大人になって奥二重になったのは、加齢によるたるみやまぶたの脂肪が原因です


大人になると、全体的にお肌のハリが失われがちです。

まぶたの皮膚もほかの部分と同じようにハリがなくなり、皮膚がたるんできます。

加齢によって皮膚のたるみが生じると、二重のラインにかぶさり、二重ラインを隠してしまうため奥二重になってしまうのです。

たるみ以外にも、まぶたに脂肪がついたり皮膚が分厚くなったりすることなどでも奥二重になりやすくなります。

加齢によるまぶたのたるみは、奥二重になる上に老け顔になりがちです

加齢によって皮膚がたるむという現象は、まぶたの皮膚にも起こります。

年齢を重ねるごとにまぶたの皮膚のハリが失われ、たるんだ皮膚が二重ラインにまで覆いかぶさり、二重ラインを見えづらくしてしまいます。

若い頃はぱっちり二重だったのに、大人になってから奥二重になったという方の場合は、たるみが原因であることが多いでしょう。

まぶたのたるみは、目頭よりも目尻部分に強く出がちで、奥二重になるだけでなく、目全体の形が三角形のような形になることもあります。

まぶたの皮膚がたるみ、三角形になった目元は、顔全体に老けた印象を与えます。

表情も暗く見えるため、その方の持つ印象までも変えてしまうケースもあります。

加齢でまぶたの皮膚がたるむと、若い時よりも視界が狭くなるため、狭くなった視界を広げようと、無意識的に目を大きく開こうとします。

そのために、額にシワが増えたり肩こりの原因になったりすることもあります。

大人になるにしたがって奥二重になってきたと感じる方は、まぶたの皮膚がたるんでいないかチェックしてみましょう。

まぶたの皮膚がたるんでいる場合は眉下切開がオススメです


ひとくちに二重整形といっても、さまざまなタイプの施術方法があります。

単純にまぶたに二重のラインを作りたいというものから、加齢によるまぶたの皮膚のたるみを除去したいという場合や、まぶたの皮膚の脂肪を除去したいという場合、二重ラインを作ると同時に理想的な目の形に変えたいなど、施術を受ける方の希望と医師の見解を加味した上で施術法を選びます。

加齢とともにまぶたの皮膚がたるんできたことによって奥二重になっているという方の場合は、眉下切開という施術法がオススメです。

眉毛の下を切開し、たるんだ皮膚をリフトアップし、余分な皮膚を切除し縫合するという施術内容です。

眉下切開は傷が目立ちにくく、施術後も腫れにくいというメリットがあります。

また、自然な印象のままたるみを取ることができるため、施術を受けたと周りの方にバレにくく、その上顔全体の印象が非常に若々しくなるとして人気があります。

眉下切開はまぶたのたるみに対処するオーソドックスな施術法ですが、目元の状態によってより合う施術法がある場合もあります。

加齢によるまぶたの皮膚のたるみが気になる方は、二重整形クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

加齢にともない太ってしまった方も奥二重になりがちです

大人になるにしたがって奥二重になるという理由は、まぶたの皮膚のたるみだけではありません。

加齢にともなって、太ってしまったという場合にも、まぶたに脂肪がつきまぶたの皮膚が二重ラインを隠してしまうことで奥二重になってしまうことがあります。

ほかにも、まぶたが何らかの原因でダメージを受けた場合には、まぶたの皮膚が分厚くなってしまうことがあり、皮膚の厚みによって奥二重になってしまうこともあります。

これらの理由で奥二重になっている場合でも、二重整形の施術でケアを行うことで、ぱっちりとした二重に戻すことが可能です。

奥二重を二重にすることは、奥二重になっている原因を突き止め、その原因に対処できるような施術法を選択することが重要です。

二重整形を受けるといっても、奥二重になっている原因に対処できないような施術法を選んでしまうと、施術を受ける意味がありません。

二重整形を検討している方は、二重整形の実績が多く、安定した高い技術力がある信頼できるクリニックを探すことをオススメします。

(まとめ)大人になってから奥二重になった人の原因は何?

1.大人になって奥二重になったのは、加齢によるたるみやまぶたの脂肪が原因です

加齢によってまぶたの皮膚がたるみ、二重のラインにかぶさることによって奥二重になることがあります。

ほかにも、まぶたの脂肪が増えたり、まぶたの皮膚が分厚くなったりするような場合も奥二重になりやすい傾向にあります。

2.加齢によるまぶたのたるみは、奥二重になる上に老け顔になりがちです

加齢によってまぶたの皮膚がたるむと、たるみが二重ラインにかぶさり奥二重になってしまうことがあります。

目の形が三角形のようになると老けた印象を与えてしまいがちです。

加齢と比例して奥二重になったと感じる方はまぶたの皮膚をチェックしてみましょう。

3.まぶたの皮膚がたるんでいる場合は眉下切開がおすすめです

加齢によりまぶたの皮膚がたるんでいる場合は、眉下切開という施術を受けることをオススメします。

傷が目立ちにくく腫れも出にくい眉下を切開してまぶたの余分なたるみを除去することで、自然な印象のまま若返りが期待できます。

4.加齢にともない太ってしまった方も奥二重になりがちです

太ることでまぶたに脂肪がついた場合や、まぶたがダメージを受けることでまぶたの皮膚が分厚くなってしまった場合でも奥二重になりやすいものです。

奥二重の原因を突き止め、対処できる施術法を選んでくれるクリニックを探しましょう。