奥二重はまぶたで二重が隠れるため一重に見えるのです


奥二重が一重に見えてしまう理由には、一つは二重ラインが狭いことが挙げられます。
目を開けた際に、上のまぶたが二重ラインを隠してしまうために、一重に見えてしまうのです。
また、二重ラインが少々広い人でも目を開けるときにまぶたをしっかりと引き上げることができると、同様に上のまぶたで二重ラインが隠れてしまい、一重にみえてしまうこともあります。
さらに、まぶたの脂肪が多くてまぶたが腫れぼったかったり、まぶたの皮膚にたるみがあったりする場合にも、奥二重は一重に見えてしまいます。

奥二重が一重に見えるのは構造上の理由があります

奥二重とは、一見一重まぶたなのですが、実は二重になっている場合のことを指しています。
目を開けるためにまぶたを引き上げる際、皮膚が織り込まれる部分があると、二重まぶたになります。
その皮膚が織り込まれる部分とまつ毛の生え際との間を、二重ラインと言います。

この二重ラインが狭いと、目を開けた際に上のまぶたで二重ラインが隠されてしまい、まぶたがまつ毛の生え際に迫ってくるために一重に見えてしまいます。
二重まぶたになる人は一重まぶたの場合とは異なり、まぶたを引き上げる筋肉である眼瞼挙筋やミュラー筋などの筋肉が、まぶたにまで伸びて付着しています。
ですから、目を開ける際にその部分の皮膚が強く引き上げられ、まぶた内部に織り込まれるので二重になるのです。

また、二重ラインが広い方でも奥二重になってしまう場合があります。
これは、目をしっかりと開けることができる人の場合です。
まぶたをしっかりと引き上げることができると、筋肉の枝が付着する部分も十分に上に持ち上げることができます。
しかし、その分上のまぶたの内側に織り込まれてしまうため、上のまぶたが二重ラインを覆ってしまうのです。
このように、奥二重になるのはまぶたの構造に問題があるのです。

まぶたの脂肪組織の多さやまぶたのたるみも奥二重を招きます


二重ラインが広い人でも奥二重になってしまう原因は、他にもあります。

一つは、まぶたにたるみがある場合です。
まぶたの皮膚のハリが失われたるみが起こると、目を開けた際にまぶたが垂れ下がってしまいます。
まぶたを上へ引き上げ、それを保つ皮膚の緊張感がないためです。
そうなると、目を開けた際にまぶたの皮膚が重力で下へと垂れ下がり、二重ラインを隠してしまいます。
まぶたのたるみは高齢の方に起こりやすいものですが、二重のりなどのメイクグッズを普段から利用している人の場合でも、まぶたのたるみは起こりやすくなります。

もう一つは、まぶた内部に脂肪組織が多い場合です。
まぶたの脂肪組織が多いと、目を開けた時にまぶたが浮腫んだように盛り上がります。
この盛り上がりが大きく二重ラインに被さってしまうと、奥二重になります。

まぶた内部には2箇所に脂肪組織があります。
一つはまぶたの表面近くにある隔膜前脂肪、もう一つは眼球の近くにある眼窩脂肪です。
これらが多いと、目を閉じているときでもまぶたが腫れぼったく見えます。
目を開けると腫れぼったさが強くなる上に、奥二重となるとさらに腫れぼったさが際立ってしまいます。
まぶたにたるみがある、もしくは脂肪組織が多くて腫れぼったい場合にも、奥二重になります。

二重整形と同時にたるみや脂肪の除去も可能です

二重整形では、奥二重を幅の広いくっきりとした二重にすることができます。
また、奥二重の原因が脂肪組織やまぶたのたるみであれば、二重整形の施術と同時にこれらの改善もできます。

二重整形には、埋没法と切開法とがあります。
奥二重の原因が二重ラインの狭さによるものであれば、埋没法での対応が可能です。

埋没法は、目を開けるときに皮膚が織り込まれる部分に糸を掛ける方法です。
メスを使わないため皮膚の損傷が少なく、施術後の腫れが約2日と短いことが特徴です。
また、皮膚表面に大きな傷ができないので、施術後の傷を心配される方にとっては、良い方法と言えます。

まぶたのたるみや脂肪組織の除去は埋没法での改善は困難なため、まぶたの切開が必要です。
脂肪組織の除去では、切除する脂肪組織の場所によって切開の幅が異なります。
また、皮膚に傷をつけるため施術後1週間程腫れることは避けられません。

また、まぶたのたるみであれば、状態にもよりますが皮膚を一部切除して再縫合します。
これを行うことで、まぶたのハリを取り戻すことができます。
美容整形ですから、まぶた表面に傷ができても細い糸で慎重に、かつきれいに縫合するので、傷が残る心配は不要です。

このように、奥二重は二重整形できれいに施術することが可能です。
奥二重でお悩みの方は、ぜひ美容整形に一度相談してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)奥二重はどうして一重に見えるの?

1.奥二重はまぶたで二重が隠れるため一重に見えるのです

奥二重が一重に見える理由には、二重ラインが上のまぶたで隠されてしまうことにあります。
これが起こる理由には、二重ラインが狭い場合やまぶたの脂肪が多い場合やたるみがある場合が考えられます。

2.奥二重が一重に見えるのは構造上の理由があります

奥二重は、二重ラインが狭いことで目を開けた際に上のまぶたが二重ラインを隠してしまうことで起こります。
また、二重ラインが広い人であっても、まぶたを十分に引き上げることができてしまうと、同様に二重ラインが隠れて一重に見えてしまう場合があります。

3.まぶたの脂肪組織の多さやまぶたのたるみも奥二重を招きます

まぶたにたるみがあると、重力の影響で目を開けた時にまぶたが二重ラインに覆いかぶさってしまい奥二重になります。
また、まぶたに脂肪が多い場合も奥二重となりますが、一重まぶたに見えてしまう分、まぶたの腫れぼったさが強くなってしまいます。

4.二重整形と同時にたるみや脂肪の除去も可能です

二重整形では、奥二重をくっきりとした二重にすることができます。
また、脂肪組織が多かったりまぶたのたるみが奥二重をもたらしていたりする場合には、二重整形と同時にそれらの除去にも対応できます。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔