奥二重はセルフケアだけではぱっちり二重にならないケースが大半と言われています


奥二重といっても、奥二重になる原因にもいくつかの種類があります。

その中には、ある程度セルフケアでもぱっちり二重に近づくものもあれば、セルフケアではぱっちり二重にならないものもあります。

セルフケアだけでぱっちり二重になるのが難しいケースがあり、間違ったセルフケアを行うことにより、奥二重の状態がより強くなる可能性もあるため注意が必要です。

奥二重のタイプによってはマッサージも効果がある場合があります

奥二重と一口に言っても、その状態や奥二重になっている原因はさまざまなものがあります。

まぶたの脂肪が多い場合や顔が浮腫んでいる場合などは、痩せたりむくみを解消したりすることで、奥二重の目元でもある程度ぱっちりとした目元に変えることができるケースもあります。

これは、二重ラインよりも上にある皮膚が、脂肪やむくみによって二重ラインの上にかぶさってしまい、二重ラインが見えなくなっているというタイプの奥二重です。

奥二重といっても、二重の幅が狭いために、目を開けた時に二重の部分が内側に折りたたまれ、二重ラインよりも上の皮膚がかぶさってしまうことで、二重ラインが見えにくくなっているというタイプもあります。

このような場合には、マッサージやダイエットなどでむくみや脂肪を落としても、ぱっちり二重になることは難しいと言えるでしょう。

一見脂肪が多いまぶたのように見えても、皮膚の厚みが分厚い場合や、皮膚の量が多いという場合もあり、奥二重の状態や構造上の原因などを判断することは専門家でないと難しいものです。

まぶたの状態を詳しく知りたい場合は、クリニックで行われている無料カウンセリングを利用してみましょう。

「二重になれるマッサージ」が奥二重の状態をより強くすることもあります


インターネットや雑誌の口コミなどで、「二重になれるマッサージ」をうたったマッサージを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

まぶたの脂肪の量やむくみが原因で奥二重になっている場合、ダイエットやスポーツで痩せたり、むくみを改善したりすることである程度、ぱっちりとした二重に近づけることは可能と言われています。

マッサージも血行促進という面においては、状態の改善につながると言えます。

しかし、まぶたの皮膚は非常に薄くてデリケートなため、マッサージを行う時には注意が必要でしょう。

まぶたの皮膚を強くこすったり、長時間刺激を加え続けていると、荒れたり、シワやたるみ、色素沈着などの原因になることがあります。

マッサージを行う場合は、専用のアイクリームを使用し、こすらずに優しい力で行うことをオススメします。

マッサージに不安が残る場合は、温タオルを当てる方法が効果的です。

目が疲れているとむくみも強くなるため、血行促進もかねて試してみてはいかがでしょうか。

二重整形の施術で奥二重の方もぱっちりとした二重になる効果が見込めるでしょう

奥二重の方は、二重の幅が消えないようにメイクの時に細心の注意を払っているという方も少なくありません。

二重のりで二重の幅を広げている方もいるかもしれませんが、二重のりの使用は、まぶたにダメージを与えるためまぶたの皮膚が分厚くなり、かえってぱっちりとした二重になりにくくなることがあります。

長期間の二重のりの使用は、まぶたの皮膚を伸ばしてしまう可能性もあります。

奥二重の方は、二重整形の施術を受けることで、ぱっちりとした二重を手に入れることが見込めるため、検討してみてはいかがでしょうか。

施術方法によっては、30分程度で施術が終わるものや、半永久的に二重ラインができるものなどもあります。

二重の施術を受けたあとは、メイクの時間が短縮できたり、ノーメイクでも自分の顔に自信がつくようになったりするというケースも少なくありません。

二重整形がどういったものなのか、クリニックがどのような雰囲気なのかなど不安が残る場合は、事前に無料カウンセリングを行っているクリニックもあるため、活用してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)奥二重はセルフケアでは二重にならないって本当?

1.奥二重はセルフケアだけではぱっちり二重にならないケースが大半と言われています

奥二重の原因によって、セルフケアである程度ぱっちり二重に近づけるタイプもあればそうでないタイプもあります。

セルフケアでぱっちり二重にできるケースは少なく、間違ったセルフケアはかえって状態を強くしてしまうため、注意が必要です。

2.奥二重のタイプによってはマッサージも効果がある場合があります

まぶたの脂肪やむくみが原因で奥二重になっている場合は、マッサージなどである程度ぱっちりとした二重に近づけることができる場合があります。

奥二重の原因を知ることがポイントになるため、正確に把握したい場合はカウンセリングなどを活用しましょう。

3.「二重になれるマッサージ」が奥二重の状態をより強くすることもあります

まぶたのマッサージですが、マッサージの仕方によっては肌荒れやシワ、たるみ、色素沈着などの原因になる可能性があるため、セルフケアを行う際には注意が必要です。

専用のアイクリームを使用し、こすらないように優しい力で行いましょう。

4.二重整形の施術で奥二重の方もぱっちりとした二重になる効果が見込めるでしょう

間違ったセルフケアを行うことで、より奥二重の状態が強くなってしまうことがあります。

二重整形では、半永久的に二重ラインを作れるという施術もあります。

奥二重に悩んでいる方や二重整形の施術を検討してみてはいかがでしょうか。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔