目が疲れると奥二重になるのは血行不良によるむくみが原因です


目が疲れたとき、一時的に奥二重になる方はいらっしゃいますが、大半の場合は時間が経過すると元の一重まぶたに戻ってしまいます。

パソコンを一日中使用するなど目を酷使すると、疲労が溜まり血行不良になることがあるのです。

一重まぶたの方が奥二重になるのは、血行不良からまぶたのむくみが起き、まぶたの皮膚が変形してしまうのが原因と考えられます。

目を酷使することがまぶたのむくみにつながります

デスクワークをしている方は、パソコンを使用する機会が多く、同じ距離のモニターを見続ける時間が長くなりがちです。

目を酷使することで目の周りの筋肉が疲労を起こし、疲れ目の症状につながることがあります。

疲れ目になるとまぶたが重たくなるだけでなく、目の前のものが二重に見える、充血する、目がかすむ、頭痛を伴うなどの症状がみられます。

また、人によってはもともと一重まぶたなのに一時的に奥二重になるという方もいらっしゃるでしょう
反対に、もともと二重まぶたや奥二重なのに一時的に一重まぶたになってしまうという方もいるかもしれません。

目が疲れることで一重まぶたから奥二重に、二重まぶたや奥二重から一重まぶたに変わってしまうのはなぜなのでしょうか。

疲れ目になり疲労が溜まると、目の周りが血行不良に陥ってしまうことがあります。

すると、血液によって運搬されるはずの酸素や栄養素がまぶたに行き渡らなくなり、まぶたがむくむ原因となります。

まぶたのむくみにより皮膚に変形が起き、その結果、まぶたの形状も変化することがあるのです。

そのため、目の疲れによりまぶたの形状が変わると、何かしら疲れ目の症状を伴っている可能性が高いでしょう。

クリニックで施術を受けることで理想的なまぶたを目指しましょう


まぶたの形状が変化する原因には、疲れ目のほかにも加齢によるまぶたのたるみや体重増加によりまぶたに脂肪が付いたことなどが考えられます。

これらの原因を解消する方法として、まぶたの血行を良くすることや筋肉を鍛えること、痩せることなどが挙げられます。

また、まぶたにピンポイントに働きかける方法としてまぶたのマッサージなどを実践されている方もいらっしゃるでしょう。

まぶたのマッサージを続けることで、一重まぶたから奥二重になったという話を聞いたことがあるかもしれません。

しかしながら、まぶたのマッサージだけでまぶたの筋肉を鍛えたり脂肪を落としたりすることは困難と考えられています。

むしろ、まぶたに摩擦を与えることでシワやたるみ、色素沈着等の原因になってしまう恐れがあるため注意が必要です。

とくに、施術なしで一重まぶたから奥二重になることは難しいと言われています。

なぜなら、そもそも一重まぶたと奥二重の構造は違うからです。

奥二重の方は挙筋腱膜とまぶたの皮膚が付着していることでラインが入りますが、一重まぶたの方には該当しません。

加齢や体重増加によりまぶたの形状が変化してしまった場合、二重整形の施術を受けた方が理想的なまぶたになれる可能性は高いと言えるでしょう。

疲れ目にならないような工夫を行いましょう

いくら一重まぶたから奥二重になれるからと言っても、疲れ目になるのは避けた方が良いでしょう。

スマートフォンの普及に伴い、デスクワークをする人でなくとも目を酷使する傾向にあります。

疲れ目にならないための工夫をいくつかご紹介していきましょう。

蒸しタオルで温める

水で濡らしたタオルを電子レンジで30秒程度加熱し、40℃を限度とした温度のものをまぶたの上に乗せます。

目を長時間使用した後は、目の周りにある筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することで疲れ目の解消が期待できるでしょう

適度に目を休める

パソコンやスマートフォンを使い調べ物や作業に集中すると長時間画面を見てしまいがちです。

目の酷使は疲れ目の大きな原因となりますから、一時間おきに目を休める時間をとることが推奨されています。

どうしても長時間操作が必要な場合、フィルターを用いてブルーライトを軽減させるようにしましょう。

正しい姿勢を保つ

目の負担を最小限に抑えるためには、正しい姿勢を保つことも効果的です。

背筋を伸ばし、画面を見る目線を下向きにするだけでも疲れ目の予防になると言います。”

(まとめ)目が疲れると奥二重になるのはなぜ?

1.目が疲れると奥二重になるのは血行不良によるむくみが原因です

目が疲れたとき、一重まぶたの人でも一時的に奥二重になることがあります。

それは、目を酷使することによって血行不良になり、まぶたのむくみが皮膚を変形させてしまうのが原因と考えられます。

2.目を酷使することがまぶたのむくみにつながります

目の周りの筋肉が疲れると、疲れ目の症状や一重まぶたが奥二重になる、または二重まぶたが一重まぶたになるなどまぶたの形状の変化が起こることがあるでしょう。

目を酷使することで目の周りが血行不良を起こし、まぶたがむくむことの原因と考えられるでしょう。

3.クリニックで施術を受けることで理想的なまぶたを目指しましょう

まぶたがたるんだり脂肪が付いたりすることで二重まぶたから一重まぶたになることがあります。

二重まぶたに戻すため、また一重まぶたから奥二重になるためにまぶたのマッサージを行う方がいますが、確実な方法とは言えません。

4.疲れ目にならないような工夫を行いましょう

一重まぶたから奥二重になるからと言って疲れ目がよい症状とは言えません。

蒸しタオルで温める、適度に目を休める、正しい姿勢を保つなどの工夫を行い、疲れ目を予防しましょう。