二重まぶたが眠いように見えるのは眼瞼下垂が原因かもしれません


眠くはないのに「眠そう」と言われたことがある人は、眼瞼下垂が原因である場合があります。

命の危険があったり失明の危機に直結したりする病気ではないものの、外見に大きな変化をもたらすため、「疲れているのかな?」「機嫌が悪いのかな?」と思われかねません。

外見の変化だけでなく、視野が狭くなって日常生活に支障が出たり、眼精疲労の原因になったりしますので、悩んでいる方はクリニックで専門的な診療を受けてみましょう。

眠い表情になる「眼瞼下垂」は、先天性と後天性に分かれます

眼瞼下垂は、「先天性」と「後天性」の二つに分けることができます。

先天性は生まれつき筋肉の発達が不全である場合が多く、後天性は加齢や日頃の生活習慣によって引き起こされることが多いといいます。

年齢を重ねていくとまぶたの皮膚が緩み、垂れやすくなり、眼瞼下垂を引き起こすことがあるのです。

つまり、眼瞼下垂は誰にでも起こり得る症状なのです。

以下のような症状が見られる場合は、眼瞼下垂の可能性があります。

  • 上まぶたが瞳孔にかぶさり、目が開きにくい
  • 眠くないのに眠いように見える
  • 二重の幅が広くなった
  • まぶたがくぼんで、奥目になる
  • 額のシワが目立つようになった
  • 眉毛の位置が上がったように感じる

また、眼瞼下垂は大人だけが発症するものではなく、幼児から高齢者まで年齢を問わず発症すると言われています。

もし、「私も眼瞼下垂かも知れない」とお悩みの方は、日常生活が悪化する前に、クリニックで診察してもらうことも検討してみましょう。

眼瞼下垂がもたらす症状は、まぶたが重くなるだけではありません


まぶたが下がり視界が狭くなる眼瞼下垂は、身体にさまざまな症状をもたらします。

まぶたを持ち上げる筋肉として、「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」が主に使われるのですが、この筋肉の先端にある「腱膜(けんまく)」と、まぶたの先端にある「瞼板(けんばん)」という組織がまぶたを持ち上げる仕組みに直結しています。

まぶたが開くのは、上眼瞼挙筋が収縮することで瞼板が腱膜に引っ張られるからです。

眼瞼下垂の中で特に多いのは、腱膜と瞼板の結合部分が外れたり緩んだりすることで正常に働かなくなることだと言われています。

眼瞼下垂は「まぶたが重たいだけ」と思われがちですが、まぶたが下がるだけでなく、身体にさまざまな症状をもたらします。

目が痛む

まぶたを上げようと無意識のうちに上眼瞼挙筋に力が入り、緊張状態が続いてしまうことで、何もしてないのに目の奥が痛くなったり、目の周辺が疲れたりすることがあります。

頭痛、肩こり

まぶたを開けていられるように、普段はあまり使わない頬やうなじの筋肉が収縮する状態が続きます。

そのため、締め付けるような感覚や、その痛みが特徴の緊張型頭痛や肩こりを引き起こす原因になることがあります。

そのほかにも、眩しい光に弱くなる、歯を食いしばるなどさまざまな症状が現れることがあります。

眠そうに見える眼瞼下垂は手術を行うことで改善が期待できます

眠い顔に見える目を解消するための手術として、上まぶたの脂肪を除去することと、眼瞼下垂の手術を行うことが主な施術法として挙げられます。

もともと二重の方は二重のラインに沿って切り、まぶたを盛り上げやすいよう緩んでいる筋肉を縫合します。

そうすることで引き上げる力を強くし、ぱっちりした二重に近づけることができるのです。

メスを使う手術ですが、数ミリで済む場合がほとんどのため、傷跡が目立つという心配はありませんし、施術からのダウンタイムも約1週間と、それほど長くはありません。

また、眼瞼下垂の症状は「軽度」「中等度」「重度」に分類できますが、軽度の眼瞼下垂の場合はメスを使わない施術が可能な場合もあります。

まぶたがぱっちりすることで外見がガラリと変わるだけでなく、日常生活の質も上がったという人も少なくありません。

まぶたが重く、眠いような表情に見られがちな「眼瞼下垂」の疑いがある人は、ぜひ一度専門クリニックでの受診を検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)眠い表情になる二重まぶたの原因とは?

1.二重まぶたが眠いように見えるのは眼瞼下垂が原因かもしれません

眠いように見える二重まぶたの原因の一つとして眼瞼下垂が挙げられます。

生命や失明の危険性はないものの、「眠そう」「機嫌が悪そう」と感じさせることもあります。

頭痛や肩こりの原因にもなるため、お悩みの方はクリニックでの施術も検討してみましょう。

2.眠い表情になる「眼瞼下垂」は、先天性と後天性に分かれます

先天性と後天性に分かれる眼瞼下垂は、幼児から高齢者まで幅広い年代で発症する可能性があります。

上まぶたが重く目が開きにくい、眠いように見られる、二重の幅が広くなった、などの悩みがある方は医師の診断を検討してみましょう。

3.眼瞼下垂がもたらす症状は、まぶたが重くなるだけではありません

眼瞼下垂の原因の一つに、まぶたを持ち上げる筋肉が正常に働かないということがあります。

しかし身体は無意識のうちにまぶたを持ち上げようとするため、目が痛む、頭痛がする、肩こりが治らないなど、身体の中でさまざまな症状を引き起こすことがあります。

4.眠そうに見える眼瞼下垂は手術を行うことで改善が期待できます

眼瞼下垂の手術を行うことで、眠いように見える二重まぶたを改善することができます。

傷も目立つことはなく、ダウンタイムも長くはありません。

軽度の眼瞼下垂の場合はメスを使わない施術も可能で、誰でも安心して眼瞼下垂を改善することができます。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔