一重が嫌いという方でも奥二重になる方法は多数あります


一重が嫌いだと感じている方は、より自然な目元となる奥二重を目指してみましょう。

奥二重になる方法は、アイプチを使う方法や、整形手術など多数のやり方があります。

それぞれメリットとデメリットがあるため、特徴を把握したうえで活用するようにしましょう。

手軽にできる方法はアイプチですが、やり続けることでのデメリットもあるため、詳しく確認することをオススメします。

二重のりは皮膚がたるむデメリットがある方法です

手軽に奥二重にする二重のりは、価格がお手頃で気分次第で二重のラインを変えることができます。

整形手術をするほどではなく、たまに奥二重になりたい方に最適な方法です。

二重のりを使ってまぶたの皮膚をくっつけ、二重のラインを維持させます。

もともと奥二重の目の構造を持っている方は、使い続けることで二重を手に入れた方もいるようです。

二重のりのデメリットは肌に直接触れるもののため、かぶれやすく落ちやすいことです。

かぶれにくい人でもまったく変化がないことは少なく、かぶれているのを見て気が付かないだけなのでしょう。

二重のりは長く使い続けていると、まぶたの皮膚がたるんでくる方や、かぶれを繰り返し皮膚が硬く変化する方もいます。

一度まぶたの皮膚がたるんでしまうと、自力では元に戻すことはできません。

アイプチで皮膚がかぶれている方は、無意識に目を擦っていることが多く、何度も目を擦ることで最悪の場合は眼瞼下垂をおこすこともあります。

二重のりはたまに使うのならよいのかもしれませんが、継続して使うとリスクがあることを覚えておきましょう。

最初は良くても、だんだんと二重から遠ざかってしまうことも少なくないため、注意が必要です。

二重手術の方法は3種類です


一重が嫌いで奥二重になりたい方は、整形手術を選択することも検討してみましょう。

二重手術には、埋没法、部分切開、全切開と3種類あります。

それぞれの特徴を理解したうえで、適した方法を選んでください。

埋没法は糸を使って固定する方法で、メスを使用しません。

そのため傷あとが残りにくく、低料金で受けられて、ダウンタイムが短いのが特徴です。

週末の休みを挟むことで、ダウンタイムに人に合わず過ごすことで、周りにもばれることなく二重整形を受けるということも可能でしょう。

また価格がお手頃なのが埋没法の魅力で、10万円以内でも受けられるため、費用をかけたくない方に向いています。

部分切開法は、埋没法ではすっきりとした目元をつくれない方や、半永久的な効果を得たい方に向いている方法です。

切開する部分は1~2cm程度で、メスを入れたところから脂肪除去や皮膚のたるみ除去をします。

少ししか切開しないため、ダウンタイムが一週間ほどと言われています。

全切開法は、より脂肪除去や皮膚の切除が必要な方や、幅広の二重をつくりたい方に向いています。

切開する部分は部分切開より長くなるため、個人差はありますがダウンタイムが1週間~2週間ほどで済むでしょう。

部分切開と同様に半永久的な二重の効果が期待できるやり方で、効果を維持したい方に選ばれています。

一重を奥二重にするなら自然な仕上がりがオススメです

セルフケアで二重まぶたを作る方法として、マッサージが挙げられることがあるでしょう。

マッサージも場合によっては、効果が期待できるケースがあります。

一重まぶたに見えてしまうという方の中には、奥二重の構造をしていたとしても、まぶたのむくみによって二重のラインを覆っているという原因が挙げられます。

そういった方の場合には、日々のマッサージによってむくみを解消し、奥二重を取り戻せる可能性があるでしょう。

しかし、一重まぶたの方は、マッサージでむくみの解消を望むことができるものの、二重まぶたになるという効果までは見込めない可能性があります。

一重が嫌いで奥二重を目指しているなら、二重手術を選んだときに自然な仕上がりとなるよう調節してもらいましょう。

二重手術で自然な見た目となりやすいのが、誰にでも似合う末広タイプや、自然な奥二重のときです。

日本人が一番似合うともいわれているのが末広型で、奥二重は印象を大きく変えることなく、目元をぱっちりさせます。

奥二重をつくる方法なら、もともと一重の方でも違和感が少なく、ナチュラルな仕上がりとなるでしょう。

(まとめ)一重が嫌いなので奥二重になれますか?

1.一重が嫌いという方でも奥二重になる方法は多数あります

一重が嫌いなら自然な仕上がりとなる奥二重を目指しましょう。

奥二重になる方法は、アイプチや整形手術のやり方があります。

それぞれメリットとデメリットがあるため確認しておいてください。

2.二重のりは皮膚がたるむデメリットがある方法です

手軽に奥二重を手に入れる方法として利用できるのが、二重のりです。

アイプチは皮膚がかぶれやすく、皮膚のたるみリスクもあるため注意しなければなりません。

長期間使い続ける予定の方は、リスクを把握しておきましょう。

3.二重手術の方法は3種類です

一重が嫌いで奥二重を目指すなら、費用がお手頃な埋没法や、ダウンタイムが短く効果が半永久的な部分切開法、脂肪除去や皮膚のたるみ除去がしやすい半永久的な全切開法から選びましょう。

4.一重を奥二重にするなら自然な仕上がりがオススメです

奥二重の方は毎日のマッサージでむくみがとれ、二重のラインが戻る可能性が見込めます。

しかし、一重の方の場合は効果が見込めないため、ぱっちりとしたまぶたを手に入れるために二重整形を検討してみてもよいでしょう。