奥二重と二重の違いはどこからくるのか知るヒントは目の構造です


奥二重とは、ラインの幅が極端にせまいことから、二重ラインが埋もれて隠れてしまう目も構造です。

どこからを奥二重と呼ぶのかについて明確な定義はありませんが、二重のラインが見えなくなるタイミングがあれば「奥二重」と考えられます。

二重整形で構造面の違いを埋めることによって、奥二重で重く見えてしまう目元の印象を変えることはできるでしょう。

生まれつき奥二重の原因は2パターンです

生まれつきの奥二重が生じている原因として、「二重のラインが狭いこと」と「まぶたの開きが大きいこと」の2パターンが考えられます。

つまり、まぶたを開く時に起こる反応は同じでも、生まれつきの原因が支障となって、ラインが隠れてしまうと言えるのです。

まぶたを開く時には、上まぶたの淵にある「瞼板」が上まぶたから伸びる筋肉「上眼瞼挙筋」に引っ張られます。

上眼瞼挙筋が瞼板だけでなく、まぶたの皮膚にも枝分かれしてくっついていると、引っ張られた時に2点が動く仕組みです。

瞼板ではない皮膚に付着している部分は内側に折りたたまれるように動くため、二重のラインが作られます。

二重のラインが狭いと、折りたたまれた部分にまぶたの皮膚が覆いかぶさり、一重のように見えてしまう原因です。

まぶたの開きが大きいと、かなり奥のほうまで折りたたまれるので、すべてが埋もれて一重のように見えてしまいます。

いずれにしても二重になる素質があることから、完璧な一重の人より黒目が見える範囲は広いはずです。

二重整形を受けることで奥二重は二重にする効果が期待できます


マッサージなどの自分で行う方法によって理想的なまぶたの形を作ることは大変です。

さらに、アプローチを間違えるとよい結果が生まれないこともあるでしょう。

そのため、埋没法や切開法といった二重整形手術を行うことで、奥二重のコンプレックスを解消できると言われています。

埋没法とは、専用の目立ちにくい糸をまぶたの内部に埋め込み、人工的に引き上げられる部分を作ってあげる手法です。

メスを使用しないため、傷跡も目立ちにくく、ダウンタイムの期間が3日ほどで治まると言われています。

仕事などの都合で時間を割けない方や、普段の生活への影響を少なくしたいと考えている方などに向いていると言えるでしょう。

切開法では、作りたい幅に沿って皮膚を切開、瞼板などと縫い合わせることによって、きれいな二重を作ります。

皮膚を切開したタイミングで余計な脂肪を取ることもできますから、まぶたの皮膚が厚い、脂肪量が多いといったお悩みを抱えている方にはオススメです。

縫合をした状態は半永久的に続くと言われているため、効果を長続きさせたい人にも効果的でしょう。

それぞれの特色を踏まえて、自分のまぶたに合った二重整形の施術を検討してみてください。

理想的な二重の幅や形はなりたいイメージで変わります

二重の幅が狭いと奥二重になると考えた時、どのくらいのサイズならぱっちりきれいな目元に見えるのかが気になる人もいるのではないでしょうか。

あくまでも目安ですが、自然な印象を与える二重まぶたの幅は1~1.5mmくらい、さらにぱっちりとした二重まぶたの幅は3~4mmくらいでしょう。

二重整形する時には、目標とするイメージをあらかじめ考えて、カウンセリングで相談してみるのもよいかもしれません。

二重の幅だけでなく、ラインの形にもこだわって、より理想に近い目元を作っていくことも可能と言われています。

末広形

目頭近くは二重のラインが隠れていて、徐々に広がっていくタイプです。

日本人になじみやすいタイプで、ナチュラルメイクがお好みの人にオススメと言えます。

平行型

目頭部分も二重のラインがはっきり見えて、目が大きく見えるタイプです。

蒙古ひだのない西洋人に多く、ぱっちり大きな目にしたい人にオススメでしょう。

顔全体のバランスを考えた時に美しく見えることを重視するなら、あえてナチュラルなデザインを選択するのもよいかもしれません。

シミュレーションを繰り返して具体的なイメージを見ると、目標とする幅や形がはっきりしてきますから、よく考えて判断しましょう。

(まとめ)奥二重と二重の違いはどこからくるの?

1.奥二重と二重の違いはどこからくるのか知るヒントは目の構造です

ラインが○mmあれば二重、というように二重まぶたを判断する客観的な基準はありません。

どこからが奥二重かどうかは二重のラインが埋もれてしまって、見えなくなる瞬間があることです。

また奥二重は二重整形によって改善できることが見込めるでしょう。

2.生まれつき奥二重の原因は2パターンです

生まれつきの奥二重は、二重幅が狭いもしくは極端に目を大きく開く構造から生まれます。

具体的には、目の周りの筋肉が皮膚の特定ポイントに接していないこと、目が開きすぎることから幅が埋もれてしまうことなどが違いを生む要素です。

3.二重整形を受けることで奥二重は二重にする効果が期待できます

構造面の違いがあるため、マッサージだけで奥二重を解消するのは困難といえます。

二重整形の手術には埋没法や切開法など複数の施術がありますから、それぞれの特徴を踏まえて、自分に適した二重整形の施術を受けてみるのはいかがでしょうか。

4.理想的な二重の幅や形はなりたいイメージで変わります

二重整形に踏み切った場合、カウンセリングを通して作りたい幅のサイズを決めます。

ナチュラルな目では1~1.5mmくらい、さらにぱっちりとした二重の幅で3~4mmくらいを念頭に置き、医師と相談してください。