二重ラインが見えない状態の二重のことを奥二重と言います


二重のラインがあるのに、目を開けたら一重に見えてしまう目の方の場合、「自分は一重なのかも」と思うこともあるでしょう。

目を開けた時に一重に見えるような状態でもまぶたに二重ラインがある場合、「奥二重」の状態であると言えます。

奥二重の方は、二重のラインが何かしらの理由で目を開けた時に隠れてしまって見えなくなっている状態です。

一重のような見た目であっても、二重の種類のうちの1つと言えるでしょう。

奥二重のラインが見えないのは、二重の幅が狭い可能性があります

奥二重の方は、二重ラインがあるのにどうして目を開けたら一重に見えてしまうのだろうと不思議に思うことも多いのではないでしょうか。

二重ラインがあるのに目を開けた時に一重のように見える場合、二重ラインの幅が狭い可能性があります。

まぶたは、開ける時に上眼瞼挙筋という筋肉がまぶたを引っ張りますが、この筋肉はまぶたの先のほうでいくつかに枝分かれしています。

枝分かれした先がまぶたの皮膚に届いている場合、まぶたを開ける時に皮膚を引っ張り、皮膚が折りたたまれることで二重ラインができます。

二重ラインの幅が狭い場合、まぶたを開ける時に二重ラインとして皮膚が折りこまれても、二重ラインよりも上の皮膚がまつ毛の際まで覆いかぶさるようになり、二重ラインを見えなくしてしまいます。

奥二重の場合、目を開けた時に二重ラインがなくなるというのではなく、一般的な二重と同じように二重ラインは折りたたまれているのですが、外見上見えにくくなってしまっているということです。

二重整形では、施術によって二重ラインの幅を広げることができます。

まぶたの皮膚や脂肪の量などに問題がない場合は、切開せずに受けられる埋没法という施術法が人気です。

痩せたりむくみが取れたりすると二重ラインが見えやすくなることがあります


二重ラインの幅はそれほど狭いわけではないのに、目を開けると二重ラインが見えなくなってしまうという方の場合は、まぶたの皮膚の量が多い、まぶたの皮膚が分厚い、まぶたの脂肪の量が多いなどの理由が考えられます。

まぶたの皮膚や脂肪の状態によっては、二重ラインの幅がそれほど狭くない場合でも、二重ラインよりも上の皮膚が覆いかぶさり二重ラインが隠れてしまうことがあります。

まぶたの脂肪の量が多い場合やまぶたがむくんでいる場合は、スポーツやダイエットなどで痩せたりむくみが改善されたりすると、まぶたがすっきりして二重ラインが目立ちやすくなることもあります。

まぶたをすっきりさせるセルフマッサージなどもありますが、まぶたの皮膚は非常に薄くてデリケートなので、強くこすったり刺激を加えることで皮膚がダメージを受け、皮膚が厚みを増したり伸びたりしてしまう可能性もあります。

むくみを取るはずのマッサージがかえって状態をひどくしてしまうケースもあるため注意が必要です。

二重整形には、まぶたの脂肪を除去できる施術もあるため検討してみてはいかがでしょうか。

奥二重の方は二重ラインがつぶれないようにメイクも気を付けましょう

奥二重の方は、メイクする時に少し工夫することで二重を目立ちやすくすることもできます。

ピンク系のアイシャドウを使うと、まぶたが腫れぼったく見えがちです。

アイシャドウは明るめのブラウンがオススメです。

まぶた全体にのせ、二重ラインは少し濃いめのブラウンでなぞると陰影が出て二重ラインが目立ちやすくなります。

アイライナーを太くのせると二重がつぶれてしまうため、アイライナーはブラウン系で細く乗せるか、目尻の部分にだけ引くと切れ長が強調され、目が大きく見えます。

奥二重の場合、目元がきつく見られがちですが、涙袋や目頭にホワイト系を乗せると目元が明るく優しく見えるためオススメです。

目頭にホワイト系を乗せると顔立ちが若く見え、アンチエイジング効果も期待できます。

奥二重のメイクに悩んでいるかたは、二重整形の施術を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

二重整形でぱっちり二重が手に入れば、メイク時間の時短にもなります。

施術を受けた方には、ノーメイクでも顔に自信が出るようになったという方も少なくありません。

また、施術に対して不安があるという場合には、無料カウンセリングを行っているクリニックを活用してみてもよいでしょう。

(まとめ)二重のラインがあるのに見えないという目は奥二重?

1.二重ラインが見えない状態の二重のことを奥二重と言います

二重ラインがまぶたにあるのに、何かしらの理由で目を開いた時に二重ラインが見えなくなってしまっている状態のことを奥二重といいます。

見た目は一重のように見えても、奥二重は二重の種類のうちの1つです。

2.奥二重のラインが見えないのは、二重の幅が狭い可能性があります

目を開ける時に上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚を引っ張ることで二重ラインが作られます。

二重ラインの幅が狭い場合、目を開けた時に、二重ラインよりも上の皮膚が二重ラインの上に覆いかぶさり、二重ラインを見えなくしてしまうことがあります。

3.痩せたりむくみが取れたりすると二重ラインが見えやすくなることがあります

まぶたの皮膚の量が多い、まぶたの皮膚が分厚い、まぶたの脂肪の量が多いなどの場合には、二重ラインより上の皮膚が覆いかぶさり奥二重になることがあります。

まぶたのセルフマッサージは、やり方によっては症状がひどくなることがあるため注意が必要です。

4.奥二重の方は二重ラインがつぶれないようにメイクも気を付けましょう

奥二重の方は、二重ラインがつぶれないようにメイクしてみましょう。

アイシャドウの選び方やアイラインの引き方がポイントです。

奥二重に悩む方は、二重整形の施術を受けてぱっちり二重を手に入れると、メイクも楽になり時短にもつながるためオススメです。