寝る前に二重のりをして寝ることで、皮膚がかぶれてより奥二重が強くなる可能性があります


まぶたの皮膚は非常に薄くてデリケートなため、個人差はありますが、二重のりの糊でダメージを受けてしまう場合があります。

寝る前に付けてそのまま寝ると長時間使用することになり、まぶたが受けてしまうダメージが非常に大きくなってしまう場合もあるのです。

二重のりの間違った使用法や長時間の使用によって、まぶたの皮膚がダメージを受け、奥二重の状態がより強くなってしまうことがあります。

寝る前に二重のりを付けて、そのまま寝ることにはリスクがあります

二重のりは一重や奥二重の方が手軽にぱっちり二重になれるアイテムです。

手軽さというメリットがある反面、大きなリスクもあるため注意が必要です。

まぶたの皮膚の薄さは体の中でもトップクラスです。

薄いだけでなく、柔らかなのでダメージを受けやすい非常にデリケートなものです。

人によって程度は異なりますが、二重のりの使用は付けるたびにまぶたにダメージを与えています。

連続での使用や、長期間の使用、夜寝る前に付けてそのまま寝るなど長時間の使用は、ダメージをより強いものにしてしまいます。

二重のりの糊で受けるダメージは、皮膚のかぶれや赤み、腫れなどさまざまな状態になって現れます。

まぶたの皮膚は二重のりによるダメージの結果分厚く硬くなります。

ダメージを受けた皮膚はケアをしても完全に元通りにはならず、最悪の場合は、二重整形でもきれいな二重が作りにくくなるほどになります。

二重の癖付けのために長時間まぶたを引っ張り続けることで、まぶたの皮膚が伸びてしまうことも問題です。

皮膚が伸びてたるむと奥二重の状態がより強くなってしまいます。

手軽にできる二重のりですが大きなリスクがあることを知ることが大切です。

まぶたの皮膚が伸びると、奥二重がより強くなる可能性があります


寝る前に二重のりを付けて朝までそのままにしていると、まぶたの皮膚に常にストレスがかかります。

まぶたは二重のりによって引っ張られることで、徐々に伸びていきます。

まぶたの皮膚が伸びると、たるみにつながります。

奥二重の原因は人によってさまざまですが、まぶたの皮膚のたるみもそのうちの1つです。

奥二重の方の中には、二重ラインの幅が狭い方も多いものですが、二重ラインの幅がそれほど狭くない方の場合でも、まぶたの皮膚が伸ばされてしまうと二重ラインに覆いかぶさるように皮膚が乗るようになります。

二重ラインに皮膚が覆いかぶさり二重ラインを隠してしまうことで、奥二重の状態をより強く頑固にしてしまいます。

一度伸びてしまった皮膚は、自然に元に戻ることはありません。

まぶたの皮膚を不必要に伸ばさないためにも、二重のりの長時間の使用は避けることをオススメします。

二重整形は二重ラインを作ることと思われがちですがそれだけではなく、奥二重の原因になっているまぶたの皮膚の量を調整したり、まぶたについた脂肪を除去したりすることもできます。

詳しい内容が知りたい場合には、二重整形クリニックの無料カウンセリングを利用してみましょう。

奥二重で悩んでいる場合は、二重整形の施術も検討してみましょう

二重のりで二重を作っている方の中には、二重のりを外したときの自分の顔と、二重のりを付けているときの自分の顔にギャップがあり、常に二重のりをしておかなければ不安になるという状態になってしまっている方も少なくありません。

また、二重のりを付けて二重にしていることを周囲に知られたくないとして、温泉やプール、海などに遊びに行けないという方もいます。

目元に悩む一重の方や奥二重の方の場合は、二重整形の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

術後しばらくはダウンタイムが必要ではあるものの、その後は何もしなくてもぱっちりとした二重が手に入ります。

メイクの時間も短縮できるほか、ノーメイクでも二重がキープでき、二重整形の施術後、素顔に自信が出たという方も多いものです。

二重整形の施術にはダウンタイムが短いものや、半永久的に二重が取れないもの、同時にまぶたの脂肪を除去するものなどさまざまです。

自分の目元の状態に合った施術を見つけて、理想的な目元を手に入れましょう。

(まとめ)寝る前に二重のりをして寝たら奥二重も二重になる?

1.寝る前に二重のりをして寝ることで、皮膚がかぶれてより奥二重が強くなる可能性があります

寝る前に二重のりを付けてそのまま寝ると、まぶたの皮膚には長時間のストレスがかかります。

二重のりの長時間使用が原因で奥二重の状態がより強くなることもあるため、使用には注意が必要です。

2.寝る前に二重のりを付けて、そのまま寝ることにはリスクがあります

二重のりは手軽さの反面、奥二重の状態がより強くなる可能性があるという大きなデメリットがあることを忘れてはいけません。

二重のりの長時間の使用、長期間の使用は、まぶたへの負担が大きくオススメできません。

3.まぶたの皮膚が伸びると、奥二重がより強くなる可能性があります

二重のりの長期連用でまぶたの皮膚が伸びてしまう可能性があります。

伸びた皮膚は自然に元に戻ることはなく、そればかりか伸びた皮膚によって二重ラインが隠され、奥二重の状態をより強くしてしまうことがあります。

4.奥二重で悩んでいる場合は、二重整形の施術も検討してみましょう

二重のりは付けている時と外した時で顔にギャップが出るため、二重のり依存症になる方もいます。

二重整形の施術を受けることでそのような心配もなくなり、メイクの時間も時短になります。

二重整形の施術で理想的な目元を手に入れてみてはいかがでしょうか。