埋没法での二重の仕上がりはまぶたの皮の状態で異なります


埋没法は二重整形の中でも人気が高い施術方法です。

埋没法はメスを使わずに、まぶたの皮膚を縫い止めて二重のラインを作るため、まぶたの皮の状態によって、仕上がりが異なることがあります。

まぶたの皮が厚い方や、皮のたるみが多い方、まぶたに脂肪が多い方は埋没法が不向きな場合もあるため、主治医と相談して施術方法を決めることをおすすめします。

施術前に埋没法のメリット・デメリットを確認しておくことをおすすめします

多くの方が二重整形の際に施術を希望する埋没法ですが、人気の理由はどのような点にあるのでしょうか。

施術前にメリットとデメリットをチェックしておきましょう。

二重整形の施術は多くの場合、長時間に及ぶことはあまりありませんが、中でも埋没法は短時間で手術が済むという特徴があります。

施術後の腫れや内出血も起こりにくく、症状が出た場合でも他の施術方法よりも程度が軽いというのが一般的です。

メスで切開せずに、まぶたの裏側から糸で皮膚を縫い止めるため、施術跡が目立ちにくい点も人気の理由です。

縫い止めているため、アトピーや花粉症などでまぶたを触ってしまいがちな方、ボールが顔に当たるなど強い衝撃があった場合などは縫い止めている糸が切れてしまうことがあります。

糸が切れる、または糸がまぶたの脂肪に埋もれていってしまうような場合は、元のまぶたの形に戻ってしまいます。

埋没法で整形した二重は、多くの場合は変化なくそのままラインが残りますが、ケースによっては半永久的ではないという点をデメリットとして知っておくようにしましょう。

埋没法はまぶたの皮の状態によっては施術が不向きな場合があります


埋没法はまぶたの裏側から特殊な糸を縫い止めることで、二重のラインを作るという二重整形術です。

二重整形の中でも比較的短い時間で手軽にできる施術法であるため人気があります。

埋没法はまぶたの皮を切開するわけではなく、縫い止めているだけなので、皮膚の状態によっては不向きな場合があります。

まぶたは皮の厚みや分量、たるみ方、脂肪の付き方などが人それぞれで異なるため、皮の状態によっては埋没法では二重ラインがきれいに作れないこともあるでしょう。

たとえば、まぶたの皮のたるみが強い方、まぶたの皮が伸びて量が多い方の場合はきれいな二重のラインが出にくい傾向にあります。

また、まぶたの皮が厚い場合やまぶたの脂肪が多い方の場合には、施術後はきれいな二重ができても、時間の経過にしたがって二重が取れ、元のまぶたの状態に戻ってしまう場合があるのです。

二重整形を考えている方は、費用や施術にかかる時間だけでなく、自分のまぶたの状態に合った施術法はどれかという視点で施術法を選ぶことをおすすめします。

ほかにもさまざまな施術でもぱっちりとした目元を手に入れることができます

目元整形と言えば二重を作る埋没法が人気ですが、まぶたの皮の状態によっては、埋没法が不向きである場合もあるでしょう。

しかし、二重整形には施術法が埋没法以外にもたくさんあります。

まぶたの皮の厚みが多い場合や、まぶたの脂肪の量が多い場合には、埋没法ではなく、全切開法と呼ばれる施術を利用することによってぱっちりとした目元が手に入ります。

この全切開法であれば、皮や脂肪などの余分な部分を取り除くことが可能です。

また、まぶたの皮が多い場合や、まぶたの皮のたるみが気になる場合は、眉下切開法と呼ばれる施術で皮のたるみを除去することもできます。

状態にあった施術法の選択や、希望の目元に合うように施術法を組み合わせられるかどうかは医師の経験がポイントになります。

そのため、クリニック選びは慎重に行うことは非常に大切だと言えるでしょう。

たとえば、施術を受ける方が希望する施術方法では、受ける方の希望に合った目元が仕上がらないというケースがあります。

その場合、しっかりとしたクリニックであれば、きちんと施術法が不向きであることを医師が伝えてくれるでしょう。

綿密なカウンセリングと相談ができるクリニックであれば、施術についても安心が期待できます。

(まとめ)埋没法の仕上がりはまぶたの皮の状態によって異なる?

1.埋没法での二重の仕上がりはまぶたの皮の状態で異なります

埋没法は、まぶたの皮を縫い止めて二重のラインをつくる整形術で、まぶたの皮の状態によって仕上がりに差が出ることがあります。

まぶたの皮の状態は人それぞれ異なるため、しっかりとカウンセリングを受けて、自分にあった施術法を選びましょう。

2.施術前に埋没法のメリット・デメリットを確認しておくことをおすすめします

施術時間やダウンタイム、施術跡のわかりにくさが埋没法のメリットであり、人気の理由です。

埋没法は糸で縫い止めてラインを仕上げているため、糸が切れるなど、脂肪に埋もれてしまう場合は元のまぶたに戻る可能性があります。

3.埋没法はまぶたの皮の状態によっては施術が不向きな場合があります

二重整形の中でも人気の埋没法ですが、まぶたの皮のたるみが強い場合や、皮の量が多い場合はきれいな二重ラインがでにくいことがあります。

皮の厚みや脂肪の量によっては二重が取れる可能性もあり、まぶたの状態にあった二重整形法を選ぶことが大切です。

4.ほかにもさまざまな施術でもぱっちりとした目元を手に入れることができます

まぶたの皮の厚みや分量、脂肪の付き方が人それぞれであることに合わせて、目元整形の施術法の選択もさまざまに存在します。

人気の埋没法だけでなく、全切開法や眉下切開法など自分のまぶたの状態に合った施術方法を検討してみましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔