると考えられるでしょう。

しかし、まぶたの厚みはそれほどでもなく、二重整形するだけで良いのであれば、メスを使わないプチ整形が有効な場合があります。

メスを使わないプチ整形は「埋没法」と呼ばれ、まぶたを糸で留めるだけの簡単な二重整形です。

埋没法で使う糸は、髪の毛よりも細い医療用のものです。

以前よりも技術が向上しているため、目をつぶった時に外側から糸の存在がわかることはほとんどなく、整形と気づかれにくいといえます。

埋没法は糸で1か所~数か所留めるだけですから、簡単な場合ですと10分程度で終わってしまうことが多いです。

切開しないため、施術時にまぶたに負担がかかりにくく、術後の腫れも少ないという特徴があります。

場合によっては、週末の土日を活用して施術の計画を立てることもできるでしょう。

埋没法ですと切開法のようにまぶたの脂肪を除去することはできなくても、目元を二重に変えるだけで、目が大きくぱっちりとなり、明るい印象に変化するケースは多いです。

埋没法を希望する場合は、まずカウンセリングを受け、まぶたの状態が埋没法に向いているかどうかを診てもらいましょう。

希望のイメージに近くなる施術方法を選びましょう

単に二重整形といっても、さまざまなデザインがあります。

もともとの目の形にもよるのですが、一般的に、二重幅を広くとると、くっきりとした外人のような二重になることが多いです。

また、二重幅を狭めにすると、ナチュラルで知的なイメージになることが多いです。

さらに、目頭から目尻にかけて二重幅を平行にするか、変化を付けるかでも印象が変化します。

二重幅が平行だと外人風のくっきりとした二重になりやすく、目頭から目尻にかけて幅が広がるデザインだと、よりナチュラルになりやすい傾向にあります。

カウンセリング時には、なりたい二重のデザインをあらかじめイメージし、理想とする写真があるなら持参するのもいいでしょう。

その上で、自分のまぶたを理想に近づけるためにはどのような施術方法が向いているかアドバイスを受けましょう。

(まとめ)重いまぶたの悩みは二重整形で解決できる?

1.まぶたが重いという悩みは二重整形で改善できる可能性があります

二重整形と聞くと、ただまぶたを二重にするだけかと思いがちですが、同時にまぶたの厚みを調整してすっきりさせる施術も行われることが多いです。

二重にすると同時にまぶたのさまざまな悩みを解消できる可能性が高いので、積極的に検討してみましょう。

2.二重整形と同時にまぶたの厚み調整ができることがあります

まぶたが重い場合、二重整形で目をぱっちりさせると同時に、脂肪除去などを行ってまぶたのボリューム調整をすると、重みが改善される可能性が高いです。

まぶたがすっきりすると明るい印象になることが多いです。

3.まぶたの厚みが軽いなら、プチ整形で二重にできることがあります

まぶたを糸でとめる埋没法は、脂肪除去などはしにくいですが、切開せずにまぶたを二重にするため腫れが少なく、気軽に受けられるといえるでしょう。

一重の場合や二重ラインが狭い場合、二重整形するだけで目元が明るい印象になることが多いです。

4.希望のイメージに近くなる施術方法を選びましょう

二重にはいろいろなデザインがあります。

二重幅を広めにとるか狭めにとるか、平行にするか末広がりにするかで、印象や自然さに違いが出てきます。

カウンセリング時には自分の理想のデザインをドクターに伝え、適した施術方法について聞いてみましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔