奥二重の原因の1つがむくみです


奥二重の原因は多くあり、その中の1つにまぶたのむくみが挙げられます。

むくみと一言で言っても原因はさまざまなものがありますが、体の代謝が悪くなり、余分な水分が排出されていないことから起こることが多いといわれています。

特に就寝中は水分が顔に流れやすいため、朝は顔がむくみやすくなります。

むくみによる奥二重の方の場合、目元を温めるなどのセルフケアで二重まぶたになることがあります。

むくみの原因は余分な水分です

むくみとは余分な水分が体外に排出されず、溜まった状態をいいます。

水分は血液やリンパに乗って全身に行き渡りますが、流れが悪いと皮膚の下に溜まり、むくみを引き起こします。

脚がむくみを経験したことがある方は多いと思いますが、これは立っているときに水分が重力によって落ちてくることで起こります。

ではなぜ、まぶたや顔がむくんでしまうのでしょうか。

実は就寝時、水分は頭の方に流れてくるために、朝は顔がむくみやすくなっているのです。

顔のむくみ自体は、半日もすると水分が下がることで引きますが、そうして何度もむくみを繰り返すと皮膚は伸びてしまい、やがてたるみの原因にもなってきます。

また、水分の流れが悪いということは、老廃物が排出されないということでもあるので、肌の劣化が加速する要因にもなってしまいます。

水分の流れが阻害されてしまう原因には疲労やストレスに加えて、運動不足、睡眠不足などの日常生活が影響していることが考えられます。

とくに女性の体は筋肉量が少ないという体の作りから、血行不良を起こしやすいという特徴があります。

日常生活からむくみを予防しましょう


まぶたのむくみ予防には、アルコール・塩分の摂りすぎ、睡眠不足に注意する必要があります。

以下で、その理由と対策方法を紹介します。

アルコールや塩分の摂りすぎ

アルコールや塩分を摂取すると、血液外の水分量が増えて老廃物が溜まりやすくなり、さらに血管が脱水症状を起こす関係で体は水分を欲します。

アルコールと塩分を多く摂取した場合は、ミネラルを含んだ水を多めに飲みましょう。

また、お酒を飲んだ際は酔いを醒ましてから就寝するようにしましょう。

十分な睡眠

睡眠が不足していると体内の酸素が不足し、それでも体は血液を循環させようと血液の量を増やすため、その結果老廃物が溜まりやすくなりむくみを引き起こします。

体内の酸素が不足しないように、毎日できるだけ長めに睡眠を取るようにしましょう。

【まぶたの筋力を上げる方法】
リンパは筋肉の運動によって流れが促進されますが、筋力が落ちていると必然的に流れが悪くなります。

まぶたの筋力は、目の体操や、目をぱっちりと開くことで上げることができるので、意識してみるようにしましょう。

気になるむくみは美容クリニックに相談しましょう

就寝時の水分の関係で、朝はとくに顔やまぶたがむくみやすくなります。

時間とともにむくみは引いていきますが、簡単なケアをおこなうだけでもかなり解消されます。

以下でその方法を紹介いたしましょう。

顔から肩にかけてのマッサージ

まずは首や肩ほぐして、水分が流れやすいように整えましょう。

整え終えたら、顎から耳の輪郭に沿って水分を持ち上げて、耳の後ろからリンパに流す、というイメージでマッサージしてください。

顔のむくみが解消するだけでも目元はすっきりしますが、効果を高めるために目頭と目尻のツボを2、3回ほど軽く押してみましょう。

マッサージの際に力を入れすぎると肌にダメージを与えてしまうため、優しく撫でる程度の力でおこないましょう。

クリームやオイルを使うのも効果的です。

まぶたのむくみ取り

蒸しタオルを当てて温めたあとに、冷水を当てることで血行を促進させることができます。

それでもまぶたのむくみが取れない、または気になるようであれば、美容クリニックに相談してみることもオススメです。

専門の医師のもとで的確な診療と治療を受けることで、確実な方法を提示してもらえます。

(まとめ)奥二重の原因はむくみって本当?

1.奥二重の原因の1つがむくみです

奥二重の原因は多くありますが、その中の1つにまぶたのむくみが挙げられます。

むくみは余分な水分が排出されないことから起こることが多く、就寝中は顔に水分が流れやすいため、朝は顔がむくみやすくなります。

2.むくみの原因は余分な水分です

むくみは余分な水分が体外に排出されず、皮膚の下に溜まってしまうことで起こります。

むくみを繰り返すと皮膚が伸びてしまうことでたるみの原因にもなり、老廃物が溜まっている状態であるため肌の劣化させてしまいます。

3.日常生活からむくみを予防しましょう

まぶたのむくみを予防するためには、アルコール・塩分の摂りすぎや睡眠不足に注意が必要です。

リンパは筋力が低下すると流れが悪くなってしまうため、まぶたの筋力を上げるために、意識して目をぱっちりと開いたり、目の体操をおこなったりするようにしましょう。

4.気になるむくみは美容クリニックに相談しましょう

朝はとくに顔やまぶたがむくみやすくなりますが、簡単なケアをおこなうだけでもかなり解消されます。

なかなかむくみが解消されない場合や、気になることがあるようであれば、美容クリニックを受診することもオススメです。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔