奥二重がどんな目かというと、一重のように見えても二重ラインがある目のことです


奥二重と呼ばれるまぶたの状態は、一見一重のようにも見えますが、一重にはない二重ラインがしっかりとある目のことを言います。

このようなまぶたの状態になる原因はいくつかあり、奥二重の方がぱっちり二重になりたい場合に受ける施術法も、奥二重の原因や状態によって異なります。

奥二重の方は自身のまぶたの状態を正確に把握して、まぶたに合った施術を受けることが大切と言えるでしょう。

一重には二重ラインはありませんが、奥二重には二重ラインがあります

一重の方と、奥二重の方が目を開けた状態でいると、あまり区別がつきにくいことがあります。

しかし、一重の方の場合は、二重のラインがあります。

奥二重の方の目は、目を開けていると一見一重のように見えるけれども、実は二重であるということが分かります。

ひとくちに奥二重といっても、まったくの一重のように見えるタイプから、目頭から目の中央あたりまでは一重に見えるけれど、目尻に向かうにつれて二重ラインが見えているというようなケースもあります。

奥二重になる原因も大きく分けると、二重ラインの幅が狭いことが原因になっているタイプと、まぶたの脂肪や皮膚の量が原因になっているタイプの2パターンに分かれます。

二重ラインの幅が原因になっているタイプは、しっかりとした二重ラインはあるもの、その幅が狭く目を開く時に二重ラインが内側へ折りたたまれてしまい、二重ラインよりも上の皮膚がまつ毛の生え際までかぶさるようになって二重ラインを隠してしまうというものです。

二重ラインの幅はそれほど狭くないけれど、まぶたの脂肪が厚かったり、まぶたの皮膚の量が多かったりする場合は、それらが二重ラインを隠してしまうような格好になり、奥二重の状態になります。

奥二重にはクールで知的ですがコンプレックスに感じる方もいます


奥二重の目元はクールな印象や、知的、中性的などさまざまなプラスのイメージがあります。

芸能人の中にも奥二重の方はたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、奥二重のイメージや奥二重を活かしたメイクを楽しむ方がいる一方で、奥二重であることをコンプレックスのように感じる方もいます。

多くの場合は、ぱっちり二重に比べて眠そうに見える、冷たそうに見える、表情が暗く見えるピンク系のアイシャドウを使うとまぶたが腫れたように見えるなどネガティブなイメージを抱くようです。

奥二重をぱっちりとした二重に変えたいと、セルフケアとして二重のりを使用する方もいます。

しかし二重のりはまぶたの皮膚を引っ張って糊で留めているため、長期間や長時間の使用でまぶたの皮膚が伸びてしまうことがあります。

また、糊によってまぶたの皮膚がかぶれる、かさつくなどのダメージを受けることも少なくありません。

伸びてしまったまぶたの皮膚やダメージを受けて分厚くなった皮膚は、セルフケアで元通りにすることはできず、かえって奥二重の状態を強くしてしまう可能性もあり注意が必要です。

奥二重をコンプレックスに感じ方は二重整形がオススメです

奥二重のことで悩んでいる方、コンプレックスに感じている方は二重整形でぱっちり二重にすることをオススメします。

二重整形を受けてコンプレックスをなくすだけでなく、毎日のメイクの時間も時短になり、時間を有効に使うことができます。

ぱっちり二重になったことで、ノーメイクのときでも自信を持っていられるようになった、性格が前向きになったと言われるなど外見だけでなく内面からの変化を感じる方も多いようです。

奥二重の目をぱっちり二重にするには、医療用の糸でまぶたの裏側から皮膚を縫い止めて二重ラインを作るという埋没法や、メスを入れて好みの二重のデザインし、同時にまぶたの脂肪の除去などもできるという切開法などの施術があります。

奥二重の原因となっている内容やまぶたの状態によって、埋没法と切開法のどちらを選ぶのかを決めることで、より自然で自分の顔立ちや目の形などに合った目元を手に入れることができます。

目は顔の中でも第一印象や表情につながる大切なパーツです。

施術を受けるクリニックは、価格だけでなく技術力やカウンセリング力のある信頼できるクリニックを選ぶことをオススメします。

(まとめ)奥二重とはどんな目のことを意味するの?

1.奥二重がどんな目かというと、一重のように見えても二重ラインがある目のことです

奥二重と呼ばれる状態になる原因はいくつかあります。

奥二重の方がぱっちり目になりたい場合は、奥二重の原因や状態を見極めて、まぶたに合った施術方法を選ぶことが大切です。

2.一重には二重ラインはありませんが、奥二重には二重ラインがあります

奥二重の目には、一重にはない二重ラインがあるのが特徴です。

二重ラインの幅が狭い場合や、まぶたの脂肪や皮膚の量が多い場合には、二重ラインの上にそれらがかぶさり、二重ラインを隠してしまうことで奥二重になることがあります。

3.奥二重にはクールで知的ですがコンプレックスに感じる方もいます

奥二重はクールで知的という反面、表情が暗く見える、眠たそうなどのマイナスイメージを抱く方もいます。

ぱっちり二重にするために二重のりを使用すると、まぶたの皮膚が伸びたり分厚くなったりなど、一重の状態がより強くなる可能性もあります。

4.奥二重をコンプレックスに感じ方は二重整形がオススメです

奥二重をコンプレックスに感じている方が、二重整形で理想の目元を手に入れると、自信を持てるようになり性格が明るくなるなど内面の変化も期待できます。

自分の顔立ちや目の形に合った施術法が選べる、信頼できるクリニックを探しましょう。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔