二重まぶた整形の全切開法はまぶたの分厚い方に向いています


二重まぶた整形の埋没法はメスを使わない反面、まぶたの皮膚が厚い人や脂肪が多い人だと、まれに留めた糸が外れるケースもあると言われています。

一方、切開法はメスを使う施術となりますが、まぶたの脂肪の多い人でも仕上がりが自然になり、効果も半永久的に持続する効果が期待できるでしょう。

また、全切開法は部分切開法よりもメスを入れる範囲が広く、よりまぶたの皮膚が厚い人や脂肪が多い人に向いている施術です。

二重まぶた整形の切開法ではまぶたの脂肪や皮膚を除去できると言われています

二重まぶた整形の方法には、大きく分けて二種類あります。

1つは、医療用の糸をまぶたの裏に留めることで二重のラインを作る「埋没法」です。

もう1つは、メスを入れることでまぶたの皮膚を切開する「切開法」があります。

二重まぶたの整形を考えている人の中には、埋没法と切開法のどちらを選択するかで迷う方もいるでしょう。

埋没法と切開法では施術の方法が異なるため、人によって向き不向きがあり、仕上がりに違いが生じる場合もあります。

二重整形の方法のうち、切開法はまぶたの皮膚が厚い人や脂肪が多い人に向いているといわれています。

なぜなら、切開法ではまぶたの余分な脂肪や皮膚を切除することで二重のラインを形成しやすくなるからです。

切開法では二重ラインのデザインを決めた後、局所麻酔を打ち、まぶたの上を切開し、必要に応じて脂肪や皮膚を除去する施術を行います。

皮膚上部、挙筋腱膜、皮膚下部の順で縫い合わせて二重のラインを形成したら、皮膚の傷口を縫合するのです。

切開法のうち、まぶたの上を2.5~3㎝程度切開する施術を全切開法と呼びます。

まぶたを切開するラインが長いことから、まぶたの脂肪が多く厚みがある人でも自然な仕上がりになるでしょう。

埋没法はまぶたが薄く脂肪が少ない人に向いています


埋没法の施術ではメスを使わない代わりに、皮膚に1mm程度の穴を開けます。

その穴に糸を通し、上眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉や瞼板と結ぶのです。

すると、目を開けた時に皮膚が引っ張られて二重のラインができるようになります。

埋没法は糸を皮膚に留める点数によって「1点留め」や「2点留め」と呼ばれますが、留める箇所が多ければ多いほど糸が緩みにくくなると考えられています。

まぶたが厚ければ厚いほど、もしくは、まぶたの脂肪が多ければ多いほど二重のラインが入りにくいですから、まぶたが厚く脂肪の多い人ほど糸を留める点数を多く必要とするでしょう。

その糸を留める点数が増えるほど、糸は外れにくくなるそうです。

また、埋没法ではまぶたの脂肪を除去することはできないため、まぶたが厚く脂肪の多い人ほど極端な幅の二重にすることで、仕上がりが不自然になる可能性があるでしょう。

切開法の効果は半永久的といいますが、埋没法の効果は永久的というわけではなく、まれに二重のラインが消失してしまうケースもあるといわれています。

そのため、埋没法はもともと二重のラインが入っている人やまぶたが薄く脂肪が少ない人、幅の狭い二重にしたい人などに向いていると言えるのです。

部分切開はまぶたを少しだけ切開する施術です

切開法のうち、部分切開とはどのような施術になるのでしょうか。

部分切開の施術方法は全切開法とほぼ同様です。

異なるのは切開するラインの長さになります。

部分切開では大きく切開することはなく、1~2㎝程度が一般的です。

部分切開でもまぶたの脂肪や皮膚を切除することは可能ですが、全切開に比べるとその量に制限が出ます。

まぶたの脂肪には「眼窩内脂肪」と「ROOF」と呼ばれるものがありますが、全切開ではそのどちらも除去することが可能でしょう。

一方、部分切開では「眼窩内脂肪」しか除去することができないと考えられてるのです。

また、皮膚の切除に関しても、全切開では可能と言われているため、目元をすっきりさせたい方にはよい選択肢かもしれません。

このことから、極端にまぶたの厚みや脂肪がある人や皮膚のたるみが生じている人には、部分切開は向かないケースもあるのです。

ご自身に部分切開が向いているのかどうかがわからないという方は、クリニックで相談してみることをおすすめします。

(まとめ)二重まぶた整形の全切開法はどんな人に向いている?

1.二重まぶた整形の全切開法はまぶたの分厚い方に向いています

二重まぶた整形のうち、切開法はまぶたの脂肪が多い人でも仕上がりが自然で半永久的に保持する効果が見込めるのです。

また、全切開法では部分切開法よりもまぶたを大きく切開するため、まぶたの脂肪がより多い人に向いていると考えられています。

2.二重まぶた整形の切開法ではまぶたの脂肪や皮膚を除去できると言われています

二重まぶた整形の切開法は、まぶたの余分な脂肪や皮膚を除去することができるためまぶたの脂肪が多く厚みがある人に向いています。

全切開法はまぶたを2.5~3㎝と長く切開することから、このようなまぶたの方でも自然な仕上がりになると言われているのです。

3.埋没法はまぶたが薄く脂肪が少ない人に向いています

埋没法では糸で皮膚と瞼板や上眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉を結ぶことで二重のラインを形成します。

逆に、まぶたが薄く脂肪が少ない人に向いているといわれていますが、糸を留める数を増やすことで対応可能といわれているのです。

4.部分切開はまぶたを少しだけ切開する施術です

部分切開は全切開よりもまぶたを切開する長さが短い施術となります。

そのため、ROOF(脂肪の一種)や皮膚を切除する範囲は全切開法に比べると少ないでしょう。

よりすっきりした目元を目指すのであれば全切開法がおすすめです。