幅が狭い奥二重は脂肪や二重ラインの位置が原因です


奥二重は、まつ毛と二重ラインの幅が狭いことと、時に二重ラインより上のまぶたに脂肪組織が多いことが原因で起こります。
二重ラインができるのは、まぶたを持ち上げて目を開けるための眼瞼挙筋やミュラー筋の枝が、まぶたの皮膚に付着していることによります。
この枝が、まつ毛近くに付着していると、二重ラインがまつ毛に近寄ってしまい、それより上のまぶたの皮膚で二重が隠れてしまいます。
奥二重を幅の広いきれいな二重にするには、二重ラインをそれまでよりも上にする施術を行います。
また、まぶたの脂肪組織が多い場合には、まぶたを切開して脂肪を取り除く方法をとることもあります。

奥二重の原因は二重ラインの位置の低さにあります

奥二重とは、見た目が一重まぶたにみえるのに、実は二重になっているという場合を指すことがほとんどです。
その原因は二重の幅が狭い場合と、二重ラインよりも上のまぶたの脂肪組織が多い場合、あるいはその両者とももっている場合とがあります。

まぶたを引き上げて目を開けるときには、眼瞼挙筋やミュラー筋が働きます。
それらの筋肉の枝がまぶたの皮膚に伸びて付着していると、その部分の皮膚が強く引き上げられ、二重ラインが出来上がります。
この筋肉の枝がない場合には、まぶたが引き上げられないため、一重まぶたになります。

そして、この筋肉の枝が付着する部分がまつ毛に近くなると、まつ毛と二重ラインの間をそれより上のまぶたが覆い隠してしまい、奥二重になります。
また、ある程度二重の幅に広さがあったとしても、二重ラインより上のまぶたがたるんでいる場合や脂肪組織が多くて厚みがある場合にも、奥二重になってしまいます。
このように、奥二重にはいくつかの原因があり、どれか一つの原因による人もいれば、複数の原因を持ち合わせている人もいます。

奥二重にはさまざまなデメリットがあります


奥二重のまぶたでは多くの場合、見た目がほぼ一重になってしまいます。
そのため、人から顔を見られた時の印象について、ネガティブに考えてしまうという方も多くいらっしゃるでしょう。

奥二重の目元によって、常に眠たそうな表情に見えたり、目つきが悪く睨んでいるような表情に見られたりすることは少なくありません。
女性であればアイメイクはメイクのポイントとなりますが、アイラインを引いてもまぶたでほぼ隠れてしまいます。
アイシャドウをしても、目を開けていると隠れてしまう部分があるために、少々広めにシャドウを当てる必要があります。
その場合、目を閉じた時にまぶたのアイシャドウがとても広くなってしまいます。

また、まぶたの脂肪組織が多いために奥二重になっている人の場合では、まぶたが腫れぼったく見えてしまいます。
目を開けた際にまぶたがまつ毛に乗っているように見えてしまったり、常に浮腫んでいるような顔立ちに見えてしまったりすることもあります。

女性であれば、奥二重故の目つきの悪さやメイクの映えにくさは第一印象を左右する由々しき問題と言っていいでしょう。
このように、奥二重にはデメリットが非常に多いのです。

二重整形なら奥二重をきれいな二重にできます

二重整形であれば、奥二重をきれいな二重にすることが可能です。
二重整形の方法には、2種類あります。

埋没法

埋没法とはメスを使わず、まぶた内部に糸をかけることで二重を形成する方法です。
二重ラインを形成したい部分と、ミュラー筋が付着する瞼板とを糸でつなぎます。
これを行うことで、目を開けた際に糸を掛けた部分が上に強く引き上げられ、それまでよりも幅の広いくっきりとした二重を形成します。

切開法

まぶたに脂肪組織が多いために奥二重になってしまう人では、切開法を用いた脂肪組織の除去が適切と言えます。
この場合は、まぶたの表面を切開する方法が用いられます。

まぶた内部には2箇所に分かれて脂肪組織が存在します。
まぶたの奥には眼窩脂肪、表面には隔膜前脂肪があります。
どちらを切除するのかによって切開する際の傷の大きさが変わります。
しかし、いずれの場合にも目を閉じた時に傷が目立たぬよう細い糸で慎重に縫合するので、二重整形をしたことがバレてしまうのではないのかという心配は不要です。
このように、奥二重でお悩みの方は二重整形で幅の広い二重にすることができるので、ぜひ医師に相談してみましょう。

(まとめ)奥二重の二重の幅が狭いのはなぜ?

1.幅が狭い奥二重は脂肪や二重ラインの位置が原因です

二重ラインがまつ毛に近い位置にあると、二重の幅が狭くなり奥二重になります。
また、まぶたの脂肪組織が多い場合にも、まぶたの厚みで二重が隠れてしまい、奥二重になります。

2.奥二重の原因は二重ラインの位置の低さにあります

奥二重は、二重ラインがまつ毛部分に近いために、目を開けた際にまぶたが覆いかぶさり二重ラインよりも下が隠れてしまうことが原因です。
また、まぶたに脂肪組織が多い場合にも、奥二重になってしまいます。

3.奥二重にはさまざまなデメリットがあります

目元が奥二重であることで、眠たそうな顔や睨んでいるような表情に見られるなど、人からの第一印象が良くないものになってしまう場合があります。
また、メイクではアイラインが映えないなど、女性なりのかわいらしさが現れにくくなる場合もあるのです。

4.二重整形なら奥二重をきれいな二重にできます

奥二重の人でも、二重整形でくっきりとした二重まぶたにできます。
埋没法ではメスを使わずに二重にできるので、施術後のまぶたの腫れを心配することは無用です。
まぶたの脂肪組織を除去する場合には、まぶた表面を切開する必要があります。