二重整形の埋没法と切開法は「切る」と「切らない」という大きな違いがあります


二重整形は、主に埋没法と切開法の2種類に分けられます。

埋没法は皮膚などを切らない施術で、切開法はメスなどを使って皮膚を切る施術という違いがあるのです。

埋没法は腫れにくく、やり直しが可能という特徴があります。

一方、切開法は、メスを使用して皮膚を切除する施術で、半永久的に二重まぶたを持続させることができます。

二重整形の目的は二重まぶたをつくることです。

そのため、埋没法も切開法も、二重まぶたにできるという意味では、どちらにもメリットがあります。

どちらにしても、理想の二重まぶたにしたいのであれば、医師とのカウンセリングでしっかりと相談し、適切な施術を見極めることが大切です。

二重整形の埋没法は切らない施術です

二重整形は大きく分けると埋没法と切開法に分けられます。

埋没法は簡単に言うと、切らない施術です。

医療専用の針と糸を使うのが特徴で、短時間で二重にすることができます。

医療用の糸は、髪の毛より細くしなやかな物も出て来ており、そう簡単に切れることもない丈夫なものです。

この針と糸を使い、まぶたの内側を留めて二重のラインを作ります。

ですから、傷が見えることもありませんし、抜糸することもないようです。

埋没法のメリットは短時間の施術であり、腫れるようなダウンタイムのリスクも少ないことでしょう。

また、非常に手軽な施術ですので、気に入らなければ、やり直すことも可能です。

もちろん、元のまぶたに戻したいという要望にも答えやすいのも魅力でしょう。

例えば、あこがれているタレントやモデルと同じような二重まぶたにしたけれど、イメージした顔と異なってしまったというケースもあります。

顔のバランスが崩れることで、下手をしたら二重にしなかった方が良かったというトラブルが発生することも否定できません。

そんなときでも埋没法は対応が可能だと言えるでしょう
また、埋没法なら、メスを使って切らないため、安心感があるという点も大きなメリットです。

切開法はメスを使って皮膚を切る施術です


もう一つの方法である切開法は、メスを使用した施術です。

メスを使って深い二重ラインをつくることで、しっかりとした二重まぶたができます。

ポイントは、半永久的に効果が持続するということでしょう。

また、二重に自信を持っているので、もっと深くしたいという人も切開法を行っているようです。

ただ、半永久的に二重まぶたにできるのは魅力ですが、逆に言えば元に戻すのが難しいというデメリットがあります。

また、イメージしていたのと異なるまぶたになってしまい、元に戻れなくなってしまうというケースもあるでしょう
時代の変化により、流行も変わるというのも忘れないようにしたい所です。

施術後の形以外のまぶたが魅力的と感じられる時代になった時、後悔する可能性もあります。

また、埋没法と違い、施術後に腫れたりするダウンタイムが長期間となりがちです。

そのため、切開法を使った施術をするためには、会社員でも学生でも長期に休む必要も出て来るでしょう。

特に、絶対周囲にばれたくない人は、二重整形を行ったことを隠すためのなんらかの策を講じる必要が出てくるでしょう。

二重整形は埋没法も切開法も同じようにメリットを得ることができます

二重整形を行うことで得られるメリットは多いです。

二重にしたかった理由として、目元にコンプレックスがあるということが挙げられるでしょう。

コンプレックスがあるからこそ、自信を持てないという人もいるはずです。

特に女性は、お化粧をすることでコンプレックスをある程度隠すことができます。

しかし、その分、すっぴんになると途端に自信を失う人や、すっぴんを絶対人に見せたくないという人も少なくはないでしょう。

そういった問題は二重整形をすることで解決につながると言えます。

二重テープ人工的に二重まぶたにできる化粧品を使用している人も多いでしょう。

しかし使用するためにはアイメイクの時間もかかります。

炎症が出てかぶれるといったデメリットも出て来るでしょう。

また、まぶたのシワが原因で目元がたるんでしまうケースにも二重整形は効果的です。

埋没法でも切開法でも、二重まぶたにするという目的は同じです。

理想の二重まぶたにするためには、医師とのカウンセリングが重要となります。

自分はどんな二重まぶたにしたいのか、しっかりイメージしてください。

言葉で伝えるのが苦手なら、理想の二重まぶたをしているモデルや芸能人の写真を医師に見せるとイメージが伝わりやすいでしょう。

もちろん絵に描いても大丈夫です。

しっかりと自分の中のイメージを伝えることで、間違いが起きるリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

(まとめ)二重整形の埋没法と切開法にはどんな違いがあるの?

1.二重整形の埋没法と切開法は「切る」と「切らない」という大きな違いがあります

二重整形には埋没法と切開法の2種類があります。

埋没法は「切らない」施術で、切開法はメスを使った「切る」施術となります。

埋没法は手軽でやりなおしができ、切開法は半永久的に二重まぶたを持続できるメリットがあります。

2.二重整形の埋没法は切らない施術です

二重整形の埋没法は、針と糸を使った皮膚を切らない施術で、短時間で二重を作ることができます。

結果が気に入らなければやり直すことも可能ですし、手軽かつ安心感のある施術方法と言えるでしょう。

3.切開法はメスを使って皮膚を切る施術です

切開法はメスを使用して皮膚を切除する施術です。

しっかりとした、二重まぶたをつくることができ、半永久的に二重まぶたを保てるという大きなメリットがあります。

ただ、ダウンタイムが長いので、ばれたくない人は対策を練る必要があるでしょう。

4.二重整形は埋没法も切開法も同じようにメリットを得ることができます

埋没法と切開法は、施術方法の違いがあるものの、同じように施術の効果を得られると言えます。

二重整形を行うことによって、これまで抱えていた目元のコンプレックスを解決することにつながります。

後悔しないためにも医師とのカウンセリングは重要です。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔