二重整形には、半日位の期間で腫れが気にならなくなるとされる施術もあります


二重整形というと、施術後にどうしてもまぶたの腫れが気になってしまうでしょう。

しかし、まぶたの腫れの程度や期間は行う施術によって異なってきます。

医療用の細い糸を目に埋め込む「埋没法」という施術なら、まぶたの腫れをかなり抑えることができるとされています。

埋没法にもさまざまな種類がありますが、最近では二重整形後からのダウンタイムがない、半日程度で腫れが気にならないという施術も提供されています。

まぶたがより腫れにくいとされる施術を選ぶことが大事です

二重整形には色々な施術方法があり、切開法と埋没法の2つの大きく分けられます。

切開法はまぶたの皮膚を切り開いてラインを作り、皮下の眼輪筋などの組織を処理してしっかり二重を作るという施術法です。

まぶたにメスを入れて、皮膚組織に施術を行うのでどうしても施術後はまぶたが腫れるケースが多いとされています。

個人差はありますが、一般的に1、2週間は腫れが続くと言われています。

一方、埋没法というのは、特殊な極細い糸をまぶたの中に埋め込んで、二重を作るという施術法です。

切開法のようにまぶたを切るわけではないため、比較的腫れにくい施術と言われています。

そして、埋没法の中でも、まぶた表面に針を通さずに行うので傷がつかないため腫れにくい施術もあります。

こういった埋没法なら、個人差はあると言えど、まぶたの腫れも半日程度でほぼ目立たなくなるとされています。

埋没法でも様々な施術方法があるので、しっかり把握してから決めることが大事です。

二重整形後のまぶたの腫れを早く引かせるには、日常生活で気を付けたいことがあります


二重整形でもまぶたに傷をつけない埋没法を選ぶことで、腫れをかなり抑えることができるとされています。

もちろん腫れる程度には個人差があり、埋没法でも多少の腫れがあるのは否めません。

しかし、二重整形後も、仕事や学校などを長期間休むのは難しい、人と会う必要もあるのでできる限りまぶたが腫れるのは短期間に留めたいという人も多いものです。

そのためには、まぶたが腫れないような生活を心がける必要があります。

まず、施術後は体を動かすとまぶたの血流が促され腫れやすくなるため、できれば自宅で1日程安静にしていることが大事です。

さらに、特に横になって寝る際に、できるだけ頭を心臓よりも高くしておくと、まぶたに血が溜まりにくくなり腫れが軽減されると言われています。

そして、入浴したりアルコールを摂取したりすると、体が温められて血流が良くなってしまうので控えたほうがよいでしょう。

他にも、腫れを引かせるには適度に冷やすのも効果的だとされています。

ただ、冷やしすぎはまぶたの皮下組織回復の妨げにもなるので、気を付けましょう。

二重整形の成功には、医師との事前カウンセリングも重要だとされています

二重整形の施術には埋没法一つをとっても、色々なやり方がある上にクリニックによっても違いが見られます。

埋没法は、切開法に比べると基本的に腫れづらいとされています。

しかし、中には糸をしっかり留めることで、やや腫れるが二重の持ちが良いという方法もあれば、糸を少ない回数で留めることで、強度面では弱いが、腫れづらいという方法など本当に様々な方法があります。

また、自分が望んだ方法であっても、まぶたの状態や希望する二重の形や幅などによっては、その方法にそぐわないケースもあります。

施術後に左右の二重に差が出たり、希望の二重にならずに修正の必要が出てきてしまったりなどのリスクがあるのは否めないでしょう。

なぜならば、本人の体質や医師の技術力の問題によって、リスクが生じる可能性はどうしてもゼロではないからです。

しかし、事前のカウンセリングで、リスクやリスクを回避するための対策を含めきちんと説明をしてもらえれば安心につながります。

実績があって信頼できる医師ならばリスクに対する不安を払拭させることもできるでしょう。

二重整形の成功のためには、信頼できるクリニックを賢く選ぶことが大事なのです。

(まとめ)二重整形後でまぶたが腫れる期間はどの位?

1.二重整形には、半日位の期間で腫れが気にならなくなるとされる施術もあります

二重整形で気になるまぶたの腫れですが、埋没法を受けることである程度短い期間で済むとされています。

さらに、埋没法の中でもまぶたへの刺激を極限に抑えた施術法なら、半日位で腫れが目立ちにくくなるとされています。

2.まぶたがより腫れにくいとされる施術を選ぶことが大事です

二重整形には大きく分けて、切開法と埋没法の2つがあります。

糸をまぶたに通して行う埋没法は、まぶたにメスを入れる切開法に比べると比較的まぶたが腫れにくい方法であり、腫れも短期間で治まるとされています。

3.二重整形後のまぶたの腫れを早く引かせるには、日常生活で気を付けたいことがあります

埋没法はまぶたの腫れを比較的抑えることができる二重整形の方法ですが、施術後は生活に気をつければ腫れがより早く引くとされています。

体を動かさない、心臓より頭を高くする、体を温めすぎないといったことに気をつけることが大事です。

4.二重整形の成功には、医師との事前カウンセリングも重要だとされています

二重整形の施術法の一つでまぶたが腫れにくいとされる埋没法には色々な方法があり、またリスクもゼロとは言えません。

医師にきちんと相談して信頼することで、リスクを回避するのは十分可能だとされています。