途中までしか奥二重のラインが入らない理由は脂肪の多さや上眼瞼挙筋の弱さが原因です


まぶたを開くときに使う上眼瞼挙筋が皮膚につながり、まぶたを引っ張ることで二重まぶたができると言われています。

上眼瞼挙筋が目の縁より上の皮膚に付着していない、あるいはまぶたの脂肪が多いと一重まぶたになります。

奥二重のラインが途中までしか入らない原因は、上眼瞼挙筋の付着程度が弱いか、まぶたの脂肪で皮膚が折りたたまれないことだと考えられるでしょう。

奥二重は二重まぶたの一種です

奥二重は一重まぶたと混同されがちですが、一重まぶたとはまぶたの構造が違うと考えられています。

奥二重は二重まぶたの一種として捉えられており、二重まぶたの中でもまぶたの脂肪が多く、二重のラインが見えにくいという特徴をもっているのです。

二重のラインが見えにくい理由としては、二重のラインが狭いことやまぶたの脂肪が多いことが挙げられるでしょう。

奥二重と一重まぶたの違いは、二重まぶたの構造にあります。

まぶたを開くときには上眼瞼挙筋という筋肉が使われ、この筋肉は枝分かれしていてまぶたにつながっていると言います。

上眼瞼挙筋がまぶたの縁より上側の皮膚に付着すると、その部分が折りたたまれて二重まぶたが形成されるのです。

つまり、上眼瞼挙筋がまぶたの縁より上側の皮膚に付着していないと一重まぶたになるというわけです。

ほかにも付着していてもその力が弱い、もしくはまぶたの脂肪が多くて皮膚が折りたたまれないことも、二重まぶたができない要因と言えるでしょう。

また、二重まぶたは二重の形状によってさまざまな種類に分けられています。

日本人にもっとも多いのが奥二重で、欧米人に多いのは幅の広い平行型の二重だと言われています。

奥二重のラインが途中までしか入らない原因はさまざまなものがあります


奥二重のラインがまぶたの途中までは入っているけれど、目尻まで続いておらず一重まぶたのようになってしまう方もいるでしょう。

奥二重のラインが途中までで切れてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。

一つ目は、上眼瞼挙筋の付着程度が弱いことです。

一重まぶたの構造とよく似ており、二重の構造が完全でない人に多いケースと言われています。

二つ目は、まぶたの脂肪が多くて皮膚が折りたたまれないことです。

この場合、まぶたの脂肪を落とすことで奥二重のラインが現れる可能性があります。

ただし、マッサージや目の運動を行ってもまぶたの脂肪を落とすことは難しいとされています。

三つ目は、まぶたが十分に開かないことです。

まぶたを上まで開くことができないと、まぶたの脂肪が目に覆いかぶさってしまい二重のラインが形成されません。

加齢などでまぶたの開きが悪い方は、眼瞼下垂の施術を受けることでまぶたが大きく開くようになるでしょう。

このように、奥二重のラインが途中までで切れてしまう原因は人それぞれだと言えます。

キレイなラインを形成する方法も一つではありませんから、クリニックで相談するのがよいでしょう。

二重のりの使用にはデメリットがあります

奥二重のラインを目尻側まで伸ばし、キレイなラインを形成する方法として二重のりなどの二重まぶた用化粧品を使用されている方も多いでしょう。

二重まぶた用化粧品は、100円ショップやディスカウントショップなどで販売されており、価格も比較的安価なため手軽に購入することができます。

また、美容整形に恐怖心や不安感を抱いている方が、施術を行わずに二重まぶたになれるというメリットが挙げられるでしょう。

しかしながら、アイプチやアイテープなどを長期間使用することでさまざまなデメリットが生じる可能性があります。

まず、二重まぶた用化粧品には特殊なのりが入っています。

まぶたの皮膚はほかの部位と比べると非常に薄くデリケートです。

そのため、使用後に赤みやかぶれなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

炎症を起こして皮膚科に通院しなければならなくなるケースも少なくありません。

さらに、長期間使用することでまぶたの皮膚に大きな負担がかかり、まぶたのたるみや色素沈着などの原因になる恐れがあるのです。

二重まぶた用化粧品を使用する際は、こういったデメリットやリスクを考える必要があるでしょう。

(まとめ)奥二重のラインが途中までで止まってしまうのはなぜ?

1.途中までしか奥二重のラインが入らない理由は脂肪の多さや上眼瞼挙筋の弱さが原因です

二重まぶたは皮膚につながっている上眼瞼挙筋がまぶたを引っ張ることでできると言われています。

奥二重のラインが途中までしか入らないのは、上眼瞼挙筋の付着が弱い、もしくはまぶたの脂肪が多く皮膚が折りたたまれないことが原因でしょう。

2.奥二重は二重まぶたの一種です

奥二重は二重まぶたの一種であり、一重まぶたの構造とは異なると考えられています。

二重まぶたはまぶたを開くときに使う上眼瞼挙筋がまぶたの縁より上側の皮膚に付着しており、その部分が折りたたまれることで形成される構造になっているのです。

3.奥二重のラインが途中までしか入らない原因はさまざまなものがあります

奥二重のラインが途中で切れている原因として、上眼瞼挙筋の付着が弱いことやまぶたの脂肪が多いこと、まぶたが十分に開かないことなどが挙げられます。

キレイな奥二重のラインを形成したい場合は、クリニックへ相談することがおすすめです。

4.二重のりの使用にはデメリットがあります

二重のりなどを使用して、奥二重のラインを作っている方もいるでしょう。

しかし二重まぶた用化粧品は手軽に購入できる分デメリットが多く、肌トラブルを起こしたりまぶたのたるみの原因になったりしてしまう可能性があります。