奥二重の人が老けにくいのはまぶたの皮膚がたるみにくいからと言われています


顔の中でもまぶたの皮膚は非常に薄く、シワやたるみができやすいと考えられています。

二重まぶたの人はまぶたの脂肪が少なく、シワやたるみがよりできやすい傾向にあるのです。

一方、奥二重のまぶたは二重まぶたに比べて脂肪が多いため、まぶたのシワやたるみができにくいといわれています。

奥二重は老けにくい理由として、こうしたことが挙げられるでしょう。

奥二重の人は目元に年齢が出にくい傾向にあります

二重まぶたの人は目元に年齢が出やすく、老けた印象になることがあります。

その原因は、加齢によるまぶたのシワやたるみだと考えられます。

もともと、まぶたの皮膚は顔の中でも非常に薄く、シワやたるみができやすい部位とされているのです。

加齢により皮膚がハリを失っていくことでその症状は顕著になっていきます。

比較的、二重まぶたの人はまぶたの脂肪が少ないため、まぶたのシワやたるみが早く進行する可能性があるでしょう。

一方、奥二重の人は目元に年齢が出にくく、若々しい印象を与えます。

奥二重のまぶたは二重まぶたに比べて脂肪が多く、加齢によるシワやたるみが進行しにくいといえるでしょう。

そのため、二重まぶたの人よりも奥二重の人の方が老けにくいと考えられるのです。

しかしながら、奥二重の人が二重幅を広げるために二重のりを使用したり、アレルギーにより目を擦る癖があったりする場合はそうとも言い切れません。

二重のりや指との摩擦などはまぶたに負担をかけることになり、まぶたのシワやたるみを誘発するおそれがあります。

二重整形を視野に入れること、まぶたを擦らないことがまぶたの老化防止につながるでしょう。

まぶたのたるみは眉下切開法で改善が可能といわれています


もともと二重まぶたの人が、加齢などによりまぶたにたるみを生じると、皮膚が覆いかぶさることで二重のラインが狭くなることがあります。

20歳前後になると、まぶたの脂肪が少なくなり、二重の幅が広くなる傾向にありますが、30歳頃から徐々にまぶたがたるみ始めるのです。

年齢とともに目が小さくなったと感じる方が多いのは、まぶたのたるみが原因と考えられます。

まぶたは外側がよりたるみやすいため、たるみの進行に伴い目の形状が三角型になり、目尻が下がって見えることがあります。

「眉下切開法」と呼ばれる施術は、まぶたのたるみを改善し、目の印象を元のように戻す方法です。

眉下切開法は眉毛のラインに沿ってまぶたの皮膚を取り除き、まぶたの皮膚を眉毛に向かって引き上げる施術となります。

この施術を行うと、たるみが原因で隠れていた二重のラインが現れるようになるでしょう。

美容整形を行ったことがバレにくい、施術の傷が残りにくい、腫れやダウンタイムが少ないというメリットがあり、自然な仕上がりが期待できるのです。

まぶたのたるみ具合によっては、二重整形の施術と平行して行う必要があることも考えられるでしょう。

目の開きが悪い場合は眼瞼下垂の施術が必要です

視界が狭くなったと感じる方は、まぶたのたるみが原因ではなくまぶたの開きが悪い可能性があります。

まぶたの開きが悪い症状は「眼瞼下垂」と呼ばれ、目の疲労や肩こり、頭痛などを起こしやすくするのです。

眼瞼下垂の人の特徴として、いつも眠たそうな目元であることや、おでこのシワが目立つことなどが挙げられます。

眼瞼下垂は生まれつきの場合もあれば、加齢や外傷、神経筋疾患によるものなど、さまざまな原因があるのです。

この症状はまぶたが垂れ下がっているのではなく、まぶたを持ち上げる筋肉である「眼瞼挙筋」の力が弱いことが原因で発生すると考えられています。

眼瞼下垂に対する施術を受けることで眼瞼下垂症を改善することが可能です。

この施術は二重のラインに沿ってまつ毛の上の皮膚を切開し、眼瞼挙筋を縫い縮めることで眼瞼挙筋の力を強くすることを目的とされています。

また、眼瞼下垂が改善すると、上まぶたが瞳の上まで開くようになることを期待できるでしょう。

眼瞼下垂の進行程度によって適切な施術方法にも違いがあるため、クリニックで相談することをおすすめします。

(まとめ)奥二重の人が老けにくいのはどうして?

1.奥二重の人が老けにくいのはまぶたの皮膚がたるみにくいからと言われています

まぶたの皮膚は薄いため、シワやたるみができやすい部位といわれているのです。

二重まぶたの人はまぶたの脂肪が少なく皮膚がたるみやすい傾向にあります。

一方、奥二重の人は瞼の脂肪が多く皮膚がたるみにくいため老けにくいと考えられるでしょう。

2.奥二重の人は目元に年齢が出にくい傾向にあります

二重まぶたの人はまぶたの脂肪が薄いため、シワやたるみなどが進行しやすく老けた印象になることがあります。

逆に、奥二重の人はまぶたの脂肪が厚いため、シワやたるみが現れにくく目元に年齢が出にくい傾向にあるのです。

3.まぶたのたるみは眉下切開法で改善が可能といわれています

加齢によりまぶたがたるむと、二重のラインが狭くなり目が小さくなった、目尻が下がったと感じることがあります。

まぶたのたるみを解消するには「眉下切開法」と呼ばれる施術が効果的です。

眉下切開法は仕上がりが自然になりやすいといわれています。

4.目の開きが悪い場合は眼瞼下垂の施術が必要です

まぶたのたるみと混同されがちな症状に「眼瞼下垂」と呼ばれるものがあります。

眼瞼下垂症はまぶたのたるみではなく眼瞼挙筋の力が弱いことが原因と考えられているのです。

眼瞼下垂の施術を受けることで症状は改善が期待できるでしょう。