気になる目の大きさの左右差は二重整形での改善が期待できます


二重整形では、左右の目の大きさや二重の形などを整えてバランスを改善することが期待できます。

骨格や眼球の大きさの違い、日常生活における左右の目の使い方などから目に左右差が出てくる場合があります。

その左右差が大きいため見た目に違和感が生じているような場合には、両方の目の大きさや形を近づけて、自然な美しさを手に入れるための施術が受けられます。

目の左右差をなくすためには二重整形施術が適しているといえます

片方の目だけがくっきり二重になっている、片方だけまぶたがたるんでいるなどの左右の目の違いは、骨格や眼球の大きさなどが原因となるほか、スマホやパソコンなどで目を酷使していることが原因となる場合もあります。

人間の顔は一般的に左右対称ではないため、骨格や眼球の大きさなどに左右差があると二重の幅や大きさにも左右の差が出てきます。

日常の生活習慣が原因で目の左右差が出る場合もあり、自分では気づかなくても、人には日常的によく使っている目とそうでない目があるのです。

よく使う目の方が筋肉がついてまぶたが厚くなりやすく、そのため片方の目だけが一重になる場合もあります。

このように左右の目の大きさが違うほか、二重の幅が違う、片方の目だけたるみが目立つなど左右の目の違いが大きく表れているときには、二重整形の施術が適しているといえます。

一重もしくは幅の狭い方の目をもう片方の二重と幅をあわせることで、左右差がない自然な目元になるように改善することが期待できます。

左右差を改善する二重整形施術には主に埋没法と切開法の方法があります


目の左右差が気になるときには、二重整形の施術が適しているといえます。

片方の目だけが二重だったり二重の幅が異なったりするような左右の差をなくすためには、基本的には一重の目を二重にする施術や二重幅を広くする二重整形の施術が行われます。

二重整形の主な施術には埋没法と切開法があり、希望する二重のラインなどに合わせて施術方法を選ぶことができます。

埋没法はまぶたを数箇所糸で縛っておくことで、目を開けたときに二重のラインができるようにする施術です。

埋没法は施術時間が短く腫れや内出血が数日で落ち着きやすく、他の施術よりも費用が安いというメリットがあります。

二重幅の修正をしたい場合にも簡単に行うことができ、個人差はありますが比較的に手軽な施術になります。

切開法はまぶたを数センチ切除することで、埋没法よりもさらに長期間持続できる二重のラインをつくる施術です。

切開を行うため腫れがひくまでに時間がかかりますが、皮膚のたるみがある場合にそのたるみもとったり、開けにくいまぶたを大きく開けられるように改善したりするための施術としても適しているといえます。

両目の左右差だけでなく顔全体のバランスも重要です

目だけでなく顔全体が左右対称になっているとバランスがよく整った顔だちにみえるのものです。

しかし、基本的に人間の顔は左右が非対称になっています。

きれいなモデルや女優の方達でも多少二重の幅が違うことがよくありますが、ぱっとみたときに気になるほどの左右差がある場合には、左右のバランスを整えるための二重整形の施術が適しているといえます。

片方の目がたるんでいる、片方だけ一重になっているなどの左右の違いを改善するためには、通常は二重の幅を狭くするのではなく、二重の幅が狭い方の目や一重の目に二重幅を広げるための施術が行われます。

もとのまぶたが厚い一重の目の場合には、埋没法で手軽に改善をできたとしてももとに戻る可能性もあるといえます。

そのため、再施術の場合には半永久的に持続する切開法での施術のほうが安心です。

また、両目のまぶたが厚い場合や希望する二重のラインがありそれに合わせて調整するためには、両方の目に二重整形の施術を行ってバランスを取る必要もあります。

両目に施術ができないときには、顔全体のバランスを考えて二重のラインを造ることで自然な印象への改善が期待できます。

(まとめ)二重整形で目の大きさの左右差をなくせる?

1.気になる目の大きさの左右差は二重整形での改善が期待できます

骨格や眼球の大きさ、生活習慣などから目の左右差は生じてきます。

二重整形は左右の目の大きさや形などのバランスを整えて自然な美しさを手に入れるために適した施術といえます。

2.目の左右差をなくすためには二重整形施術が適しているといえます

骨格や眼球の大きさが左右で違っていたり、スマホで目を使いすぎていたりすると、目の左右差が大きくなる場合があります。

違和感が出るほど大きい左右差がみられる場合には二重整形での改善が期待できます。

3.左右差を改善する二重整形施術には主に埋没法と切開法の方法があります

目の左右差を改善する二重整形の施術の主なものには、埋没法と切開法があります。

埋没法は施術時間が短く、施術後の腫れも少ないなどのメリットがありますが、数年で二重が戻る可能性もあります。

切開法は二重が元に戻りにくい安定した施術です。

4.両目の左右差だけでなく顔全体のバランスも重要です

左右非対称でも美しい顔の方は大勢いるのですが、左右の差が大きく不自然な印象の場合には二重のバランスを整える施術が適しているといえます。

片目だけの手軽な施術でも、顔全体のバランスを考えて二重のラインを造ると自然な印象への改善が期待できます。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔