寝不足の場合にまぶたが二重に見えるのは、筋肉の緊張と血行の悪化が原因です


寝不足で疲れているときに、急にまぶたが二重に変わることがありますがそれは、目元の筋肉の緊張と血流の悪化が原因とされています。

これはあまり好ましい状態ではないため、生活の見直しが必要です。

この状態を放置していると眼瞼下垂につながる可能性があると言われており、眼瞼下垂になると、上まぶたが上手く持ち上がらなくなり、外見の印象が悪化するほか、眼精疲労の原因となります。

眼瞼下垂が進行してしまった場合は適切な施術を行う事で改善を試みましょう。

寝不足のとき、まぶたが二重に見えるのはむくみが原因です

普段は一重まぶたの方が、寝不足で疲れているときに限って突然まぶたが二重に変わったように見えることがあります。

しかしこのパターンでは、寝不足が解消されるといつの間にか一重まぶたに戻ってしまうはずです。

どうしてこのような現象が起こってしまうのでしょうか。

その理由として考えられるのは、まぶたの筋肉が緊張して、まぶたにむくみをもたらしているためでしょう。

それに加えて、まぶた周辺の血行が悪化していることが原因として数えられる場合もあります。

つまり、体にとって不健康な状態が続くことによって、それを表す症状として二重まぶたが現れてしまっているのです。

ですから、二重になってしまっている状態をそのまま放置しておくことは、決して賢明な判断とは言えないでしょう。

そもそも、血行が悪化すれば、全身の各部位に必要な酸素や栄養素が供給されなくなります。

したがってこの状態のままいることは、人体に対してダメージを蓄積させることにつながりますし、健康や美容という点においても悪影響と言えるのです。

美しい二重まぶたを手に入れたい方にとって、寝不足を利用した二重まぶた作りは推奨できません。

そのまま放置し、状況が進行してしまえば「眼瞼下垂」という症状がはじまってしまう事も考えられるでしょう。

眼瞼下垂になると、外見の印象が悪化したり眼精疲労が起こったりします


眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉である「眼瞼挙筋」が正しく機能しなくなる、まぶたの疾患です。

特に顕著なのは、上まぶたが十分に持ち上がらなくなる症状です。

このため、上まぶたがくぼんで見えたり、寝不足でないときでも眠そうに見えたりと、外見上の印象を著しく損なってしまいます。

額のしわが目立ってしまうという症例もよく報告されているため、結果的に実年齢より老化した印象の見た目になってしまうというケースも考えられるのです。

また、左右どちらかの目だけで進行することもあります。

その場合は、両目の大きさが異なるような印象をもたらすことが多いです。

眼瞼下垂を放置しておくと、悪影響は見た目の印象だけでは終わらなくなります。

目がきちんと開かないため、眼精疲労が起こりやすくなります。

眼精疲労は悪化すると肩こりや偏頭痛をもたらすことで名高いですが、眼瞼下垂が原因で起こった眼精疲労の場合もその例外ではありません。

まぶたが寝不足のときに限って二重になる方は、眼瞼下垂が本格的に進行する前に早急に生活の見直しを検討したほうがよいでしょう。

眼瞼下垂は、3種類の手術で解決できます

眼瞼下垂が進行してしまっている場合、専門のクリニックによる外科的な施術で治療を行う必要があるでしょう。

この眼瞼下垂を解決するための手術としては、主に3通りの手術が普及しています。

眼瞼下垂で昔からよく行われてきたのは「挙筋腱膜前転法」という方法です。

この方法は症状が軽い場合から重い場合まで、オールラウンドに使えます。

そのほかには、結膜切開による方法や、ミュラー筋を糸で固定するという方法が効果的です。

結膜切開による方法が使えるのは症状が軽い場合から中程度の場合までとされており、糸を活用する方法が使えるのは、症状が軽い場合のみとされています。

これらの3つの方法に共通しているのは、まぶたを二重整形の手術と併用できることです。

挙筋腱膜前転法の場合は「切開法」と呼ばれるメスを用いる方法が併用でき、そのほか、2つの方法の場合も、「埋没法」と呼ばれる医療用の糸を用いた二重整形の施術法が併用できます。

眼瞼下垂を治療したいときは、医師と相談する際に二重まぶたを手に入れる方法についても忘れずに問い合わせるとよいでしょう。

(まとめ)寝不足だとまぶたが二重に変わることがあるのはなぜ?

1.寝不足の場合にまぶたが二重に見えるのは、筋肉の緊張と血行の悪化が原因です

寝不足でまぶたが二重に見えるのは、筋肉の緊張や血流の悪化が原因です。

このまま放っておくと眼瞼下垂を引き起こすリスクがあるとされており、眼瞼下垂は眼精疲労や外見の印象の悪化をもたらします。

適切な施術を利用して改善を試みましょう。

2.寝不足のとき、まぶたが二重に見えるのはむくみが原因です

寝不足で疲れていると目元が急に二重に見えることがありますが、これはまぶたの筋肉が緊張し、血流が悪化しているからです。

この状態を放置すると、健康や美容を追求する上で大きな障害となります。

眼瞼下垂を患うリスクも否定できません。

3.眼瞼下垂になると、外見の印象が悪化したり眼精疲労が起こったりします

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の不具合が原因で起こります。

眠そうな表情に見えたり、実年齢より老けた印象になったりします。

さらに、眼精疲労が起こると、肩こりや偏頭痛に発展することも考えられますから、早めに改善したほうがよいでしょう。

4.眼瞼下垂は、3種類の手術で解決できます

眼瞼下垂を改善するための外科的な施術としては、挙筋腱膜前転法と結膜切開による方法、ミュラー筋を糸で固定する方法の3つが有効とされています。

これらの施術は、いずれもまぶたを二重に変える整形施術と併用することが可能なのです。