まぶたの老化により奥二重になることがあると言われています


肌のハリや弾力のもとになっているコラーゲン量やエラスチン量は、年齢とともに減少していくといわれています。

目元の皮膚は他の部位に比べて薄いため、老化の影響を受けやすいと考えられているのです。

まぶたの皮膚が老化することでたるみが生じ、二重まぶたから奥二重に変化することがあります。

また、まぶたのたるみを除去する施術を受けることで若々しい目元に戻すことが期待できるでしょう。

まぶたのたるみで二重まぶたが奥二重になることがあります

二重まぶたが奥二重になってしまう原因にはいくつか考えられます。

中でも、皮膚のたるみは目元の印象を変える大きな要因と言われているのです。

肌のハリや弾力は、表皮よりさらに内側にある真皮の中の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」で構成されていると考えられています。

これらの生成量は年齢とともに減少していき、皮膚のたるみを起こす原因の1つとして挙げられるのです。

また、加齢とともに目の周りの筋肉も衰えるため、皮膚を支えきれなくなることも要因といわれています。

目元の皮膚は他の部位よりも薄いため、加齢による老化の影響を受けやすいといえます。

20代後半~30代から老化の影響が出始めるため、まぶたがたるみやすくなるでしょう。

たるんだまぶたの皮膚が二重のラインに覆いかぶさることで、もともと二重まぶたであっても奥二重になってしまうことがあります。

年齢とともに目が小さくなったと感じる方が多いのは、まぶたのたるみが原因である可能性が高いでしょう。

まぶたのたるみは、美容クリニックでたるみ取りの施術を受けることで解消されるといわれています。

目の上のたるみを除去することで若々しい目元がよみがえり、奥二重を元の二重まぶたに戻す効果が期待できるのです。

むくみや紫外線なども二重から奥二重になる原因です


二重まぶたが奥二重や一重まぶたになってしまうなど、目元の印象が変わる要因は加齢以外にも挙げられます。

中でも、まぶたのむくみや紫外線などが大きな要因と言われているのです。

まぶたのむくみ

まぶたは皮膚の薄さからたるみやむくみが起きやすい部位とされています。

むくみの原因は主に血行不良であるいわれており、睡眠不足や冷え、ストレスなどによって起こるのです。

血行不良になると、血液だけでなく新陳代謝に必要な栄養や不要な老廃物の流れも悪くなります。

結果、上まぶたの脂肪組織に水分が溜まり、むくんでしまうと考えられます。

まぶたがむくむと目元が腫れぼったくなり、目元の印象が変わってしまうでしょう。

紫外線による光老化(ひかりろうか)

老化は老化でも、加齢による老化ではなく紫外線による光老化です。

紫外線は老化の原因のおよそ8割を占めているといいます。

紫外線を浴びることで真皮のコラーゲンやエラスチンなどに変性が起き、皮膚のハリや弾力を失っていくと考えられています。

その結果、まぶたの皮膚がたるみ、二重まぶたから奥二重になってしまうことがあるのです。

目元の印象を変える要因にはさまざまなものが挙げられます

奥二重を元のような二重まぶたに戻したいからといって、二重のりなどの二重まぶた用化粧品を使用することは、かえって逆効果になることがあります。

二重まぶた用化粧品はまぶたへの刺激となることがあるため、よけいに皮膚がたるんだり伸びたりする可能性があると考えられているのです。

奥二重を二重まぶたに戻すのであれば、クリニックで適切な施術を受けた方がリスクは少ないといえます。

また、濃いアイメイクや過剰なクレンジング、洗顔などにも注意が必要です。

目元への強い摩擦はまぶたの負担となり、二重まぶた用化粧品同様まぶたのたるみの原因となるでしょう。

また、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用するなどの目の酷使も目元の印象を変える原因の1つです。

これらの電子機器を使用することでまばたきの回数が減ると、目の周囲の筋肉が衰えやすくなるでしょう。

目の周囲の筋肉はまぶたの皮膚を支える役割もありますから、目の酷使で二重まぶたが奥二重になる可能性も考えられます。

(まとめ)まぶたの老化が原因で奥二重になることがある?

1.まぶたの老化により奥二重になることがあると言われています

肌のハリや弾力は年齢とともに失われていくといいますが、目元の皮膚はとくに薄いため、老化の影響を受けやすいといえます。

まぶたの皮膚が老化するとたるみが生じ、二重まぶたが奥二重になってしまうことがあるでしょう。

2.まぶたのたるみで二重まぶたが奥二重になることがあります

二重まぶたが奥二重になってしまう原因は皮膚のたるみだと考えられています。

肌のハリや弾力は年齢とともに失われていき、目の周りの筋肉も衰えるためまぶたがたるみやすくなるのです。

たるみ取りの施術を受ければ、若々しい目元に戻ることが可能でしょう。

3.むくみや紫外線なども二重から奥二重になる原因です

目元の印象を変える原因は、まぶたのむくみや光老化なども挙げられます。

まぶたがむくむと目元の印象が変わるでしょう。

また、まぶたのたるみは加齢だけでなく光老化でも起こるため、紫外線を浴び続けると二重まぶたが奥二重になってしまうことがあります。

4.目元の印象を変える要因にはさまざまなものが挙げられます

二重まぶた用化粧品や濃いアイメイク、過剰なクレンジングや洗顔などはまぶたへの刺激となり、皮膚がたるんだり伸びたりする原因となるため注意が必要です。

また、パソコンやスマートフォンなどによる目の酷使も目元の印象を変える原因といわれています。