奥二重に対するトレーニング効果は限定的です


まぶたのトレーニングが奥二重に与える影響は限定的で、すべての人が二重になるとは限りません。

もともと二重だったのに筋力低下で奥二重になってしまった人の場合は変化が見られる可能性もありますが、もともと奥二重だったという場合は効果が期待できません。

また、トレーニング効果を検証するために時間がかかるケースも多いです。

それでも、奥二重を何とかしたいという人の場合は、二重整形などの利用を検討してみてもよいでしょう。

奥二重と二重は構造レベルの違いがあります

奥二重は、大きな分類では二重の仲間とされています。

ただし、根本的な違いは複数あるため、まずは構造から異なるという点について理解しましょう。

目を開く時に、まぶたの付け根あたりにある瞼板が目の周りの筋肉とくっついて、引っ張られるという点については二重と同じです。

二重のラインができる人は、まぶたの筋肉が枝分かれ、瞼板以外に目元の皮膚の一部ともくっついています。

その結果、瞼板が引っ張られるのと同時に中の方へと引き込まれることで、皮膚が折りたたまれるため、二重の幅ができるという仕組みになっているのです。

しかし、奥二重だと枝分かれがない場合や、あるいはラインの幅がせまい場合があるため、すべてが隠れてしまいます。

この状態のままトレーニングを行っても、構造レベルの違いは埋まらないので、二重になることは期待できないと言えるでしょう。

ただ、もともと二重のまぶただったのに、何らかの原因で奥二重になったという人の場合構造上は問題ないため、効果が期待できる可能性があります。

二重整形なら二重との構造上の違いを解消できます


トレーニングでは何ともならない奥二重であっても、二重整形を行う事で改善が望めます。

しっかりとした技術を持った医師に依頼すれば、くっきりとしたきれいな二重まぶたを手にすることができるでしょう。

そのためには、二重整形で用いられる埋没法と切開法の二重を作る構造とメカニズムについてを理解しておきましょう。

埋没法

医療用の細い糸で目元の皮膚の一部と瞼板を連結し、まぶたが引っ張られた時に皮膚内部に引き込まれる部分を人工的に作ってあげるという施術です。

施術ではメスを使わないため、比較的手軽に行う事ができ、ダウンタイムの期間も短いというメリットがあります。

切開法

希望する二重ラインのあたりに小さな切り込みを入れて、瞼板からまぶたの筋肉と癒着させるという施術です。

外科的な施術を用いて直接的な施術を行うため、持続力が高いというメリットがあります。

きれいな二重を長続きさせたい人にオススメです。

また、クリニックのカウンセリングを受けることで奥二重の原因を相談することもできますので、自分の状態をはっきりさせてから、対応方法を考えるのもよいでしょう。

まぶたは人それぞれで異なりますから、美しいまぶたを手に入れるためにはその人に合った対応方法を見つけることが大切です。

医師との綿密な相談を行って、最適な方法を見つけるようにするとよいでしょう。

眼輪筋トレーニングのやり方を紹介します

もともと二重まぶただったという方の場合は、トレーニングを行う事で二重まぶたを取り戻せる場合があります。

もし思い当たるまぶたをお持ちの方は以下のトレーニングを行ってみてもよいでしょう。

眼輪筋トレーニング
  1. 眉間にシワがよらないように意識しながら、目を細めます
  2. 両手を眉の上に置き、動かないように固定したまま、大きく目を開いてください

鏡を見ながら行うとわかりますが、目を細めた時点ですでに眉間にシワが入ってしまう人も多いのではないでしょうか。

目の開け閉めを行う筋肉が十分に働いていないと、周りの力を借りてまぶたを動かすことになるため、眉間にシワが入ります。

見開く時に眉が動かないように意識するのも、目を開け閉めする筋肉の力だけで動かせるように習慣づけるねらいです。

合わせて、むくみを解消するマッサージも行うと、血行が改善されて目の上がすっきりします。

眼精疲労解消効果も期待されますから、目を酷使した後、まぶたの重だるさが気になったタイミングで行うというのもオススメです。

トレーニングだけで奥二重を二重にするのは難しいです。

しかし、こういったトレーニングは目元を若々しく維持するために役立ちます。

目的と意味を理解したうえ、トレーニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)トレーニングで奥二重を二重にできる?

1.奥二重に対するトレーニング効果は限定的です

まぶたのトレーニングの効果は限定的で、すべての人に対してオススメできる対策とは言えません。

生まれつきの奥二重をトレーニングだけで二重にするのは大変で、検証に時間がかかる問題もあります。

2.奥二重と二重は構造レベルの違いがあります

トレーニングで奥二重から二重にするのが難しい理屈として、構造レベルの違いが考えられます。

そのため、もともとぱっちりとした二重まぶたでないという場合は、トレーニングを行っても効果が期待できないと言えるでしょう。

3.二重整形なら二重との構造上の違いを解消できます

トレーニング効果が見られなかった奥二重に対しても、二重整形であれば改善が望めます。

自分のまぶたと求める理想にあった施術を行うことで、自分のまぶたに適した美しい仕上がりを期待できます。

4.眼輪筋トレーニングのやり方を紹介します

眼輪筋トレーニングでは、額の力を借りることなく目を開閉する筋力をつけていきます。

眼精疲労に対しての効果や目元を若々しく保つための効果も期待できるため、目的と意味を理解してトレーニングを利用してみましょう。