埋没法の糸によってまぶたにしこりができることは、基本的にありません


埋没法はまぶたを引き上げる眼瞼挙筋とまぶたの皮膚を糸で結び、二重のラインを作るという施術です。

しかし、この糸によってまぶたにしこりなどの違和感が生じてしまうのではないのかと、気になる方もいるかもしれません。

基本的には、しっかりとしたクリニックの施術であれば、埋没法の糸によるしこりが生じる事はありません。

埋没法で使われる糸は、医療用の特殊な細い糸が使われます。

そして、糸の結び目もまぶたの裏の気にならない部分に作るため、しこりが生じたり、他人に見えたりしてしまうということはないと言えるでしょう。

埋没法の糸の結び目が他人にみえてしまうことはありません

二重整形の埋没法は通称プチ整形とも呼ばれ、多くの利用者がいる二重整形の施術の一つです。

施術によっては、リーズナブルな金額で利用できるものもあり、その施術時間の短さからメイク感覚で利用するという人も多いと言われています。

この埋没法は、医療用の特殊な細い糸と針をつかって行われる施術です。

この糸によって眼瞼挙筋と呼ばれるまぶたを開くための筋肉と、まぶたの皮膚をつなぎ合わせ、瞼を開くと同時に皮膚が折りたたむような構造をつくることで、二重のラインを生み出します。

埋没法は、実際の二重まぶたのメカニズムを糸によって再現したものとなっており、より自然な二重まぶたを作ることができるという点も魅力的なポイントです。

しかし、この糸によってまぶたにしこりができてしまうのではないのか、と気になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

この糸は前述の通り医療用のものですから、まぶたが拒絶反応を起こす心配もございません。

また、糸の結び目に関してもまぶたの裏のわかりにくい部分に作られるため、しこりは生じないと言えるでしょう。

万が一しこりやかゆみなどが生じた場合は早急にクリニックに連絡しましょう


基本的に、埋没法による糸の結び目がしこりになったり、他人の目からもわかるようになってしまったりすることはないと言われています。

しかし、万が一結び目がぱっと見てわかる状態や、しこりを感じるという場合は、すぐさま、施術を行ったクリニックに連絡をしましょう。

しっかりとしたクリニックであれば、そのタイミングで早急に対処を行い、状態の改善を行ってくれるでしょう。

埋没法の場合は、糸と針による施術ですから、比較的簡単に施術のやり直しを行うことができます。

また、埋没法に使われる糸は医療用の糸のため、原則として拒絶反応が出ることはないとされていますが、人の体質によっては、アレルギー症状などが出てしまって、かゆみなどが生じてしまう場合があると言います。

その場合も、早急にクリニックに連絡を入れ、糸を取ってもらう施術を行ってもらいましょう。

何らかの違和感が生じて、不安になった場合は必ず専門医に連絡を入れる用に心がけてください。

クリニック選びがなによりも大切です

埋没法はクリニックによってもさまざまな施術の方法が開発されており、施術の術式やケアの方法なども医院や医師によって異なります。

また、基本的には保険適用外の施術になりますから、金額などもクリニックによって異なるでしょう。

そのうえで大切なのは、いかに信頼できるクリニックを見つけ、信頼のおける専門医を見つけるかという点です。

実際に行う施術については、専門医とのカウンセリングのもとに決めていくわけですが、最終的な決定は自分自身で行います。

そのため、より不満の無い状態で施術に向き合う必要があると言えるでしょう。

医師の施術経験が多く、取り扱う症例も多いクリニックであれば、ケースバイケースであるまぶたの施術についても安心して意見を聞くことができます。

たとえば、まぶたの状態によっては埋没法ではなく、切開法などの施術が向いているという場合もあるでしょう。

そのような場合のときに、なぜその施術が向いているのかなど、細かい部分についても質問して納得できるまで聞くようにすることが大切です。

(まとめ)埋没法によってまぶたにしこりができることはある?

1.埋没法の糸によってまぶたにしこりができることは、基本的にありません

埋没法は糸で皮膚と筋肉を結び二重のラインをつくる施術ですが、この施術によってしこりなどの違和感が生まれることは基本的にありません。

糸の結び目もまぶたの裏の部分に作られますから、しこりが他人に見えてしまうなどの心配もないでしょう。

2.埋没法の糸の結び目が他人にみえてしまうことはありません

埋没法は医療用の特殊な細い糸を使って、眼瞼挙筋とまぶたの皮膚をつなぎ合わせて、実際の二重まぶたの構造を再現するという施術です。

このときに使う意図は医療用のもののため、拒絶反応が起こる心配もありません。

3.万が一しこりやかゆみなどが生じた場合は早急にクリニックに連絡しましょう

もし、しこりや異物感を覚えてしまったときにはすぐさま専門医に連絡して、対処を試みましょう。

また、ごく稀に糸によるアレルギー症状が出てしまうことがあるともいわれているため、その場合も、早急にクリニックへ連絡をとりましょう。

4.クリニック選びがなによりも大切です

クリニックによって施術の内容や金額、ケアの方法などはそれぞれ異なります。

そのため、いかに信頼できるクリニックや専門医を見つけるのかという点は、非常に重要と言えるでしょう。

カウンセリングに関しても納得のいくまで質問をするようにしてください。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔