奥二重の線を消す方法としては、ホームケアや二重整形などが挙げられます


奥二重の線を消すポイントですが、実は本来の正しい二重のラインを引き出すことです。

まぶたの脂肪やむくみ、腫れについて対策をすることで、奥二重に関する悩みを解消できます。

たとえば、もとの二重のラインにするためにマッサージなどのホームケアを行いましょう。

また、マッサージなどで効果が望めない場合や、なるべく早く確実に改善したいという場合であれば、二重整形の施術を検討してみてもよいでしょう。

奥二重の線を消すポイントは正しい線を作ることです

実は、奥二重の人は本来二重まぶたなので、奥二重になっている原因がわかると線を消す方法が見つかるはずです。

奥二重の原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は、まぶたの脂肪が多かったりむくみがあったりするために、本来の二重のラインが見えなくなってしまっているケースです。

この場合、顔の脂肪やむくみによって本来の二重のラインが隠れてしまっています。

2つ目は、まぶたが腫れてしまっているケースです。

たとえば、洗顔時のこすり方が強すぎたりメイク落としが十分でなかったりと、まぶたがダメージを受けていることが考えられます。

この場合、こすりすぎてまぶたがダメージを受けて腫れ、二重のラインが隠れてしまっています。

どちらのケースにも共通しているのは、奥二重の人は本来二重であるということです。

奥二重の人は余分な線を消すという考え方だと思いますが、もとの二重の状態に戻すことが解決策だといえます。

まずは日々の生活習慣から、自分がどちらのタイプで奥二重になっているかを考えておくとよいでしょう。

奥二重の線を消す方法としてはマッサージが挙げられます


奥二重の線を消す方法はマッサージがオススメです。

そこで、まぶたの血流をよくし、腫れやむくみを解消するマッサージをご紹介します。

まず、マッサージ前に蒸しタオルを目に当てて3分ほど温めます。

このとき目をつぶっていてください。

細胞がやわらかくなり、マッサージの効果が現れやすくなります。

血流が良くなったら眉下の骨の内側を親指で刺激し、顔の内側から外側へ5回プッシュしましょう。

まぶたは皮膚が薄くて刺激に弱い部位なので、優しく押すようにしてください。

次に、目の下の骨に中指と薬指を当て、3秒ずつ優しく刺激します。

こちらも5回ずつ押しましょう。

その後、こめかみを人差し指と中指で、5秒ほど少し強く押します。

最後にリンパを全身へ流すように、こめかみから鎖骨をなぞるようにしましょう。

このマッサージは、まぶたの腫れを解消すると同時に、血流や代謝が良くなるので脂肪やむくみがある人にも効果が期待できます。

特に、一重の方に比べると、奥二重の方はもともとが二重なのでラインが出やすいはずです。

くっきりした二重のラインを作りたい人は、毎日マッサージを繰り返してください。

奥二重のマッサージが大変なら整形手術も選択肢の1つです

マッサージを継続的に続けていると、奥二重の線を消すことができるかもしれません。

しかし、二重のラインがくっきり表れたとき、自分が思っていたラインと違うことがあります。

その理由としては、二重にもさまざまな種類があるからです。

二重は幅が広い平行型と幅が狭い平行型、末広型があります。

末広型の二重は目頭のラインが皮膚に隠れているため、少し奥二重の方に似ているかもしれません。

奥二重の線を消すことができて二重になったけど自分の理想と違うと感じた方や、奥二重を解消するマッサージが面倒な方は、二重整形をするのも選択肢の1つです。

二重に憧れている人の目的は、美しいと思える二重まぶたを手に入れることではないでしょうか。

整形手術であれば長期間のマッサージを必要とせず、思い描いた二重をデザインできます。

多数の症例を見てきた経験豊富な医師なら、きれいな二重を作ることも可能です。

奥二重のコンプレックスを抱えている方は、ぜひ整形手術を相談してみましょう。

(まとめ)奥二重の線を消す方法ってあるの?

1.奥二重の線を消す方法としては、ホームケアや二重整形などが挙げられます

脂肪やむくみ、腫れによって正しいラインが出ていないことが奥二重の原因です。

マッサージなどのセルフケアを行うことで線を消すことができれば、正しい二重のラインが出てきます。

また、二重整形を利用した施術を検討するというのもオススメでしょう。

2.奥二重の線を消すポイントは正しい線を作ることです

奥二重の人は本来二重なので、正しいケアをしてもとの状態に戻してあげることが大切です。

たとえば、顔に脂肪がついたりむくんでしまったり、まぶたが腫れてしまったりするケースもあると思います。

まずは自分が奥二重になっている原因を考えてみましょう。

3.奥二重の線を消す方法としてはマッサージが挙げられます

奥二重の線を消すためには、腫れを解消するマッサージが効果的です。

蒸しタオルで3分ほど目の周りを温めたら、目の周りからマッサージをしていきましょう。

血流が良くなるので、まぶたの腫れを解消したりむくみをすっきりさせたりする効果が期待できます。

4.奥二重のマッサージが大変なら整形手術も選択肢の1つです

奥二重の線を消すことができても、自分が思い描いている二重になるとは限りません。

もし理想的なデザインにしたいなら整形手術も選択肢の1つです。

さまざまな二重の種類があるので、美しいと思える二重を目指すなら整形手術を相談するのもよいでしょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔