奥二重の眠そうな目はアイメイクでカバーできます


奥二重の方はスッピンだと眠たそうだといわれることがあります。

そんな悩みを素早く解消するには、アイメイクを工夫するのがオススメです。

しかし、奥二重の方がアイメイクをやると逆に腫れぼったく感じられることや、ラインが目立たなく化粧映えしないこともあります。

二重の人がやっているような、アイラインをしっかり入れて目を大きく見せる方法は、逆に目を小さく見せてしまう可能性があるでしょう。

まずは、二重専用のアイメイクのやり方を覚えましょう。

奥二重の眠たそうな目は二重のラインを隠さないメイク法です

奥二重の方がアイシャドウやアイラインで二重の幅を消してしまうと、逆に目が小さく見えてしまいます。

デカ目にするにはハイライトと、淡い色のアイシャドウ使いが有効です。

まぶた全体に塗るアイシャドウの色は、二重のラインを消さないよう淡い色を選びます。

淡いブラウンをアイホール全体に広げてから、それよりワントーン暗いブラウンのアイシャドウを二重のラインに沿って入れてください。

これで二重のラインが消えることがなく、メリハリのある目元になります。

奥二重の方が眠たそうに見えるのは、まぶたの腫れぼったさも影響しています。

これを解消するにはアイボリーなど明るい色を使い、まぶたにハイライトを入れましょう。

入れる場所は目頭と眉下の2か所です。

光の加減でまぶたの腫れぼったさが解消され、すっきりとした目元になります。

アイラインも二重のラインが隠れるほど太く引くのは逆効果です。

細く描くと目を開けているときに見えませんが、目じりのデザインで印象を変えることができます。

目じりを下げるようにするとやわらかい印象となり、目じりのみを太くすれば目の横幅を広く見せることができるでしょう。

最後に涙袋にハイライトを入れて、立体的な目元にしてみてください。

奥二重のアイメイクはアイラインが決めてです


奥二重の方が眠たそうな目にならないようにするには、アイラインの引き方がとても重要です。

目を大きく見せようとすると、アイラインの幅を広くして、色の濃いものを使ってしまう方は少なくありません。

目の周りを強調すれば大きく見えると思ってしまいますが、実は逆に目を小さくして腫れぼったくしている原因なのです。

奥二重の方は二重のラインを隠さないことが重要となるため、黒のアイラインは細く、ラインを引く部分は目の中央から目じりに向かってです。

アイラインは粘膜ギリギリを埋めるようにしながら引いていき、濃くならないよう注意してください。

黒のアイラインをくっきりと描いてしまう方は、茶系やボルドーなど淡い色を選ぶと失敗が少なくなります。

目のポイントは目全体を大きく見せようとするのではなく、目じりにポイントをおくようにします。

ブルーのリキッドアイライナーを使い、目じりだけ色を乗せる方法もオススメです。

奥二重の方は目を開けたときに中央や目頭のラインは見えにくいため、ブルーのアイライナーは目じりだけ入れるようにします。

目じりに色付のアイライナーやアイラインを利用すると、奥二重の目元が印象付けやすく、色で遊べるようになるでしょう。

眠たそうな目元の場合、整形手術による解消法もあります

アイメイクで解消しにくい眠たそうな目元は、思い切って整形手術を受ける方法もあります。

整形手術といってもプチ整形といえる方法から、切開してまぶたのたるみを解消する方法も利用が可能です。

その方のニーズや、術後の仕上がりなどに合わせて、好みの手術が選べます。

眠たそうな目元の解消法として手軽なのが、埋没法です。

メスを使わず二重のラインを変える方法で、まぶたの中を糸で縫い合わせ二重のラインをつくります。

1点留めや、2点留め以外にも、長期間維持しやすい複数個所を留める方法も選択可能です。

メスを入れる方法のなかでもまぶたの脂肪除去のやり方は、マイクロ切開法といいます。

脂肪除去と埋没法を併用する手術で、まぶたの腫れぼったさと二重のラインをつくるために役立つ方法です。

二重のラインと脂肪除去のやり方は、二重のラインで切開する方法もあります。

奥二重が眠たそうに見える原因がまぶたのたるみなら、眼瞼挙筋短縮法を活用しましょう。

年齢とともに下がってくるまぶたの皮膚を持ち上げる手術方法です。

二重のラインで切開し、余分なまぶたのたるみを除去します。

傷跡がちょうど二重のラインと重なり、傷跡は目立ちません。

どの方法が適しているかは人によって変わってくるため、カウセリングを受けて最適な手術方法を選ぶようにしてください。

(まとめ)奥二重で眠そうな眼を解消する方法とは?

1.奥二重の眠そうな目はアイメイクでカバーできます

奥二重で眠そうな目を解消するには、アイメイクを利用するのが手っ取り早いです。

しかし、二重の人向けのアイメイクでは、逆に目を小さくみせてしまうこともあるため、奥二重専用のアイメイクのやり方を覚える必要があります。

2.奥二重の眠たそうな目は二重のラインを隠さないメイク法です

奥二重の方が眠たそうな目を解消するには、二重のラインを隠さず立体的な目元に仕上げるアイメイクがオススメです。

まぶた全体は淡いアイシャドウを乗せ、アイラインも細く引きます。

ハイライトも使って腫れぼったい目元を解消させましょう。

3.奥二重のアイメイクはアイラインが決めてです

奥二重の方が眠たそうな目を解消するポイントは、アイラインを細く、淡い色を選んで二重のラインを見せる方法です。

アイメイクのポイントをつくりたい場合は、ブルーやボルドーのアイラインで目じりだけ色を乗せましょう。

4.眠たそうな目元の場合、整形手術による解消法もあります

眠たそうな目元はクリニックで整形手術を受ける解消法もあります。

メスを使わない埋没法で二重のラインを変える方法や、二重のラインで切開する方法などです。

切開すれば脂肪除去や、まぶたのたるみも同時に解消できます。