まぶたが分厚い奥二重でも二重まぶたになることは可能と言われています


二重まぶたと一重まぶたではまぶたの構造が異なると考えられています。

まぶたを持ち上げる時に使う眼瞼挙筋が瞼板と一か所のみで癒着していれば一重まぶたになり、枝分かれして皮膚との癒着があれば二重まぶたになるという仕組みです。

奥二重は二重まぶたと同じ構造を持っているため、まぶたの余分な脂肪や皮膚を除去することで二重のラインがはっきりとする可能性があるでしょう。

眼瞼挙筋が枝分かれしていると二重まぶたになります

一重まぶたと二重まぶたとは、皮膚の表面にラインが付いているかいないかの違いではなく、まぶたを持ち上げる筋肉のつき方にあると考えられています。

まぶたは薄い皮膚に覆われており、その一番奥に瞼板と呼ばれる硬い組織があり、まぶたを支える芯のような役割を持っているといわれているのです。

その手前側にまぶたを持ち上げる時に使う筋肉「眼瞼挙筋」があり、この筋肉が瞼板と癒着し、瞼板を引っ張ることでまぶたが開かれる仕組みになっています。

眼瞼挙筋が瞼板と一か所で癒着している場合、皮膚には何も影響がないため一重まぶたになります。

一方、眼瞼挙筋が枝分かれし、瞼板だけでなく皮膚とも癒着している場合、瞼板と皮膚との間に溝が形成されるのです。

この溝が二重のラインであり、二重まぶたとなります。

一重まぶたの人が二重のりなどで二重まぶたを作るのが困難とされる理由は、まぶたの構造の違いにあるといえるでしょう。

しかしながら、一見一重まぶたと混同されがちな奥二重は、二重まぶたと同じ構造を持っていると考えられているのです。

奥二重の人は二重まぶたの人よりもまぶたが分厚い傾向にあるため、腫れぼったい印象を与えてしまうことがあります。

奥二重になっている理由にはさまざまなものが考えられます


奥二重の方は、二重まぶたと同じ構造を持っているにもかかわらず、なぜ二重のラインがはっきりしないのでしょうか。

欧米人のほとんどが二重まぶたであるのに比べ、日本人は二重まぶたの人が少ないといわれています。

日本人の50%以上が一重まぶた、もしくは奥二重だといいます。

それは、日本人は欧米人に比べるとまぶたの脂肪が多く、厚みを持っていることが原因と考えられているのです。

そのため、二重まぶたの構造を持っていても皮膚の分厚さや脂肪の多さが原因で一重まぶた、もしくは奥二重に見られてしまう方もいます。

二重まぶたの構造を持っていても、腫れぼったいまぶたが二重のラインを覆いかぶさることで隠れてしまっているのです。

また、奥二重のタイプは二種類に分けることができます。

1つは、目を開いたときに二重幅がほとんど見えなくなってしまうタイプです。

もう1つは、二重のラインがまつ毛側に近く、二重の幅が狭いタイプです。

前者の奥二重は、まぶたの余分な皮膚や脂肪を除去する施術で二重のラインがはっきりする可能性があります。

後者の奥二重は、二重整形を行うことで二重幅を広げることが可能と言われています。

どんな施術を受けるのかは、医師との相談で決定するのが望ましいでしょう。

二重まぶたにはさまざまな種類があります

一重まぶたや奥二重の人が憧れをもつ二重まぶたですが、その種類はいくつかに分けられています。

二重整形を行う際は、どんな顔の印象になりたいかによって二重幅を決める必要があるのです。

ここでは、二重の種類をご紹介します。

末広タイプ

目頭から目尻に向かって、徐々に二重のラインが広がっているのが末広タイプの二重まぶたになります。

このタイプは日本人に似合っているといわれ、生まれつきあったような印象を与えるでしょう。

ナチュラルな目元にしたい方におすすめです。

平行タイプ

二重のラインが目と平行に形成されているのが平行タイプの二重まぶたです。

このタイプは幅の広さによって顔の印象を変えます。

幅が狭くても目を大きく見せることが可能ですが、幅が広ければ広いほど華やかな印象になり、日本人離れした印象になるでしょう。

しかし、これはあくまで傾向で、患者様によって希望するデザインや似合う二重の形は異なります。

事前のカウンセリングで、医師としっかりと話し合ったうえで理想の目元を目指しましょう。

(まとめ)まぶたが分厚い奥二重でも二重になれる?

1.まぶたが分厚い奥二重でも二重まぶたになることは可能と言われています

「眼瞼挙筋」が瞼板とだけ癒着していると一重まぶたになり、皮膚とも癒着していれば二重まぶたになります。

奥二重は二重まぶたの構造と同じと考えられているため、まぶたの余分な皮膚や脂肪を除去することで二重のラインがはっきりすることがあるでしょう。

2.眼瞼挙筋が枝分かれしていると二重まぶたになります

一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたを持ち上げる「眼瞼挙筋」のつき方にあり、眼瞼挙筋が瞼板だけでなく皮膚にも癒着していると二重まぶたになると考えられています。

奥二重は二重まぶたと同じ構造を持っていますが、まぶたが分厚い傾向にあるのです。

3.奥二重になっている理由にはさまざまなものが考えられます

欧米人に比べて日本人はまぶたの脂肪が多く、皮膚が分厚い傾向にあります。

そのため二重の構造を持っていても一重まぶたや奥二重になっている方がいます。

奥二重を二重まぶたにするには、まぶたの脂肪を除去する施術や狭い二重の幅を広げる施術が効果的です。

4.二重まぶたにはさまざまな種類があります

二重まぶたは奥二重のほかにもさまざまな種類があるとされており、二重幅によって顔の印象を変えることができます。

ナチュラルな印象にしたい場合は末広型タイプを、華やかな印象にしたい場合は平行タイプを選択するとよいでしょう。