二重整形直後はまぶたのむくみが目立つことがあります


二重整形を行った際、まぶたのむくみや腫れが目立つことがあります。

むくみによって、二重部分の幅が過剰に広くなることもあるといえます。

6ヶ月ぐらいは、むくみや腫れがひどい可能性はありますが、個人差があり、2週間ほどで治まる人もいるといわれています。

ただし、半年以上の時間が経過しても治まらないなら、施術した医師に相談してください。

むくみ対策としては、寝る際に枕を高くして施術箇所を心臓より高い位置にすることが挙げられます。

また、保冷剤などを使って患部を冷やすのも有効といえます。

内出血がある場合、メイクは止めたほうが良いでしょう。

二重整形後に関わらず、朝はまぶたがむくみがちになります

二重整形は埋没法でも切開法でも、術後に腫れたりむくみが生じたりすることがあります。

朝、起きたばかりのときは顔がむくんでいることが多いため、切除後は過剰に腫れるケースもあるといえます。

例えば、むくみにより二重部分の幅が広くなることもあります。

むくんでいる状態は、細胞と細胞の間に水分が増えている状態と考えてください。

では、どうしてむくみが生じるのでしょうか?

原因として考えられているのは、就寝時、横になることが挙げられます。

立って行動しているときは、重力の関係もあって足がむくみやすいといえます。

しかし、寝ているときは顔にも水分が溜まるため、むくみが起きると考えられています。

そのため、朝に顔がむくむのは不思議なことでもありません。

日中、立ち上がって活動をしていれば、むくみの原因となる水分も足の方へ落ちます。

そのため、むくみに対しそこまで心配する必要はないでしょう。

また、むくみと似ている状態として腫れがあります。

基本的に二重整形直後は腫れるのが一般的です。

個人差や施術も考えなければなりませんが、腫れがひいていくのは最低でも、3日~1週間ぐらい見ておいた方が良いでしょう。

ひどいむくみが治まらないなら医師に相談することが大切です


二重整形の施術を行った場合、6ヶ月ぐらいは軽い炎症が生じることがあります。

まぶたは皮膚がとても薄いため、腫れやすい部位でもあります。

そのため、時間が経過して腫れが治まったとしても、少しの刺激ですぐにまた腫れることも珍しくありません。

施術を行った直後、鏡を見ると過剰にむくみが生じているため、なかには驚く人もいるようです。

ただ、朝、顔がむくんでいるのは当然と考えておいてください。

そして日常生活の中で、顔のむくみは治まります。

そのため、まぶたのむくみは一時的なことと考えておきましょう。

過剰にまぶたがむくむ状態は、長期に亘る人で6ヶ月続くこともあるといいます。

ただ個人差や施術法も関係しており、なかには2週間ぐらいでむくみが治まる人もいます。

どちらにしても二重整形をしたら、まぶたのむくみがひどくなることは珍しくありません。

むくみが生じても、それが一日続くということはあまりないと考えても良いでしょう。

1時間~2時間程度で、むくみは治まることが多いといえます。

しかし、なかなかむくみが消えない場合は、もしかしたらまた別のトラブルが生じている可能性があります。

その場合はすぐ担当医師へ相談してください。

昨今、二重整形のなかには腫れにくい施術も開発されています。

二重をしたことを誰にでもばれたくないという人は検討してみてください。

二重整形後はむくみ対策を実践しましょう

施術後、むくみを抑えたい場合は、さまざまな対策があるため実践してみてください。

一般的には、寝るときに枕を高くすることでむくみを予防できるといわれています。

施術をした部位を心臓より高い所に位置させることで防ぐ方法です。

心臓より低い所に施術部位、つまり顔があると、水分が顔に溜まりやすくなります。

腫れに関しては、まぶたを軽く冷やす方法で抑えることが期待できます。

腫れは炎症が起こって生じているため、早く沈静化させる必要があります。

そのため、まぶたを軽く冷やことが対策になるといえます。

ただし、冷やせば良いからといっても、直接まぶたに氷を当てるのは止めましょう。

凍傷のリスクがあるからです。

そのため、保冷剤や氷嚢などを薄いタオルにくるみ、施術部位を冷やすようにしましょう。

また、控えた方が良いのはメイクです。

施術直後は腫れだけではなく、内出血が起きていることもあります。

メイクでなんとか隠そうとする人もいますが、そのことで雑菌により思わぬトラブルが起きる可能性も考えられます。

腫れが引くまでは、メイクは我慢した方が良いでしょう。

(まとめ)二重整形をした後、むくみが出るの?

1.二重整形直後はまぶたのむくみが目立つことがあります

二重整形を行った後、施術箇所が過剰にむくむことがあります。

長い人では6ヶ月程度、腫れることもあるといわれています。

もし、それ以上にむくみが続くようでしたら、医師に相談してください。

むくみ対策として、枕を高くして寝る、冷やすなどがあります。

2.二重整形後に関わらず、朝はまぶたがむくみがちになります

二重整形では施術後に、腫れたりむくみが生じたりすることがあります。

これは、寝ているときに水分が顔の方に溜まってしまうからです。

基本的に、立ち上がって時間が経過すれば治まります。

他にも、腫れは珍しいものではありません。

3.ひどいむくみが治まらないなら医師に相談することが大切です

基本的に二重整形を行った後、6ヶ月ぐらいは軽い炎症が起こるといえます。

特に腫れは、まぶたの皮膚が薄いために起こりやすいといえます。

しかし、6ヶ月以上、むくみがあったり、腫れたりするなら施術した医師に相談してください。

4.二重整形後はむくみ対策を実践しましょう

むくみ対策としては、寝る際に枕を高くすることが挙げられます。

腫れ対策としては、冷やすことが有効です。

内出血をしている状態でメイクをするのは、雑菌によって思わぬトラブルのリスクが考えられるため控えましょう。