奥二重は腫れにくいため目を閉じた時にもバレにくいです


二重まぶたへの整形で、整形したことがバレてしまう原因はいくつか挙げられます。

二重整形を行う際、信頼できるクリニックで施術を受ければ術後のアフターケアが充実しているため心配は要らないでしょう。

また、奥二重に整形するのであれば幅の広い二重に比べて腫れや内出血を起こしにくいため、二重整形をしたことがバレにくいと考えられています。

二重整形がバレてしまう原因はさまざまなものが挙げられます

二重まぶたへの整形で、整形したことがバレてしまう原因はいくつか挙げられます。

二重の幅が広ければ広いほど該当しやすくなりますが、その理由も兼ねて整形がバレる原因をご紹介しましょう。

目元の印象が大きく変わること

もともと一重まぶたの人が幅の広い二重まぶたに整形すると、目元の印象が大きく変わるため整形したことがバレてしまう可能性が高くなると言われています。

一重まぶたの人でも、奥二重へ整形するのであればさほど大きく印象が変わらないため、整形がバレる可能性は低いです。

術後に腫れてしまうこと

施術の方法やまぶたの厚み、麻酔の量などにもよりますが、二重整形を行うと術後に腫れや内出血を起こすことがあります。

埋没法の場合、傷あとが目立ちにくく、術後の腫れも比較的短く治まるため、バレる心配が少ないと言えるでしょう。

後戻りしてしまうこと

二重の幅が広ければ広いほど埋没法は後戻りしやすいと考えられています。

とくに、もともとまぶたの厚い人が幅の広い二重まぶたにすると、一重まぶたに戻ってしまうこともあるようです。

後戻りしてしまうと再度施術を受けなければならず、腫れや内出血によって整形がバレる可能性があります。

こうしたことを防ぐには、二重の幅を狭くするか切開法を行うといったことが挙げられるでしょう。

実績のある医師やクリニックを選びましょう


整形がバレないよう、どのクリニックでも施術に細心の注意を払い、また技術の向上にも努めています。

しかし、整形がバレることがないよう施術を受ける前の医師やクリニック選びをしっかりと行うことも大切です。

まず手軽にクリニックのことを知るには、各クリニックの公式サイトをのぞいてみましょう。

公式サイトには実際の症例写真や体験談、在籍する医師について紹介されているところもあります。

症例の多さや医師の実績などが信頼できるかどうかを見る1つのポイントです。

また、施術の内容や、自分と似た悩みをもつ方の体験談を読むことで、より施術までのイメージをしやすくなるでしょう。

公式サイトだけではわからないのが、実際のクリニックの雰囲気や対応です。

ただ、「施術をするかも決めていないから、受診するか迷う」という方は、無料カウンセリングを活用してもよいかもしれません。

そこで医師やスタッフの対応を見たり、自分の不安や質問をしたりすることができます。

ほかにも、術後のアフターサービスについても確認しておくとよいでしょう。

ミスやトラブルがないように努めていますが、万が一の時のためには大切な保証です。

どういった時に対応してもらえるのか、期間はいつまでなのか、などを確認しておくことをおすすめします。

ダウンタイム中は整形がバレやすいため注意が必要です

二重整形を行うと、どうしても腫れや内出血を起こしてしまいやすいです。

一般的に、埋没法であれば2~3日、切開法であれば1~2週間程度ダウンタイムを必要とします。

この期間に腫れや内出血をなるべく抑えることができれば、二重整形がバレにくいといえるでしょう。

施術後はまぶたを冷やすことが腫れや内出血を引かせるのに効果的です。

ダウンタイムの期間が過ぎた後は、冷やしすぎると逆効果になるので注意が必要です。

また、血行が良くなると腫れや内出血が起こりやすくなるため、ダウンタイムの期間は長時間の入浴や激しい運動、飲酒などは避けることをおすすめします。

メイクや眼鏡などを活用することで、目を閉じた時に二重整形がバレにくくすることができます。

埋没法であれば即日~翌日から、切開法であれば1週間後からメイクが可能ということです。

色の濃いアイシャドウを塗ることでまぶたの食い込みが隠れるでしょう。

ダウンタイムが取れない方などは、フレームの太い眼鏡などでまぶたへの目線を反らすこともよいかもしれません。

(まとめ)整形で奥二重にしたら目を閉じた時にバレない?

1.奥二重は腫れにくいため目を閉じた時にもバレにくいです

二重整形をする際、奥二重にするなど施術の範囲を狭めることで内出血や腫れなどを抑えやすくできるでしょう。

また、信頼できる医師とクリニックでであればアフターフォローなども充実しているところを選ぶとよいです。

2.二重整形がバレてしまう原因はさまざまなものが挙げられます

二重整形がバレてしまう原因にはいくつかあり、目元の印象が大きく変わることや術後に腫れや内出血を起こすこと、後戻りしてしまうことなどが挙げられます。

二重の幅を自然なものにして施術する範囲を狭くすることなどで防ぎましょう。

3.実績のある医師やクリニックを選びましょう

整形がバレないよう、信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切です。

選ぶポイントとしては、クリニックの症例や実績、医師やスタッフの対応、アフターフォローなどが挙げられるでしょう。

4.ダウンタイム中は整形がバレやすいため注意が必要です

二重整形を行った後、数日~数週間のダウンタイムを必要とします。

この期間は腫れや内出血が起きている可能性があり、整形がバレやすいので注意が必要です。

目を閉じた時に整形がバレにくくするために、メイクや眼鏡などを活用するとよいでしょう。